心理学者」タグアーカイブ

デカルト

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

デカルト(René Descartes)は、17世紀のフランスの哲学者、数学者、物理学者、解剖学者、生理学者です。彼は「近代哲学」の祖であり、その業績は科学革命にも大きな影響を与えました。

デカルトは、1596年にフランスのトゥーレーヌ地方で生まれました。10歳からラフレーシのイエズス会学校で教育を受けました。そこでは、古典学、数学、哲学などを学びました。しかし、デカルトは、イエズス会の教育に疑問を抱き、1616年に学校を去りました。

その後、デカルトはヨーロッパ各地を旅し、さまざまな学問を学びました。そして、1628年からオランダで生活をするようになり、そこで哲学や科学の研究に専念しました。

デカルトの作品の中で最も有名なものは、『方法序説』(1637年)です。この著作の中で、デカルトは、疑いの心をもって、あらゆる知識を疑って見ることを勧めました。そして、疑うことで疑い得ない真理を見つけようとしました。

デカルトは、最終的に「我思う、ゆえに我あり」という命題に到達しました。これは、自分自身が存在するということを、自分自身が思考しているということによって確信できるという命題です。

デカルトは、この命題をもって、近代哲学の基盤を築きました。デカルトの哲学は、合理主義と呼ばれる哲学の一派に属し、感覚や経験に頼ることなく、理性によって真理を探究しようとしました。

デカルトのその他の業績としては、解析幾何学の創始、光学の研究、神の存在証明の試みなどが挙げられます。デカルトの業績は、科学革命にも大きな影響を与えました。

デカルトの主な著作は以下の通りです。

『方法序説』(1637年)
『省察』(1641年)
『哲学原理』(1644年)
『情念論』(1649年)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88

(心理学者の)ホーマンズ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ガードナー・C・ホーマンズ(1910年12月11日-1989年12月10日)は、アメリカの社会心理学者、社会学者。イリノイ州シカゴ生まれ。シカゴ大学で学び、同大学で教鞭を執った。1950年に『社会行動の構造』を出版し、社会行動の分析に経済学の理論を応用した「交換理論」を提唱した。

ホーマンズは、社会行動は個人の欲求や期待に基づいて行われるとし、個人は他者と交換関係を結ぶことによって、自分の欲求を満たそうとすると主張した。交換関係とは、互いに価値のあるものを交換する関係のことである。ホーマンズは、交換関係は、個人の欲求や期待が一致するときに成立するとし、交換関係によって、個人は報酬を得ると同時に、コストを負担すると主張した。

ホーマンズは、交換理論を社会学や心理学に応用し、社会行動のさまざまな側面を説明した。例えば、ホーマンズは、社会規範の形成や、グループの形成、組織の運営などを交換理論によって説明した。また、ホーマンズは、交換理論を人間関係や、恋愛、結婚などの個人的な行動にも応用した。

ホーマンズの交換理論は、社会心理学や社会学において、重要な理論として広く受け入れられている。しかし、ホーマンズの交換理論は、人間の行動を経済学の単純なモデルに当てはめすぎているとして、批判もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BA

(心理学者の)ロック

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理学者のロックは、ジョン・ロック(1632-1704)のことだと思います。彼はイギリスの哲学者、政治家、教育者であり、経験論の父として知られています。彼の著書『人間悟性論』(1690)は、人間の認識や知識のあり方を経験論的に論じたもので、近代哲学に大きな影響を与えました。

ロックの心理学に対する主な貢献は、以下の2点です。

人間の心は白紙であるという「白紙説」
知識は経験から生まれるという「経験論」
ロックは、人間の心は生まれつき何も持っていない白紙であると考えました。そして、知識は経験によってのみ獲得されると考えました。この考えは、その後の心理学の発展に大きな影響を与えました。

例えば、ロックの白紙説は、認知心理学の基礎となった「認知の発達」の考えにつながりました。また、経験論は、学習心理学の基礎となった「学習の原理」の考えにつながりました。

したがって、ロックは心理学の発展に大きな貢献をした人物と言えるでしょう。

なお、ロックは心理学者として専門的な研究を行ったわけではありません。しかし、彼の思想は、その後の心理学の発展に大きな影響を与えたため、心理学者として分類されていることが多いです。

http://rinnsyou.com/archives/1208

チョムスキー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

チョムスキーは、アメリカの哲学者、言語学者、認知科学者、論理学者です。1928年生まれで、現在はマサチューセッツ工科大学の言語学および言語哲学の研究所教授兼名誉教授を務めています。

チョムスキーは、言語学において「生成文法」の理論を唱え、言語学に革命をもたらした人物として知られています。生成文法とは、人間がどのようにして言語を生成することができるのかを、普遍文法に基づいて説明する理論です。チョムスキーの理論は、言語学だけでなく、コンピュータサイエンスや数学、心理学など、さまざまな分野に影響を与えました。

チョムスキーは、政治活動家としても知られています。ベトナム戦争やイラク戦争などの戦争を批判し、反戦運動を展開してきました。また、アメリカの帝国主義や政府の権力濫用にも批判的な姿勢を貫いています。

チョムスキーの代表的な著書には、「生成文法の諸原理」(1957年)、「構造主義的言語学」(1966年)、「権力と言語」(1969年)などがあります。

チョムスキーは、現代思想の最も重要な人物の一人であり、その影響は世界中に広がっています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

アイゼンク

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アイゼンクとは、20世紀を代表する心理学者の一人です。1916年にドイツで生まれ、1997年にイギリスで亡くなりました。主な業績は、パーソナリティの理論とその測定方法の開発です。アイゼンクは、パーソナリティを内向性と外向性の2つの次元で捉え、この2つの次元の組み合わせで、4つのパーソナリティ型(内向性、外向性、神経質、安定性)を定義しました。また、アイゼンクは、パーソナリティの測定方法として、Eysenck Personality Inventory(EPI)を開発しました。EPIは、世界中で広く使用されているパーソナリティ検査です。アイゼンクの研究は、パーソナリティの理解と研究に大きな貢献をしました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%AF

ミルグラム

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スタンレー・ミルグラム(Stanley Milgram、1933年8月15日 - 1984年12月20日)は、アメリカ合衆国の心理学者。イェール大学とニューヨーク市立大学大学院センターで教鞭をとった。

