心理学者」タグアーカイブ

エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム(Erich Seligmann Fromm、1900年3月23日-1980年3月18日)は、ドイツの社会心理学者、精神分析学者、哲学者です。彼は、マルクス主義とジークムント・フロイトの精神分析を社会的性格論で結び付けることで知られています。彼は、新フロイト派、フロイト左派と見なされています。

フロムは、ドイツのフランクフルトに生まれました。彼はハイデルベルク大学とフランクフルト大学で学び、1926年にフランクフルト大学の精神分析研究所の講師になりました。

1933年にナチスがドイツに政権を握ると、フロムは米国に亡命しました。彼はコロンビア大学で教鞭をとり、その後ニューヨーク州立大学バッファロー校で教えました。

フロムは、愛、自由、権威、宗教など、人間の精神のさまざまな側面について、多くの著作を発表しました。彼の最も有名な著作には、次のようなものがあります。

  • 『愛するということ』(1956年)

  • 『自由からの逃走』(1941年)

  • 『人間の条件』(1947年)

フロムの著作は、多くの言語に翻訳され、世界中で読まれています。彼は、現代の精神分析と社会学に大きな影響を与えた人物です。

参考URL:
エーリヒ・フロム - Wikipedia

加藤諦三

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

加藤諦三は、1938年1月26日生まれの日本の社会学者、心理学者、評論家です。早稲田大学名誉教授、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本精神衛生学会顧問、ハーバード大学ライシャワー研究所アソシエイトなどを務めています。

1972年からニッポン放送のラジオ番組『テレフォン人生相談』のパーソナリティを務めており、長年にわたり多くの悩める人々の相談に乗ってきました。また、著書は累計150冊を超え、その多くがベストセラーとなっています。

加藤諦三の思想は、人間関係のあり方を重視するものです。彼は、人間関係の悩みは、自分自身を受け入れることができないこと、他人に期待しすぎること、自分を他人と比べてしまうことに起因すると考えます。そのため、悩みを解決するためには、自分自身をありのままに受け入れ、他人に期待しすぎず、自分と他人の違いを認めることが重要だと説きます。

加藤諦三の著書は、多くの人々の悩みに寄り添い、生きるヒントを与えてくれるものとして、幅広い世代に支持されています。

加藤諦三の著書の代表的なものに、以下のようなものがあります。

  • 『自分を嫌うな』
  • 『人生、こんなはずじゃなかった』
  • 『愛と憎しみの心理』
  • 『人間関係の悩みは、すべて「自己肯定感」が足りないからだ』
  • 『「自分」と「他人」の幸せ』

加藤諦三の思想は、現代社会の抱える多くの問題にも通じるものであり、今後も多くの人々に影響を与え続けると考えられます。

参考URL:
加藤諦三 - Wikipedia

ヴォルフガング・ケーラー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ヴォルフガング・ケーラーは、ドイツの心理学者であり、ゲシュタルト心理学の創始者の一人です。1887年、エストニアのタルリンに生まれました。1909年にベルリン大学で博士号を取得した後、1913年から1920年までドイツのケルン大学で教鞭をとりました。

1913年、ケーラーはドイツ領のカナリア諸島のテネリフェ島にある類人猿研究所の所長に就任しました。そこで、ケーラーはチンパンジーなどの類人猿が、試行錯誤によらない「洞察学習」を行うことを発見しました。洞察学習とは、問題を解決するために、全体を把握して、その構造を理解した上で、解決策を思いつく学習のことです。

ケーラーの洞察学習の発見は、それまでの学習心理学における連合主義的な考えに大きな衝撃を与えました。連合主義的な考えは、学習は単純な刺激と反応の結合によって行われるという考えです。しかし、ケーラーの実験結果は、学習には単純な刺激と反応の結合だけでなく、全体の把握や構造の理解も必要であることを示しました。

ケーラーは、洞察学習の研究以外にも、視覚知覚や問題解決の心理学など、さまざまな分野で研究を行いました。ケーラーの研究は、心理学の発展に大きな貢献をしました。

ケーラーは、ナチス政権の台頭を恐れて、1933年にアメリカに亡命しました。アメリカでは、プリンストン大学、カリフォルニア大学バークレー校などで教鞭をとり、1967年に亡くなりました。

