バラス・フレデリック・スキナー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

バラス・フレデリック・スキナーは、アメリカ合衆国の心理学者で行動分析学の創始者です。B.F. SkinnerまたはBF Skinnerと表記されることが多い。

1904年3月20日にペンシルベニア州サスケハナで生まれ、1990年8月18日にマサチューセッツ州ケンブリッジで亡くなりました。ハーバード大学で心理学を学び、博士号を取得しました。

スキナーは、行動主義心理学の一派である徹底的行動主義を唱えました。徹底的行動主義は、人間の行動は外的な刺激と反応によってのみ説明できるという考え方です。

スキナーは、実験室で動物を用いた実験によって、行動の学習と変化を解明しました。例えば、小鳥を箱に入れ、ボタンを押すと餌が出てくるようにした実験では、小鳥は次第にボタンを押す回数が増えていくという結果が得られました。これは、ボタンを押した後に餌が出てくるという刺激が、ボタンを押すという行動を強化したことによるものです。

スキナーの研究成果は、教育や福祉、ビジネスなど、さまざまな分野に応用されています。例えば、教育では、スキナーの理論に基づいた教育法である「スキナー教育法」が開発されました。スキナー教育法では、生徒が正解したときに報酬を与えることで、学習を促進します。

スキナーは、20世紀において最も影響力の大きかった心理学者の一人です。その業績は、心理学だけでなく、教育、福祉、ビジネスなど、さまざまな分野に大きな影響を与えました。

スキナーの代表的な著書としては、「行動主義心理学」「自由と尊厳」「行動の科学」などがあります。

参考URL:
バラス・スキナー - Wikipedia