ラポール(rapport)とは、フランス語で「橋を架ける」という意味です。心理学では、人と人の間に築かれる信頼関係や相互理解のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ラポール(rapport)とは、フランス語で「橋を架ける」という意味です。心理学では、人と人の間に築かれる信頼関係や相互理解のことを指します。

ラポールは、カウンセリングや心理療法において、重要な要素の一つとされています。ラポールが築けていないと、クライエントはカウンセラーに心を開き、悩みを打ち明けることができません。また、ラポールが築けていないと、カウンセラーからの支援が効果的に行われない可能性が高くなります。

ラポールを築くためには、以下のようなことが大切です。

  • クライエントの話をよく聞く
  • クライエントの感情を理解しようとする
  • クライエントの価値観を尊重する
  • クライエントに安心感を与える

ラポールを築くための具体的なテクニックとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • アイコンタクトをとる
  • 適度なうなずきをする
  • クライエントの話を肯定する
  • クライエントの話を繰り返し言う

ラポールは、一朝一夕で築けるものではありません。カウンセラーは、クライエントとの信頼関係を積み重ねていくことで、ラポールを築いていく必要があります。

参考URL:
ラポールとは?信頼関係を築く心理学・ビジネススキルについて解説 | 管理職研修ならストレッチクラウド | 管理職研修・育成ならストレッチクラウド