ケーラーは、ゲシュタルト心理学の創始者として、また、洞察学習の発見者として、心理学史上に大きな足跡を残した人物です。

参考URL:
ヴォルフガング・ケーラー - Wikipedia

ジョン・ブローダス・ワトソン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ジョン・ブローダス・ワトソン(John Broadus Watson、1878年1月9日 - 1958年9月25日)は、アメリカ合衆国の心理学者。行動主義心理学の創始者として知られています。

ワトソンは、1878年にアメリカ合衆国バージニア州グリーンビルで生まれました。ファーマン大学で哲学と心理学を学び、1903年にシカゴ大学で博士号を取得しました。シカゴ大学では、機能主義心理学の創始者であるジェームズ・ローライド・エンジェルのもとで学びました。

1907年にジョンズ・ホプキンス大学の心理学教授に就任しました。1913年、ワトソンはコロンビア大学で「行動主義者から見た心理学」と題する講演を行い、行動主義心理学の創始を宣言しました。この講演の中で、ワトソンは、心理学は観察可能な刺激と反応にのみ焦点を当てるべきであり、意識や意志などの内的な経験は心理学の研究対象から除外されるべきであると主張しました。

ワトソンの行動主義心理学は、当時の心理学の主流であった構造主義心理学や機能主義心理学に対抗するものでした。構造主義心理学は、意識を構成する要素を研究する心理学であり、機能主義心理学は、意識がどのように機能するかを研究する心理学でした。

ワトソンの行動主義心理学は、心理学を自然科学として確立することに大きく貢献しました。また、教育や広告、マーケティングなどにも大きな影響を与えました。

ワトソンは、1920年に離婚問題を理由にジョンズ・ホプキンス大学を辞職し、その後は広告業界で活躍しました。1958年にコネチカット州で死去しました。

ワトソンの代表的な著書には、以下のようなものがあります。

  • 「行動主義の心理学(Psychology from the Standpoint of a Behaviorist)」
  • 「心理学教科書(Psychology: The Behaviorist Viewpoint)」
  • 「私の半生(My Life: A Personal History)」

ワトソンの行動主義心理学は、その後も発展を続け、20世紀半ばには心理学の主流となりました。現在でも、心理学のさまざまな分野で行動主義の考え方が用いられています。

参考URL:
ジョン・ブローダス・ワトソン - Wikipedia

碓井真史

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

碓井真史は、1959年8月16日生まれの日本の社会心理学者です。新潟青陵大学大学院教授、日本歯科大学新潟生命歯学部、新潟厚生連佐渡看護学校などの非常勤講師、新潟市スクールカウンセラーを兼任しています。

碓井教授は、社会心理学における「集団行動」の研究を専門としています。主な研究テーマは、社会的影響、集団思考、集団行動の心理学などです。また、心理学教育の分野でも活躍しており、ヤフーニュースの「エキスパート」として、心理学的な記事やニュースコメントを執筆しています。

以下は、碓井教授の研究成果の一部です。

社会的影響に関する研究
碓井教授は、社会的影響の心理学について、さまざまな研究を行っています。例えば、他者の意見に従いやすくなる「従順性」の心理や、他者を模倣する「模倣」の心理について研究しています。

集団思考に関する研究
碓井教授は、集団思考の心理学についても研究を行っています。集団思考とは、集団の中では、個人の意見や判断が抑制され、集団の意見に同調してしまう心理現象です。碓井教授は、集団思考の要因や、集団思考を防ぐ方法について研究しています。

集団行動の心理学に関する研究
碓井教授は、集団行動の心理学についても研究を行っています。集団行動とは、人々が集団として行動することです。碓井教授は、集団行動の要因や、集団行動が起こった際の心理について研究しています。

碓井教授の研究成果は、さまざまな分野で活用されています。例えば、企業のマーケティングや、政治家の選挙戦略、災害時の避難行動などです。碓井教授は、心理学の知識を社会に役立て、より良い社会の実現に貢献しています。