ユダヤ人を両親に持つミルグラムは、ホロコーストが起きたメカニズムを理解するために、権威への服従実験をおこなった。1963年ミルグラムは、彼のミルグラム実験の成果を、「異常心理学・社会心理学ジャーナル」に「服従の行動研究」(Behavioral study of obedience)というタイトルで発表する。

ミルグラム実験は、被験者を「教師」と「生徒」に分け、教師は生徒に電気ショックを加えるという指示を受けます。生徒は、電気ショックを受けるたびに苦痛を訴えますが、教師は権威者からの指示に従い、電気ショックの強さを上げていきます。

実験の結果、65%の教師が、最大の450Vの電気ショックを与えました。これは、生徒が死に至る可能性がある電圧です。

この実験結果は、権威への服従が、人間の倫理観や良心を抑制し、残虐な行為に至らせる可能性があることを示すものとして、大きな衝撃を与えました。

ミルグラムの実験は、その後も多くの研究者によって再現され、その結果は、権威への服従のメカニズムに関する理解を深めることに役立っています。

ミルグラムの実験は、現代社会における権威への服従の問題を理解する上で、重要な示唆を与えるものと言えるでしょう。

参考URL:
スタンレー・ミルグラム - Wikipedia

スナイダー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

マーク・スナイダー(Mark Snyder)は、アメリカ合衆国の心理学者です。1948年生まれ。スタンフォード大学で博士号を取得し、現在はミシガン大学で教授を務めています。

スナイダーは、自己モニタリング(セルフ・モニタリング)の研究で知られています。自己モニタリングとは、自分の行動や言動を周囲の状況や相手に合わせて調整する能力です。スナイダーは、自己モニタリングは個人差があり、高い自己モニタリング能力を持つ人は、低い自己モニタリング能力を持つ人よりも、社会的な成功を収める可能性が高いと主張しています。

スナイダーは、自己モニタリングに関する研究のほか、希望、自己効力感、自己呈示など、さまざまな心理学的なテーマに関する研究も行っています。

スナイダーの主要な著書に、『カメレオン人間の性格―セルフ・モニタリングの心理学』(1987年)、『希望の心理学』(1994年)、『自己効力感の心理学』(2000年)などがあります。

スナイダーは、アメリカ心理学会(APA)の会員であり、APAの心理学研究賞(1991年)、APAの心理学教育賞(2004年)など、数々の賞を受賞しています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC

チャルディーニ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

チャルディーニとは、アメリカの社会心理学者ロバート・B・チャルディーニが提唱した、人の行動に影響を与える6つの心理法則のことです。

好意の法則:親しみや好意を感じている人の要求には応じやすい
権威の法則:権威のある人からの要求には従いやすい
希少性の法則:希少なものは価値が高いと感じる
コミットメントと一貫性の法則:一度約束したことは守ろうとする
社会的証明の法則:多くの人がやっていることは正しいと感じる
返報性の法則:もらったものは返そうとする
これらの法則は、マーケティングや営業、政治、教育など、さまざまな場面で活用されています。

たとえば、マーケティングでは、無料サンプルや割引などのキャンペーンを実施することで、好意の法則や希少性の法則を活用することができます。また、有名人や専門家を起用することで、権威の法則を活用することもできます。

営業では、顧客の悩みやニーズをよく聞き、顧客の立場に立った提案を行うことで、コミットメントと一貫性の法則や社会的証明の法則を活用することができます。

政治では、有権者に自分たちの政策をわかりやすく説明することで、好意の法則や権威の法則を活用することができます。

教育では、生徒の興味や関心を引き出すことで、好意の法則や希少性の法則を活用することができます。

チャルディーニの法則を理解することで、人の行動をより効果的にコントロールできるようになるでしょう。

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8B/s?rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8B

(心理学者の)テッサー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

エイブラハム・テッサーは、ジョージア大学の心理学の名誉教授です。1941年5月24日、ニューヨーク州ブルックリン生まれ。1967年にパデュー大学で博士号を取得。

テッサーの研究は、社会心理学の分野のいくつかの分野に多大な貢献をしました。中でも、自己評価維持モデル(自己強化の動機に焦点を当てた社会心理学の理論)を作成したことで注目されます。

自己評価維持モデルは、人は自己評価を維持または増大するよう行動するという考えに基づいています。テッサーは、人は自己評価を維持するために、他者との比較、自己反映、自己正当化などのプロセスを用いると主張しました。

テッサーの研究は、人間の社会的行動を理解する上で重要な貢献をしています。また、マーケティング、教育、スポーツなど、さまざまな分野で応用されています。

テッサーは、パーソナリティと社会心理学会の会長(2000年)、パーソナリティと社会心理学ジャーナルの編集者(1985-1992年)を務めました。

テッサーの代表的な著作には、以下のようなものがあります。

Self-evaluation maintenance in social behavior (1988)
Self-evaluation and social behavior (1993)
Toward a self-evaluation maintenance model of social behavior (1988)
テッサーは、社会心理学の分野で最も影響力のある心理学者の一人です。彼の研究は、人間の社会的行動を理解する上で重要な洞察を与えてくれました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC

マースタイン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

マースタイン(マーティン)とは、アメリカの社会心理学者です。1935年生まれ、2019年没。スタンフォード大学で博士号を取得後、同大学で教鞭を執りました。

マースタインの主な研究領域は、人間関係の心理学です。特に、恋愛や友情などの人間関係の形成と発展に関する研究で知られています。

マースタインによって提唱された「SVR理論」は、人間関係の形成と発展を3つの段階に分けて説明する理論です。

刺激(Stimulus):外見や声、行動など、相手の表面的な特徴に惹かれる段階。
価値観(Value):相手の価値観や考え方に共感する段階。
役割(Role):相手との関係に役割や義務を感じる段階。
SVR理論は、恋愛や友情だけでなく、ビジネスや政治などの人間関係にも適用できるとされています。

マースタインによる研究は、人間関係の理解と構築に大きく貢献しています。

以下に、マースタインの主な著書をご紹介します。

「影響力の武器」(ロバート・チャルディーニとの共著)
「人間関係の心理学」
「恋愛の心理学」
これらの著書は、日本語にも翻訳されており、多くの人に読まれています。

