アルフレッド・アドラー

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アルフレッド・アドラーは、オーストリアの精神科医、精神分析学者、心理学者です。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人です。

アドラーは、1870年にオーストリア・ウィーンで生まれました。幼い頃から体が弱く、病弱児として過ごしました。この経験から、アドラーは「人間は社会的な存在であり、他者との関係の中で自己を形成していく」という考えを深めていきました。

アドラーは、1895年にウィーン大学医学部を卒業し、精神科医として働き始めました。その後、フロイトの精神分析学に触れ、その研究に加わります。しかし、アドラーはフロイトの考え方と徐々に対立するようになり、1911年にフロイトのグループから離脱しました。

アドラーは、フロイトの精神分析学とは異なる独自の心理学を構築しました。アドラーの心理学は「個人心理学」と呼ばれ、以下の4つの基本概念に基づいています。

  • 目的論:人間の行動には目的がある。
  • 全体論:人間を分割できない全体の立場から捉える必要がある。
  • 認知論:人間は、自分流の主観的な意味づけを通して物事を把握する。
  • 対人関係論:人間のあらゆる行動は、対人関係である。

アドラーの個人心理学は、教育、経営、スポーツ、社会福祉など、さまざまな分野で応用されています。

アドラーの代表的な著作としては、以下のようなものがあります。

  • 『自伝』
  • 『人間の意味』
  • 『教育の目的』
  • 『勇気という道』

アドラーは、1937年にイギリスで亡くなりました。享年67歳でした。

参考URL:
アルフレッド・アドラー - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5