参考URL:
碓井真史 - Wikipedia

エリオット・アロンソン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

エリオット・アロンソンは、アメリカの心理学者であり、社会心理学分野の権威です。認知的不協和理論に関する実験を実施し、民族間の敵意や偏見を軽減しながら学習を促進する協力的な教育技法であるジグソー教室を発明しました。

アロンソンは、1932年1月9日にマサチューセッツ州チェルシーで生まれました。ブランダイス大学で学士号を取得し、ウェズリアン大学で修士号を取得しました。その後、スタンフォード大学でレオン・フェスティンガーの下で博士号を取得しました。

アロンソンは、認知的不協和理論に関する実験で最もよく知られています。この理論は、人々が自分の信念や行動と矛盾する情報を認識したときに、不快感を感じるというものであり、この不快感を軽減するために、信念や行動を変更しようとする傾向があるとしています。

アロンソンは、この理論をさまざまな分野に応用しました。たとえば、政治的態度や偏見の変化を研究するために使用しました。また、消費者行動やマーケティングを研究するためにも使用されました。

アロンソンは、ジグソー教室の発明でも知られています。この教室は、生徒が協力して学習する教育方法です。生徒は、異なるスキルや知識を持つグループに分けられます。各グループは、特定のテーマについて研究し、その情報を他のグループと共有します。

ジグソー教室は、民族間の敵意や偏見を軽減する効果があることが研究で示されています。また、学習の成果を向上させる効果もあるとされています。

アロンソンは、アメリカ心理学会(APA)のフェローであり、APAの賞を受賞しています。また、アメリカ芸術科学アカデミーの会員でもあります。

アロンソンは、社会心理学に多大な貢献をした人物です。彼の研究は、人々の信念や行動を理解するのに役立ち、教育や社会問題の解決にも役立っています。

参考URL:
エリオット・アロンソンと「認知的一貫性理論」

浜田寿美男

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

浜田寿美男は、1947年生まれの日本の発達心理学者、法心理学者です。現在は、奈良女子大学名誉教授、立命館大学教授を務めています。

専門は、発達心理学、法心理学です。発達心理学では、子どもの発達過程における認知や感情の変化、子どもの社会性や自己の発達などを研究しています。法心理学では、冤罪事件における自白や証言に至る心理に関心を寄せ、分析や供述鑑定にも携わっています。

浜田氏は、1980年代から、子どもの供述の心理的な特徴や、誤った自白に至る要因などの研究を進めてきました。その成果は、冤罪事件の再審や無罪判決に大きく貢献し、日本の法心理学の発展に大きく寄与しています。

浜田氏の著書には、『「私」とは何か』、『自白の心理学』、『心はなぜ不自由なのか』などがあります。

主な研究業績は、以下の通りです。

  • 子どもの記憶の特性と供述の信頼性に関する研究
  • 誤った自白に至る要因に関する研究
  • 子どもの心理的脆弱性と冤罪事件に関する研究

浜田氏は、子どもの心理学と法心理学の両分野で、多くの研究成果を上げ、日本の司法制度の改善に大きく貢献した人物と言えるでしょう。

参考URL:
浜田寿美男 - Wikipedia

バラス・フレデリック・スキナー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

バラス・フレデリック・スキナーは、アメリカ合衆国の心理学者で行動分析学の創始者です。B.F. SkinnerまたはBF Skinnerと表記されることが多い。

1904年3月20日にペンシルベニア州サスケハナで生まれ、1990年8月18日にマサチューセッツ州ケンブリッジで亡くなりました。ハーバード大学で心理学を学び、博士号を取得しました。

スキナーは、行動主義心理学の一派である徹底的行動主義を唱えました。徹底的行動主義は、人間の行動は外的な刺激と反応によってのみ説明できるという考え方です。

スキナーは、実験室で動物を用いた実験によって、行動の学習と変化を解明しました。例えば、小鳥を箱に入れ、ボタンを押すと餌が出てくるようにした実験では、小鳥は次第にボタンを押す回数が増えていくという結果が得られました。これは、ボタンを押した後に餌が出てくるという刺激が、ボタンを押すという行動を強化したことによるものです。