参考URL:
SVR理論を徹底解説!【恋愛は見た目だけで決まらない】|恋愛強者への道

グレゴリー・ラズラン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アメリカの心理学者であるグレゴリー・ラズランは、1901年にハンガリーで生まれました。1920年にアメリカに移住し、1924年にニューヨーク大学で心理学博士号を取得しました。

ラズランは、行動主義心理学を代表する心理学者の一人です。行動主義心理学は、人間の行動は、環境の刺激によって生み出されると考えます。ラズランは、行動主義心理学に基づいて、様々な実験を行いました。

その中でも、特に有名な実験が「ランチョンテクニック」です。この実験では、被験者にガン治療に関する説得文を、食事前と食事中に読んでもらいました。その結果、食事中に説得文を読んだ被験者は、食事前に説得文を読んだ被験者よりも、説得文の内容に肯定的な意見を持つことがわかりました。

この実験から、食事をすると、相手に対して好印象を与えやすくなり、説得力が増すという心理効果が明らかになりました。この効果は、「ランチョンテクニック」と呼ばれ、ビジネスや営業の場面などで活用されています。

ラズランは、行動主義心理学の研究に多大な貢献をしました。また、ランチョンテクニックなどの研究によって、心理学への理解を深める上で重要な役割を果たしました。

ラズランの業績は、現代の心理学にも大きな影響を与え続けています。

参考URL:
会食で好印象!「ランチョンテクニック」とは?|ビジネスに使える心理学⑤ | オンスク.JP

アーヴィング・ゴッフマンは、カナダの社会学者であり、日常生活における人々の社会的相互作用の仕方を解明する方法論として、ドラマツルギーを初めて社会学の立場で提唱したとされる人物

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アーヴィング・ゴッフマンは、カナダの社会学者であり、日常生活における人々の社会的相互作用の仕方を解明する方法論として、ドラマツルギーを初めて社会学の立場で提唱したとされる人物です。

1922年6月11日にカナダのマンビルで生まれ、1982年11月19日にアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアで亡くなりました。

ゴッフマンの研究は、社会学、心理学、コミュニケーション学、演劇学など、さまざまな分野に大きな影響を与えました。彼の著書『フロントステージとバックステージ』、『スティグマ』、『プレゼンス』は、社会学研究の古典として知られています。

ゴッフマンは、日常生活における人々の相互作用を、演劇の舞台や客席に見立てて分析しました。彼は、人々は日常生活の中で、さまざまな役割を演じているとし、その役割を演じるために、さまざまな身体的・言語的・心理的な技術を用いていると論じました。

ゴッフマンの研究は、私たちが日常生活の中でどのように社会的な存在として振る舞っているかを理解する上で、重要な示唆を与えてくれます。

ゴッフマンの研究の主要な概念には、次のようなものがあります。

  • フロントステージとバックステージ:フロントステージとは、他者から見られることを意識した場での行動、バックステージとは、他者から見られることを意識しない場での行動を指します。
  • 印象操作:人々は、他者からの好印象を得るために、さまざまな技術を用いて印象操作を行う。
  • 自己プレゼンテーション:人々は、自分が望む人物像を他者に伝えるために、さまざまな技術を用いて自己プレゼンテーションを行う。
  • スティグマ:社会から否定的な評価を受けている属性や状態を指す。

ゴッフマンの研究は、今日でも多くの研究者によって参照され、社会学研究の重要な基礎となっています。

参考URL:
アーヴィング・ゴッフマン - Wikipedia

フィリップ・ジンバルドー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フィリップ・ジンバルドーは、アメリカ合衆国の社会心理学者であり、スタンフォード大学の名誉教授です。1933年3月23日にニューヨーク州ニューヨーク市で生まれました。

ブルックリン大学を卒業後、イエール大学大学院で心理学を学び、博士号を取得しました。その後、ニューヨーク大学で教鞭をとり、1968年にはスタンフォード大学の教授となりました。

ジンバルドーは、社会心理学における権威であり、その研究は世界中で注目されています。特に有名なのは、1971年にスタンフォード大学で行われた「スタンフォード監獄実験」です。この実験では、健康な大学生を無作為に看守と囚人に分けて、2週間にわたって監獄生活を体験させました。その結果、看守側は残虐な行為に及ぶようになり、囚側は抑圧された状態に陥りました。この実験は、権力や地位が人々の行動に与える影響の大きさを明らかにした画期的な研究として知られています。

ジンバルドーは、この実験の成果に基づいて、権力と服従に関する著書『ルシファー・エフェクト』を出版しました。この本は、世界中でベストセラーとなり、権力と服従の心理学に関する研究を大きく進展させました。

ジンバルドーは、その他にも内気な人の研究や、リーダーシップに関する研究など、幅広い分野で活躍しています。彼の研究は、社会心理学の発展に大きく貢献し、人々の意識を高めるのに役立っています。

以下に、ジンバルドーの代表的な著作を紹介します。

  • 『シャイネス』(1979年)
  • 『ルシファー・エフェクト』(2007年)
  • 『善意の欺瞞』(2013年)
  • 『悪の心理学』(2017年)

参考URL:
フィリップ・ジンバルドー - Wikipedia

(心理学者の)ジョーンズ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理学者のジョーンズは、イギリスの医学者・精神科医・精神分析家であるアーネスト・ジョーンズ(1879年 - 1958年)を指します。フロイトやユングと交流し、精神分析を英語圏に広め、定着させることに大きく貢献しました。

ジョーンズは、1879年にイギリスのウェールズで生まれました。医学を学び、精神科医として働き始めました。1906年から3年間は、フロイトの助手として働き、精神分析を学びました。1910年、国際精神分析学会を設立し、初代会長となりました。

ジョーンズは、フロイトの伝記を執筆したことでも知られています。『ジークムント・フロイトの生涯と作品』は、フロイトの思想を広める上で重要な役割を果たしました。

ジョーンズは、精神分析の分野に大きな貢献をしました。彼の業績は、現代の心理学にも大きな影響を与えています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA

フェヒナー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フェヒナーとは、19世紀ドイツの物理学者、哲学者、心理学者です。精神物理学の創始者であり、実験心理学、生理心理学の先駆者として知られています。

フェヒナーは、ヴェーバーの法則を拡張して、人間の感覚の大きさは、受ける刺激の強さの対数に比例するという「フェヒナーの法則」を導き出しました。この法則は、人間の五感に対しては、中程度の刺激に対しては、比較的よく当てはまります。

