シグナリング

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

シグナリングとは、市場において、情報の非対称性を伴った場合、私的情報を保有している者が、情報を持たない側に情報を開示するような行動をとるというミクロ経済学における概念です。

具体的には、学歴や資格、職歴、勤務先、出身地、年齢、性別、所得、資産など、個人の能力や意欲、価値観などを示すような情報は、シグナルとして機能すると考えられています。

たとえば、企業が採用活動を行う際に、学歴や資格を重視するのは、その情報が、応募者の能力や意欲を判断する手がかりになるからです。

シグナリングは、ビジネスにおいても広く利用されています。

たとえば、企業が投資家から資金を調達する際に、配当政策を発表するのは、その情報が、企業の業績や将来性に対する経営者の自信を示すシグナルとして機能するためです。

また、企業が顧客に商品やサービスを販売する際に、ブランドやイメージを打ち出すのも、シグナリングの一環と言えます。

シグナリングは、市場における情報の非対称性を解消し、効率的な取引を促進する役割を果たしています。

しかし、シグナリングには、以下のような問題点もあります。

シグナリングを行う側は、シグナルにコストを負担する必要がある。
シグナルを偽造する可能性があり、信頼性が低下する可能性がある。
シグナリングが過剰になり、市場が歪められる可能性がある。
これらの問題点を踏まえ、シグナリングを効果的に活用していくことが重要です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0