スキナーの研究成果は、教育や福祉、ビジネスなど、さまざまな分野に応用されています。例えば、教育では、スキナーの理論に基づいた教育法である「スキナー教育法」が開発されました。スキナー教育法では、生徒が正解したときに報酬を与えることで、学習を促進します。

スキナーは、20世紀において最も影響力の大きかった心理学者の一人です。その業績は、心理学だけでなく、教育、福祉、ビジネスなど、さまざまな分野に大きな影響を与えました。

スキナーの代表的な著書としては、「行動主義心理学」「自由と尊厳」「行動の科学」などがあります。

参考URL:
バラス・スキナー - Wikipedia

内田伸子

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

内田伸子は、1946年1月1日生まれの日本の心理学者です。群馬県出身。学位は学術博士(お茶の水女子大学・1991年)。お茶の水女子大学名誉教授、文化功労者。

専門は発達心理学、認知心理学、保育学です。子どもの発達段階に着目し、分析データを基に、子どもの言語発達・認知発達をより良くする具体的な教育法や援助の方策を説いています。

長年にわたり、ベネッセ「こどもちゃれんじ」の監修に携わり、NHK「おかあさんといっしょ」の番組開発・コメンテーターなども務めています。また、しまじろうパペットの開発、創造性開発の知育玩具「エポンテ」のシャチハタとの共同開発など、子どもの教育・育児に関連するさまざまな活動を行っています。

主な著書に、「子どもの言語発達」(岩波新書)、「子どもの認知発達」(岩波新書)、「子どもの育て方」(岩波新書)、「子どもの遊び」(岩波新書)などがあります。

2019年には、子どもの教育・育児への功績が認められ、文化功労者に選ばれました。

以下に、内田伸子の主な業績をまとめます。

  • 発達心理学、認知心理学、保育学の分野における研究成果
  • ベネッセ「こどもちゃれんじ」の監修
  • NHK「おかあさんといっしょ」の番組開発・コメンテーター
  • しまじろうパペットの開発
  • 創造性開発の知育玩具「エポンテ」のシャチハタとの共同開発
  • 子どもの教育・育児に関する著書の執筆
  • 子どもの教育・育児への功績による文化功労者受賞

内田伸子は、子どもの教育・育児に関する第一人者として、長年にわたり活躍を続けています。その功績は、子どもの成長と発達に大きく貢献するものと言えるでしょう。

参考URL:
内田伸子 - Wikipedia

アブラハム・ハロルド・マズロー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アブラハム・ハロルド・マズローは、1908年4月1日にニューヨーク州ブルックリンで生まれたアメリカの心理学者です。彼は、人間性心理学の創始者として最もよく知られています。この理論では、人間は、生理的欲求、安全の欲求、愛と所属の欲求、尊厳の欲求、自己実現の欲求の5つの階層的な欲求を持ち、これらの欲求はすべて人間の行動に影響を与えると主張しています。

マズローは、コーネル大学、ニューヨーク市立大学シティカレッジ、ウィスコンシン大学マディソン校で学びました。彼は、1934年にウィスコンシン大学から博士号を取得しました。

マズローは、カリフォルニア大学バークレー校、ブランダイス大学、ニューヨーク大学で教鞭をとりました。彼は、1967年にアメリカ心理学会の会長に選出されました。

マズローの著書には、「Motivation and Personality」(1954年)、「Toward a Psychology of Being」(1962年)、「The Farther Reaches of Human Nature」(1971年)などがあります。

マズローの欲求5段階説は、心理学、経営学、教育学、その他の分野で広く引用されています。この理論は、人間の行動を理解し、人間の潜在能力を最大限に発揮させる方法を理解するための重要なツールとして役立っています。

参考URL:
アブラハム・マズロー - Wikipedia

ジェイ・ホール

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ジェイ・ホール(Jay Hall)は、アメリカの社会心理学者です。1931年生まれ、1955年にミシガン大学で心理学の博士号を取得しました。その後、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で教鞭をとり、1965年にカリフォルニア大学デービス校に移りました。1997年に退職するまで、デービス校で社会心理学科の主任を務めました。