フェヒナーは、精神と物質は同じ実在の二つの面であるとする汎神論の立場をとっていました。彼は、宇宙を意識的な存在と見ることを「昼の見方」、無生物として見ることを「夜の見方」と呼び、夜の見方の眠りに落ちた人々を昼の見方に目覚めさせることを目指しました。

フェヒナーの業績は、心理学の発展に大きく貢献しました。彼の精神物理学は、心理学の実験方法を確立し、心理学を科学として確立する基礎を築きました。また、彼の汎神論の思想は、20世紀の心理学や哲学にも影響を与えました。

フェヒナーの功績を簡単にまとめると、以下のようになります。

精神物理学の創始者
ヴェーバー・フェヒナーの法則の導出
実験心理学、生理心理学の発展への貢献
汎神論の思想の提唱
フェヒナーは、心理学史上に大きな足跡を残した人物です。彼の業績は、現代の心理学にも大きな影響を与え続けています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%92%E3%83%8A%E3%83%BC

カール・グスタフ・ユング

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung、1875年7月26日 - 1961年6月6日)は、スイスの精神科医・心理学者です。精神分析学の創始者であるジークムント・フロイトと共に活躍し、深層心理学の発展に大きく貢献しました。

ユングは、意識の下に存在する無意識を重視し、個人無意識と普遍無意識という二つの無意識を区別しました。個人無意識は、個人の経験によって形成される無意識であり、普遍無意識は、人類共通の経験によって形成される無意識です。

ユングは、普遍無意識の中に存在する「元型」という概念を提唱しました。元型とは、普遍的なイメージやアイデアを意味し、夢や幻想、神話や宗教などの中に現れます。ユングは、元型を理解することで、人間の心理をより深く理解することができると考えました。

ユングは、分析心理学という心理療法を開発しました。分析心理学は、個人の無意識を探求し、統合することで、人間の成長と自己実現を促す療法です。

ユングの著作は、心理学、精神医学、哲学、宗教学、文学など、幅広い分野に影響を与えました。ユングは、20世紀を代表する心理学者の一人であり、その思想は現在もなお、多くの人々に影響を与え続けています。

ユングの主な業績は、以下のとおりです。

  • 深層心理学の分野に大きく貢献した。
  • 個人無意識と普遍無意識という二つの無意識を区別した。
  • 元型という概念を提唱した。
  • 分析心理学という心理療法を開発した。

ユングの思想は、現代社会においても、さまざまな形で応用されています。例えば、企業の経営やマーケティング、教育、芸術など、さまざまな分野で、ユングの思想を参考にした取り組みが行われています。

参考URL:
カール・グスタフ・ユング - Wikipedia

高野陽太郎

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

高野陽太郎は、日本の心理学者、東京大学名誉教授、放送大学客員教授です。専門は認知心理学、社会心理学。日本人論への批判で知られています。

1950年、東京都に生まれました。早稲田大学文学部心理学科を卒業後、東京大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士課程を修了し、博士号を取得しました。その後、コーネル大学大学院心理学科に留学し、博士号を取得しました。

帰国後は、ヴァージニア大学心理学部専任講師、早稲田大学文学部専任講師、東京大学文学部助教授を経て、2003年から東京大学人文社会系研究科教授を務めました。2016年に定年退官し、現在は放送大学客員教授を務めています。

高野陽太郎の研究は、認知心理学、社会心理学、言語心理学など多岐にわたります。特に、日本人論に対する批判的な研究で知られています。

日本人論とは、日本人の性格や行動を、日本人特有の文化や伝統に帰する考え方です。高野陽太郎は、日本人論は科学的な根拠に乏しく、むしろ偏見や差別を助長する危険性があると批判しています。

高野陽太郎の主な著書に、『傾いた図形の謎』『鏡の中のミステリー』『「集団主義」という錯覚』『認知心理学』『鏡映反転』『日本人論の危険なあやまち』などがあります。

高野陽太郎の研究は、日本人の自己認識や、日本人論のあり方に大きな影響を与えています。

参考URL:
高野陽太郎 ホームページ –  たかの ようたろう

ジークムント・フロイト

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ジークムント・フロイトは、オーストリアの心理学者、精神科医であり、精神分析学の創始者として知られています。

1856年5月6日にオーストリア帝国領のモラヴィア(現在のチェコ共和国)で生まれ、1881年にウィーン大学で医学の学位を取得しました。その後、ウィーン総合病院で神経病理学の研究を行い、1885年にはパリに留学してシャルコーのもとでヒステリー患者の治療を学びました。

1891年にウィーンに戻り、神経症の治療に取り組む中で、無意識の存在や、精神のエネルギーであるリビドーの概念を唱えました。また、自由連想法や解釈を重視する精神分析療法を開発し、神経症の治療に大きな成果を上げました。

フロイトの理論は、人間の心理を理解する上で画期的なものであり、心理学や精神医学の分野に大きな影響を与えました。また、文学、映画、芸術など、さまざまな分野にも影響を与えています。

フロイトの主な理論には、以下のようなものがあります。

  • 無意識の存在
    フロイトは、人間の精神には意識の部分と無意識の部分があり、無意識の部分には意識化できない欲求や衝動が存在すると主張しました。

  • リビドーの概念
    フロイトは、精神のエネルギーであるリビドーを、生殖器に由来する性衝動であると定義しました。リビドーは、生涯を通じて発達し、その発達の過程を心理性的発達理論として説明しています。

  • 幼児性欲
    フロイトは、幼児期にも性的な欲求や衝動が存在すると主張し、その欲求や衝動を幼児性欲と呼びました。幼児性欲は、生涯を通じて発達し、その発達の過程が心理性的発達理論の基礎となっています。

フロイトの理論は、その革新性と影響の大きさから、20世紀の思想に大きな影響を与えた人物の一人として知られています。しかし、一方で、その理論は性的な内容を多く含むため、批判も少なくありません。

参考URL:
ジークムント・フロイト - Wikipedia

佐伯胖

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

佐伯胖は、1939年生まれの日本の認知心理学者です。慶應義塾大学文学部心理学科卒業後、東京大学大学院教育学研究科博士課程を修了し、東京大学教育学部助手、講師、助教授、教授を経て、2000年定年退官。その後、青山学院大学文学部教育学科教授、社会情報学部教授を歴任し、2013年退職。現在は、信濃教育会教育研究所所長、東京大学名誉教授、青山学院大学名誉教授。

佐伯胖は、認知科学の分野で、学習、理解、思考、創造性などの心理過程を研究してきました。特に、学習の構造や学習の過程における「気づき」の役割に関する研究で知られています。また、教育学や保育学にも深く関わり、子どもの遊びや学びの支援に関する研究も行っています。

主な著書に、「学び」の構造(1990年)、「学ぶ」ということの意味(1992年)、「わかる」ということの意味(1996年、新版2022年)、「子どもの遊びを考える:「いいこと思いついた!」から見えてくること(2006年)、「認知科学の方法(2011年)」などがあります。

佐伯胖の研究は、日本の認知科学の分野の発展に大きく貢献し、教育や保育の現場にも大きな影響を与えています。

以下に、佐伯胖の研究の特徴をいくつか挙げます。

  • 学習や理解などの心理過程を、人間の行動や言語、思考などの観点から総合的に捉えようとする姿勢。
  • 学習の過程における「気づき」の役割を重視する視点。
  • 子どもの遊びや学びの支援に関する研究。

佐伯胖の研究は、学習や理解、創造性などの心理過程を理解するための重要な知見を提供するものであり、今後も多くの人々に影響を与え続けることでしょう。

参考URL:
佐伯胖 - Wikipedia

植木理恵

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

植木理恵は、日本の心理学者、臨床心理士です。1975年大分県生まれ。東京大学教育学部心理学科、東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻を修了。

大学在学中から心理学の実証的研究に従事し、2000年に日本教育心理学会城戸奨励賞、2005年に優秀論文賞を史上最年少で受賞しました。

その後、東京都内の総合病院のカウンセラーに就任し、現在も臨床心理士としてカウンセリングに携わっています。また、慶應義塾大学理工学部教職課程で講師を務め、心理学の知識やスキルを社会に還元する活動も行っています。

主な著書に『ぷち依存生活のすすめ』『部下のやる気を2倍にする法』『人を見る目がない人』『シロクマのことだけは考えるな! 』などがあります。

植木理恵の著書は、心理学をわかりやすく解説した内容で、幅広い層に人気があります。また、テレビやラジオなどのメディアにも出演し、心理学に関する情報を発信しています。

植木理恵は、心理学の知識を活かして、人々の心の健康や生きづらさの解消に貢献する活動を続けています。

参考URL:
植木理恵 - Wikipedia

スタンレー・ホール

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スタンレー・ホールは、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したアメリカ合衆国の心理学者です。心理学が哲学から独立した学問として歩み始めた頃、神学、哲学を経て、新しい実験心理学を学び、後に隆盛をみせる発達心理学のアメリカでのパイオニアとなった人物です。

ホールは、1844年にアメリカのマサチューセッツ州の農家に生まれました。ウィリアム大学を卒業後、遊学計画が資金不足で頓挫し、母親の願いに従って1年間ニューヨークで神学を学びます。その後、ヴィルヘルム・ヴントの『生理学的心理学綱要』に触発されて心理学を志し、1878年にハーヴァード大学のウィリアム・ジェームズの下でアメリカで最初の心理学の博士号(学位)を取得しました。

ホールは、1883年にクラーク大学に心理学教授として招聘され、1889年にアメリカ心理学会の創設に尽力しました。また、1891年にアメリカ心理学会誌「Psychological Review」を創刊し、編集長を務めました。

ホールは、発達心理学において、子供は大人になる過程で、幼児期、学童期、青年期、成人期、老年期という5つの発達段階を経験すると提唱しました。また、青年期は「嵐と情熱の時代」であり、自我の確立と社会化の葛藤を経験する時期であるとしました。

ホールは、教育心理学においても、子供の個性を尊重し、子供の興味や関心に合わせて教育を行うべきであると主張しました。また、子供に自由を与え、自発的な学習を促すことが重要であるとしました。

ホールは、アメリカ心理学の発展に大きく貢献した人物であり、その功績は高く評価されています。

具体的な功績としては、以下のようなものが挙げられます。

  • アメリカで最初の心理学博士号を取得し、アメリカ心理学会の創設に尽力した。
  • 発達心理学において、子供の発達段階を5つに区分し、青年期を「嵐と情熱の時代」と名付けた。
  • 教育心理学において、子供の個性を尊重し、自由を与えることが重要であると主張した。

ホールの功績は、現代の心理学や教育学にも大きな影響を与えています。

参考URL:
スタンレー・ホール - Wikipedia

クルト・レヴィン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

クルト・レヴィンは、ドイツ出身の心理学者です。 専門は社会心理学、産業・組織心理学、応用心理学。 ドイツ領だったポーゼン州モギルノ出身でユダヤ系。 「ツァイガルニク効果」の研究や「境界人」の概念の提唱で知られています。

レヴィンは、ゲシュタルト心理学を社会心理学に応用し、トポロジー心理学を提唱しました。 ベルリン大学の哲学と心理学の教授を務めていたが、ナチ党の権力掌握で、ユダヤ人の学者は大学から追放された。 海外に出ていた彼は、1933年8月にアメリカに亡命し、1940年にアメリカの市民権を取得した。

レヴィンは、社会心理学における実験的研究の第一人者として知られています。 彼の研究は、人間の行動が個人的な要因と社会的要因の両方によってどのように影響を受けるかを理解するのに役立ちました。

レヴィンの最も有名な研究は、ツァイガルニク効果に関するものです。 ツァイガルニク効果とは、完了していないタスクの方が、完了したタスクよりも記憶に残りやすいという現象です。 レヴィンは、この効果は、タスクが完了していないことで、未完了感が残り、それが記憶を促進すると考えました。

レヴィンはまた、リーダーシップとグループダイナミクスに関する研究も行いました。 彼は、グループのリーダーシップスタイルは、グループのパフォーマンスに大きな影響を与えると主張しました。 彼はまた、グループ内の対立は、グループの変化と成長に不可欠な要素であると主張しました。

レヴィンの研究は、心理学、教育、経営学などのさまざまな分野に大きな影響を与えました。 彼は、現代社会心理学の基礎を築いた人物として、広く認められています。

参考URL:
クルト・レヴィン - Wikipedia

今井むつみ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

今井むつみは、日本の心理学者であり、専門は言語発達、認知発達、言語心理学です。 慶應義塾大学環境情報学部教授。

今井氏は、1958年神奈川県生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学専攻を卒業後、慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程を修了。その後、アメリカのノースウェスタン大学に留学し、心理学博士号(Ph.D.)を取得しました。