ホールは、グループの意思決定や問題解決に関する研究で知られています。特に、1970年代に考案した「NASAゲーム」は、グループワークのトレーニングや教育に広く用いられています。NASAゲームは、月面に不時着した宇宙飛行士が、地球に帰還するために必要なアイテムをリストアップし、優先順位をつけるという課題です。このゲームでは、グループメンバーの多様な意見を尊重し、合意形成を図ることが重要となります。

ホールの他の研究成果としては、以下のようなものが挙げられます。

  • グループのリーダーシップに関する研究
  • グループのコミュニケーションに関する研究
  • グループのダイバーシティに関する研究

ホールは、グループの意思決定や問題解決に関する研究で、国際的に高い評価を受けています。彼の研究成果は、ビジネスや教育などのさまざまな分野で活用されています。

以下に、ホールの代表的な著作をいくつか挙げます。

  • Group Dynamics: Theory, Research, and Applications (1978)
  • Social Interaction: Introduction to Social Psychology (1980)
  • Decisions, Decisions, Decisions: Making Choices and Solving Problems (1990)
  • Groupthink: When Groups Make Bad Decisions (2005)

ホールは、2012年に91歳で亡くなりました。

参考URL:
コンセンサスゲームとは?ビジネスマンに必要な力を楽しんで学べる研修の特徴を解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

マートン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

マートンとは、アメリカの社会学者ロバート・キング・マートン(1910-2003)のことです。彼は、社会学理論の発展に多大な貢献をしました。

マートンは、社会現象をより広い視野から捉えるために、パーソンズの包括的・体系的な一般理論に対して、〈中範囲の理論〉を提唱したことで知られています。〈中範囲の理論〉とは、特定の社会現象に焦点を当て、その原因や結果を分析する理論のことです。

マートンは、〈中範囲の理論〉に基づいて、多くの社会現象の分析を行いました。その中でも、特に有名な概念には、以下のものが挙げられます。

予言の自己成就(self-fulfilling prophecy)
逆機能(dysfunction)
制度的逸脱(institutionally defined deviance)
構造的逸脱(structurally defined deviance)
予言の自己成就とは、根拠のない噂や思い込みであっても、人々がその状況が起こりそうだと考えて行動することで、事実ではなかったはずの状況が本当に実現してしまうことを指します。

逆機能とは、ある制度や社会システムが本来の目的とは別の、望まない結果をもたらすことを指します。

制度的逸脱とは、社会規範に反する行為であるが、社会システムの維持のためには必要不可欠な行為を指します。

構造的逸脱とは、社会規範に反する行為であるが、社会システムに内在する矛盾によって引き起こされる行為を指します。

マートンの理論は、社会学のみならず、経済学、政治学、心理学など、さまざまな分野で応用されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3

シャクター

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

シャクターとは、アメリカの心理学者であるスタンレー・シャクター (Stanley Schachter) のことです。1922年にニューヨーク州に生まれ、1997年に亡くなりました。

シャクターは、情動の二要因説を提唱したことで知られています。情動の二要因説は、情動は生理的な喚起と認知的な解釈の相互作用によって生じるという説です。

シャクターは、実験によってこの説を検証しました。実験では、被験者にアドレナリン注射を打って、生理的な喚起を作り出し、その後、被験者が気分がどのように変化するかを観察しました。

結果として、被験者は、周囲の状況によって、喜び、怒り、恐怖などのさまざまな情動を経験したことがわかりました。このことから、シャクターは、情動は生理的な喚起がなくても、認知的な解釈によって生じうる、と結論づけました。

シャクターの情動の二要因説は、情動の理解に大きな貢献をしました。また、この説は、マーケティングや広告など、さまざまな分野で応用されています。

以下に、シャクターの業績を簡単にまとめます。

情動の二要因説を提唱
実験社会心理学の発展に貢献
マーケティングや広告など、さまざまな分野で応用されている
シャクターは、情動の研究において、重要な役割を果たした心理学者と言えるでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