1993年に慶應義塾大学環境情報学部助手として着任し、2007年から教授を務めています。

今井氏の研究は、主に幼児期の言語発達と学習に焦点を当てています。特に、語彙の習得や意味理解のメカニズムについて研究しています。また、外国語教育の改善にも取り組んでおり、外国語学習者の語彙習得やコミュニケーション能力の向上のための方法を検討しています。

今井氏の研究成果は、国内外の学会で発表されており、多くの学術誌に掲載されています。また、一般向けの著書や講演活動を通じて、言語発達や学習の重要性について広く啓発しています。

今井氏は、日本における言語発達研究の第一人者であり、その研究成果は、教育や子育てに大きな影響を与えています。

参考URL:
慶應義塾大学 今井むつみ研究室

中野信子

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

中野信子は、1975年生まれの日本の脳科学者、評論家、作家です。東京都出身で、東京大学工学部応用化学科卒業、同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。医学博士。

2008年から10年までフランス国立研究所ニューロスピン(高磁場MRI研究センター)に勤務し、帰国後は東日本国際大学客員教授、横浜市立大学客員准教授を経て、2015年より東日本国際大学教授に就任しています。

脳科学や心理学を専門とし、その最新の研究成果を一般向けにわかりやすく紹介することで定評があります。著書に『サイコパス』『不倫』『脳科学は「幸せ」を教えてくれる』『「頭のいい子」を育てる科学』『脳科学でわかる 天才の育て方』などがあり、いずれもベストセラーとなっています。

また、テレビやラジオなどのメディア出演も多く、脳科学の専門家として、さまざまな分野で活躍しています。

主な著書

  • 『サイコパス』(文春新書、2013年)
  • 『不倫』(文春新書、2014年)
  • 『脳科学は「幸せ」を教えてくれる』(ダイヤモンド社、2015年)
  • 『「頭のいい子」を育てる科学』(幻冬舎新書、2016年)
  • 『脳科学でわかる 天才の育て方』(ダイヤモンド社、2017年)

主なメディア出演

  • テレビ朝日「ワイド!スクランブル」
  • TBS「ひるおび」
  • フジテレビ「めざましテレビ」
  • NHK「クローズアップ現代」
  • テレビ東京「ガイアの夜明け」
  • フジテレビ「Mr.サンデー」
  • テレビ朝日「サンデーLIVE!」
  • フジテレビ「めざまし8」

中野信子は、脳科学や心理学をわかりやすく伝えることで、多くの人々にその魅力を伝え、脳科学の普及に貢献しています。

参考URL:
中野信子プロフィール|講演依頼は日刊スポーツ講師派遣ナビまで

下條信輔

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

下條信輔は、1955年4月1日に東京都で生まれた、日本の認知心理学者です。現在は、カリフォルニア工科大学の生物学部教授を務めています。

下條は、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得後、東京大学教養学部で助教授を務めました。その後、1997年にカリフォルニア工科大学に移籍し、現在に至ります。

下條の研究は、主に視覚認知に関するものです。彼は、人間がどのようにして視覚情報を処理し、理解しているのかを、実験心理学的な手法を用いて研究しています。

下條の研究成果は、視覚認知の理解に大きく貢献しています。例えば、彼は、人間の視覚システムには、物体の形や大きさなどの基本的な特徴を認識する部分と、それらを組み合わせて複雑な物体を認識する部分の2つの部分があることを明らかにしました。また、彼は、人間の視覚システムは、常に周囲の環境を予測しながら情報を処理していることも明らかにしました。

下條は、研究者としてだけでなく、一般向けの著書や講演活動を通じて、視覚認知の面白さや重要性を広く伝えることにも力を入れています。

下條の著書としては、以下のようなものがあります。

  • 『まなざしの誕生』(新曜社、1998年)
  • 『視覚の冒険』(産業図書、2002年)
  • 『サブリミナル・マインド』(中央公論社、2005年)

下條は、2000年にサントリー学芸賞を受賞しています。

参考URL:
下條信輔 - Wikipedia

ヴィルヘルム・マクシミリアン・ヴント

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ヴィルヘルム・マクシミリアン・ヴントは、1832年8月16日にドイツのマンハイムで生まれ、1920年8月31日にドイツのグリンマで亡くなったドイツの生理学者、哲学者、心理学者です。彼は、実験心理学の父として広く知られています。

ヴントは、1879年にライプツィヒ大学に心理学研究室を設立しました。これは、世界で最初の実験心理学研究室であり、心理学が独立した学問分野として確立されたことを象徴する出来事でした。ヴントは、この研究室で、感覚、知覚、注意、記憶などの心理的プロセスを研究しました。彼は、内観法と呼ばれる方法を用いて、被験者に自身の心理的経験を報告してもらいました。

ヴントは、心理学を「経験科学」と定義し、心理学は人間の経験を客観的に研究するべきだと主張しました。彼は、心理学は、生理学、哲学、哲学などの他の学問分野と密接に関連していると信じていました。

ヴントの業績は、心理学の発展に大きな影響を与えました。彼は、心理学を科学として確立し、心理学研究の基礎となる方法論と理論を開発しました。ヴントの著書『精神科学の原理』は、心理学の古典的なテキストとして、現在でも広く読まれています。

ヴントの業績は、次の点で特に重要です。

  • 心理学を独立した学問分野として確立した。
  • 心理学研究の基礎となる方法論と理論を開発した。
  • 心理学研究の範囲を広げた。

ヴントの業績は、現代心理学の基礎を築いたものであり、心理学の発展に大きく貢献しました。

参考URL:
ヴィルヘルム・ヴント - Wikipedia

ウィリアム・ジェームズ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ウィリアム・ジェームズは、1842年1月11日にニューヨーク州ニューヨーク市で生まれた、アメリカ合衆国の哲学者、心理学者です。彼は意識の流れの理論を提唱し、プラグマティズムの代表として知られています。

ジェームズは、ハーバード大学で医学を学びましたが、健康上の理由で中退しました。その後、ヨーロッパに留学して、生理学、心理学、哲学を学びました。

1875年にハーバード大学に心理学の助教授として就任し、1889年に教授に昇進しました。ジェームズの心理学は、意識の流れを重視したものです。意識は、断続的ではなく、連続的に流れるものであると主張しました。