(心理学者の)チェリー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

エドワード・コリン・チェリー(1914年6月23日 - 1979年11月23日)は、イギリスの認知心理学者です。主要な研究は聴覚系に関するものであり、特にカクテルパーティー効果の提唱で知られています。

チェリーは、1953年に「シャドーイング」と呼ばれる実験を行いました。この実験では、被験者の左右の耳に異なる音声を同時に聞かせ、片耳だけに注意を向けるように指示しました。すると被験者は、注意を向けなかったほうの音声が聴きとれなくなったのです。

この実験結果から、チェリーは人間は注意を向けた情報を優先して拾い、注意を向けなかった情報は排除してしまうことを提唱しました。この現象は「カクテルパーティー効果」と呼ばれ、選択的注意の代表的な例として知られています。

チェリーの研究は、認知心理学の発展に大きな貢献をしました。また、カクテルパーティー効果は、マーケティングや広告など、さまざまな分野で応用されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC

(心理学者の)ローレンツ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理学者のローレンツは、コンラート・ローレンツ(Konrad Lorenz)です。1903年11月7日にオーストリアのウィーンで生まれ、1989年2月27日にウィーンで亡くなりました。動物行動学者として、刻印づけ(imprinting)の概念を提唱したことで知られています。

刻印づけとは、特定の時期に、特定の刺激によって生じた反応が、反復的な学習・経験・報酬がなくても一貫して維持されるという現象です。ローレンツは、コガネワシの雛が、孵化後数時間以内に母親の姿を見たあと、その母親以外の鳥や動物を母親として認識するようになる様子を観察して、刻印づけを発見しました。

ローレンツは、刻印づけは動物の進化において重要な役割を果たしていると考えました。例えば、鳥が生まれてすぐに親鳥を認識できなければ、餌をもらい育つことができないため、種の存続が危うくなるからです。

ローレンツの研究は、動物行動学の発展に大きな貢献をしました。また、人間の行動や社会にも応用できる可能性があるとして、近年注目されています。

なお、ローレンツは、動物行動学者としてノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%84

ビネー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ビネーとは、1857年7月8日にフランスのニースで生まれ、1911年10月18日にパリで亡くなった心理学者です。

ビネーは、知能検査の創始者として知られています。1905年に、フランスの文部大臣の委嘱を受けて、精神発達遅滞児識別のため、シモンと共同でビネー・シモン知能尺度を完成させました。

ビネーは、知能を「外界を全体として再構成するための認識能力」と定義しました。ビネー・シモン知能尺度は、この定義に基づいて、年齢によって発達する知能を測定できるように設計されています。

ビネー・シモン知能尺度は、その後、世界中で広く使用されるようになり、知能検査の基礎となりました。

ビネーは、知能検査の分野に大きく貢献した人物として、現在でも高く評価されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%8D%E3%83%BC

プラトン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

プラトンは、古代ギリシアの哲学者です。紀元前427年にアテナイに生まれ、紀元前347年に同地で亡くなりました。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師です。

プラトンの思想は、西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べたほどです。

プラトンの哲学は、イデア論、認識論、国家論、美学、倫理学など、多岐にわたります。

イデア論
プラトンの思想の中心は、イデア論です。イデアとは、感覚世界に現れる物や事象の背後に存在する、真実のありようを表すものです。例えば、私たちが「美しさ」を感じるとき、それは感覚世界に現れる美しい物や事象ではなく、イデアとしての「美しさ」を認識しているのだと考えます。

認識論
プラトンは、認識は感覚ではなく、理性の働きによってなされると主張しました。感覚は、常に変化し、不完全なものであるため、真実を認識することはできません。真実を認識するには、感覚を超越した理性の働きが必要であると考えます。

国家論
プラトンは、理想的国家のあり方を論じました。その理想的国家は、哲学者が統治するものです。哲学者は、イデアの世界を認識することができる唯一の存在であり、国家を正しく導くことができると考えました。

美学
プラトンは、美はイデアの世界に存在する真実のありようを表すと考えました。また、芸術は、美を模倣したものであり、真実の美ではありません。そのため、芸術は、教育において有害であると主張しました。