また、哲学においては、プラグマティズムを提唱しました。プラグマティズムは、真理は、その概念がもたらす結果によって決まるという考え方です。ジェームズは、プラグマティズムを通して、宗教、道徳、自由意志などの問題を探求しました。

ジェームズは、アメリカ哲学、心理学、宗教思想に多大な影響を与えました。彼の著作は、多くの言語に翻訳され、世界中で読まれています。

ジェームズの主な著作には、以下のようなものがあります。

  • 『心理学原理』(1890年)
  • 『信ずる意志』(1897年)
  • 『宗教的経験の諸相』(1902年)
  • 『自我の構造』(1904年)

ジェームズの思想は、現代の心理学、哲学、宗教思想においても、重要な意味を持っています。

参考URL:
ウィリアム・ジェームズ - Wikipedia

ジャン・ピアジェ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ジャン・ピアジェ(Jean Piaget、1896年8月9日 - 1980年9月16日)は、スイスの心理学者。20世紀において最も影響力の大きかった心理学者の一人です。

知の個体発生としての認知発達と、知の系統発生としての科学史を重ね合わせて考察する発生的認識論(genetic epistemology)を提唱しました。発達心理学者としては、「質問」と「診断」からの臨床的研究の手法を確立しました。教育理論における構成主義、子どもの言語、世界観、因果関係、数や量の概念などの研究を展開しました。

ピアジェの認知発達理論は、子どもの思考は大人とは大きく異なるとし、誕生から青年期までの認知発達を「感覚運動期」「前操作期」「具体操作期」「形式的操作期」の4つの段階に分類しました。

  • 感覚運動期(0歳~2歳)
    感覚と運動を通して世界を認識する。

  • 前操作期(2歳~7歳)
    言語や象徴的思考が発達するが、まだ論理的な思考はできない。

  • 具体操作期(7歳~11歳)
    具体的な事柄を論理的に考えることができるようになる。

  • 形式的操作期(11歳~15歳以降)
    抽象的な事柄を論理的に考えることができるようになる。

ピアジェの認知発達理論は、教育学や心理学の分野に大きな影響を与えました。子どもの認知発達を理解することで、子どもに適した教育方法や支援方法を検討することができます。

ピアジェは、子どもの認知発達を「同化」と「調節」という二つのプロセスによって説明しました。

  • 同化
    新しい情報を既存の知識体系に組み込むこと。

  • 調節
    既存の知識体系を新しい情報に合わせて修正すること。

子どもは、周囲の環境からの刺激を受けながら、同化と調節のプロセスを繰り返しながら認知発達を遂げていきます。

ピアジェの認知発達理論は、子どもの成長と発達を理解する上で重要な理論です。

参考URL:
ジャン・ピアジェ - Wikipedia

エリク・H・エリクソン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

エリク・H・エリクソンは、20世紀の最も影響力のある発達心理学者の一人であり、精神分析医でした。彼は「アイデンティティ」の概念を有名にし、エリクソンの心理社会的発達理論を開発しました。

エリクソンは1902年にドイツで生まれました。彼はユダヤ系のデンマーク人の両親に生まれましたが、父親はエリクソンが生まれる前に亡くなっていました。エリクソンは、母親と継父に育てられました。

エリクソンは幼い頃から芸術に興味があり、美術学校に通いました。しかし、彼は最終的に精神分析に興味を持ち、ウィーン精神分析研究所で教育分析を受けました。

エリクソンは1933年にナチスの迫害から逃れるためにアメリカに移住しました。彼はボストンで児童分析医を開業し、その後ハーバード大学とイェール大学で教鞭をとりました。

エリクソンの心理社会的発達理論は、人間の発達を8つの段階に分類しています。各段階には、特定の課題があり、その課題を成功裏に克服することで、個人は適応的な性格特性を獲得します。

エリクソンの理論は、発達心理学、精神療法、教育、社会学など、さまざまな分野で広く影響を与えています。

エリクソンの理論の最も重要な概念の1つは「アイデンティティ」です。アイデンティティとは、個人が自分自身について持つ感覚であり、自分自身の価値、目標、役割、信念などの全体的なイメージです。

エリクソンは、アイデンティティは青年期に形成されると考えました。この時期、個人は自分の将来の役割と人生の目的について考え始めます。アイデンティティを形成する過程は、しばしば混乱と葛藤を伴います。しかし、アイデンティティを成功裏に形成することは、健康的な成人期にとって重要です。

エリクソンの理論は、人間の発達をより包括的かつ複雑に理解する上で重要な貢献をしました。彼の理論は、私たちの自分自身と他者についての理解を深め、私たちがより健康的な生活を送る方法を学ぶのに役立ちます。

参考URL:
エリク・H・エリクソン - Wikipedia

カール・ロジャーズ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

カール・ロジャーズ(Carl Ransom Rogers、1902年1月8日 - 1987年2月4日)は、アメリカ合衆国の臨床心理学者。来談者中心療法(Client-Centered Therapy)を創始した。

イリノイ州オークパーク生まれ。厳格なプロテスタントの家庭に育ち、ウィスコンシン大学で農学を学んだ後、牧師を目指してユニオン神学校大学院に進む。しかし、次第に宗教的な思想から考えを広げ、心理学へ造詣を深める。

1928年にウィスコンシン大学で心理学の博士号を取得し、同大学の臨床心理学部で教鞭をとる。1940年にニューヨーク州ロチェスター市の児童心理療養所「ロチェスター・カウンセリング・センター」の所長に就任し、来談者中心療法の開発に着手する。

1951年に「来談者中心療法」を発表し、心理療法の分野に大きな影響を与えた。1963年にアメリカ心理学会(APA)の会長に就任し、心理学の発展に貢献した。

ロジャーズの来談者中心療法は、クライエントの主体性を重視し、クライエント自身が自らの問題に気づき、解決していくことを促す療法である。ロジャーズは、クライエントが「無条件の肯定的関心(unconditional positive regard)」や「共感的理解(empathic understanding)」を受けることで、自己を肯定し、成長していくことができると主張した。

ロジャーズの思想は、心理療法のみならず、教育、福祉、経営、宗教など、さまざまな分野に影響を与えている。

ロジャーズの主な著書には、以下のようなものがある。

  • 『来談者中心療法』(1951年)
  • 『人間の成長』(1961年)
  • 『自由と成長』(1969年)
  • 『人格と社会』(1970年)

ロジャーズは、20世紀を代表する心理学者の一人であり、その思想は現代においてもなお、多くの人々に影響を与え続けている。

参考URL:
カール・ロジャーズ - Wikipedia

ソロモン・エリオット・アッシュ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ソロモン・エリオット・アッシュ(1907年9月14日 – 1996年2月20日)は、ポーランド出身でアメリカ合衆国で活動した心理学者です。ゲシュタルト心理学者で、実験社会心理学の開拓者のひとりで、ユダヤ系出身。

アッシュは、1920年にポーランドからアメリカ合衆国へ亡命し、1928年にニューヨーク市立大学シティカレッジを卒業しました。その後、コロンビア大学で学び、1930年に修士号、1932年に博士号を取得しました。

アッシュは、洞察学習で有名なヴォルフガング・ケーラーと共同研究を行い、様々な大学で教壇に立ち、スタンレー・ミルグラムなどの後進の育成にも努めました。アッシュは、アメリカ心理学協会から功績を称えて科学賞を与えられています。

アッシュの最も有名な研究は、同調圧力に関する実験です。この実験では、被験者は、自分が明らかに間違った答えを言ったにもかかわらず、他の参加者たちが同じ答えを言っているときに、自分の答えを変更するように圧力をかけられることを示しました。この実験は、人間が集団の圧力に屈し、自分の意見を放棄する可能性を示唆するものとして、心理学において重要な成果となりました。

アッシュの研究は、社会心理学の発展に大きく貢献し、群衆心理やステレオタイプなどの研究に影響を与えました。また、アッシュの研究は、人権や社会正義の観点からも重要な意味を持っています。アッシュの実験は、集団の圧力によって、個人の自由や尊厳が損なわれる可能性を示唆するものであり、人々の意識を高めるためにも重要な役割を果たしています。

参考URL:
ソロモン・アッシュ - Wikipedia

アルフレッド・アドラー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アルフレッド・アドラーは、オーストリアの精神科医、精神分析学者、心理学者です。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人です。

アドラーは、1870年にオーストリア・ウィーンで生まれました。幼い頃から体が弱く、病弱児として過ごしました。この経験から、アドラーは「人間は社会的な存在であり、他者との関係の中で自己を形成していく」という考えを深めていきました。

アドラーは、1895年にウィーン大学医学部を卒業し、精神科医として働き始めました。その後、フロイトの精神分析学に触れ、その研究に加わります。しかし、アドラーはフロイトの考え方と徐々に対立するようになり、1911年にフロイトのグループから離脱しました。

アドラーは、フロイトの精神分析学とは異なる独自の心理学を構築しました。アドラーの心理学は「個人心理学」と呼ばれ、以下の4つの基本概念に基づいています。

  • 目的論:人間の行動には目的がある。
  • 全体論:人間を分割できない全体の立場から捉える必要がある。
  • 認知論:人間は、自分流の主観的な意味づけを通して物事を把握する。
  • 対人関係論:人間のあらゆる行動は、対人関係である。

アドラーの個人心理学は、教育、経営、スポーツ、社会福祉など、さまざまな分野で応用されています。

アドラーの代表的な著作としては、以下のようなものがあります。

  • 『自伝』
  • 『人間の意味』
  • 『教育の目的』
  • 『勇気という道』

アドラーは、1937年にイギリスで亡くなりました。享年67歳でした。

参考URL:
アルフレッド・アドラー - Wikipedia

(心理学者の)ニューカム

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

セオドア・ミード・ニューカムは、アメリカ合衆国の社会心理学者、大学教授、著述家です。1903年7月24日に生まれ、1984年12月28日に亡くなりました。

ニューカムは、大学生活が社会的、政治的信条にどのように影響するかを検討したベニントン・カレッジ調査を主導しました。この調査は、社会心理学における最も影響力のある研究の一つとされています。

ニューカムはまた、面識や魅力などについて、近接性の効果がどの程度あるかを測定した最初の人物でもありました。この研究は、ソーシャルメディアやオンラインコミュニティなど、現代社会の理解に重要な洞察を提供しています。

ニューカムは、ミシガン大学に社会心理学専攻の博士課程を創設し、その長を務めました。ニューカムは、社会心理学の形成期における重要な先駆者のひとりであったと評されています。

ニューカムの主な著書には、以下のようなものがあります。

Personality and Social Change (1943)
Social Psychology (1950)
The Acquaintance Process (1961)
Cohesiveness and Disintegration in Groups (1967)
ニューカムは、社会心理学における最も影響力のある人物の一人であり、その研究は現代社会の理解に重要な洞察を提供しています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AA%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%A0

クルト・コフカ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

クルト・コフカは、1886年3月18日にドイツのベルリンで生まれたユダヤ系心理学者です。彼は、ゲシュタルト心理学の創始者の一人であり、ゲシュタルト心理学を発達心理学に応用した。

コフカは、ベルリン大学で学士号と博士号を取得しました。彼は、マックス・ヴェルトハイマーとウォルフガング・ケーラーと一緒に、ゲシュタルト心理学の原理を開発しました。ゲシュタルト心理学は、知覚、学習、記憶などの心理的プロセスは、全体としてとらえるべきであり、部分の単純な集合ではないとする考え方です。

コフカは、ゲシュタルト心理学を幼児の発達に応用しました。彼は、幼児は、全体としてとらえる能力を持っていると主張し、この能力を「ゲシュタルト知覚」と呼びました。コフカは、幼児の知覚、学習、言語発達に関する実験を行いました。

コフカは、1933年にナチス政権の迫害を逃れてイギリスに移住し、その後アメリカに移住しました。彼は、アメリカでゲシュタルト心理学の普及に努めました。

コフカの最も重要な著作には、以下のようなものがあります。

  • 「ゲシュタルト心理学の原理」(1922年)
  • 「発達心理学入門」(1925年)
  • 「注意」(1935年)

コフカの業績は、ゲシュタルト心理学の確立と発展に大きく貢献しました。彼は、知覚、学習、記憶、発達な
ど、さまざまな分野の心理学に影響を与えました。

参考URL:
クルト・コフカ - Wikipedia