倫理学
プラトンは、徳は魂のありようであり、正義は国家のありようであると主張しました。また、徳は、教育によって培われると考えました。

プラトンの思想は、古代ギリシアから現代に至るまで、多くの人々に影響を与えてきました。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%B3-126319

デューイ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

デューイとは、アメリカ合衆国の哲学者、教育学者、社会心理学者、社会・教育改良家です。

1859年10月20日にアメリカ合衆国バーモント州バーリントンで生まれ、1952年6月1日にアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークで亡くなりました。

哲学ではプラグマティズムを大成して、プラグマティズム運動の中心的指導者となり、その影響を世界に広めました。

教育においてはプラグマティズムに基づいた新しい教育哲学を確立し、アメリカにおける新教育運動、いわゆる〈進歩主義教育〉運動を指導しつつ、広く世界の教育改革に寄与しました。

心理学では機能主義心理学の創設者のひとりで、社会心理学、教育心理学の発展にも多大の貢献をしています。

デューイの代表的な著作には、「経験と教育」「哲学の再建」「民主主義と教育」などがあります。

デューイは、人間の知性や知識は、問題解決のための道具であると捉えました。真理とは、普遍的な事実や価値ではなく、具体的な状況において有効な考え方であると主張しました。

教育においては、子どもは生まれながらに知性や能力を持っていると考え、子どもの興味や関心を引き出すような教育を重視しました。また、子どもが自ら考え、行動し、問題解決する経験を積むことが重要であると主張しました。

デューイの教育思想は、日本にも大きな影響を与えました。1919年に来日したデューイは、東京帝国大学で講演を行い、多くの教育関係者に影響を与えました。デューイの教育思想は、戦後の日本の教育改革にも大きな影響を与えました。

デューイは、20世紀を代表する哲学者、教育学者であり、その思想は現代でもなお世界中で影響を与え続けています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A4

シュプランガー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

シュプランガーとは、ドイツの教育学者、哲学者、心理学者であるエドゥアルト・シュプランガー(Eduard Spranger、1882年6月27日 - 1963年9月17日)のことである。

シュプランガーは、ヴィルヘルム・ディルタイの解釈学の伝統の中に立っていた。彼はいわゆる精神科学志向の教育というドイツ独自のスタイルを直視する代表者の1人といってもいい。また彼は20世紀の前半の教育学のさまざまな論争の中で重要な役割を演じている。

シュプランガーの最も有名な業績は、価値類型論である。これは、文化に対する人間の関わり方を考察し、個人の人格を形成する性格を「権力・経済・社会・審美・理論・宗教」の6種類の価値観に分類した理論である。

シュプランガーは、人は生まれつき特定の価値観を持っており、その価値観がその人の行動や考え方に影響を与えると主張した。例えば、権力志向型の人は、権力や支配を求める傾向があり、経済志向型の人は、利益や成功を求める傾向がある。

シュプランガーの価値類型論は、教育学や心理学、社会学など、さまざまな分野で用いられている。また、ビジネスやスポーツなど、実践的な場面でも応用されている。

シュプランガーの6つの価値観は、以下のとおりである。

権力志向型:権力や支配を求める
経済志向型:利益や成功を求める
社会志向型:他者との関係を重視する
審美志向型:美しいものや楽しいことを追求する
理論志向型:真理や知識を求める
宗教志向型:信仰や救済を求める
これらの価値観は、必ずしも単独で現れるわけではなく、複数の価値観が混在することもある。例えば、権力志向型の人は、同時に経済志向型や社会志向型の性格も持つことがある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

フェスティンガー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

レオン・フェスティンガー(Leon Festinger, 1919年5月8日 - 1989年2月11日)は、アメリカ合衆国の心理学者。社会心理学を研究し、認知的不協和理論や社会的比較理論の提唱者として知られています。

フェスティンガーは、ニューヨーク州ニューヨークに生まれました。アイオワ大学でクルト・レヴィンの指導を受け、社会心理学に興味を持ちます。スタンフォード大学で博士号を取得した後、コロンビア大学で教鞭を執りました。

フェスティンガーの代表的な業績は、認知的不協和理論です。認知的不協和とは、矛盾する認知を同時に抱えた状態、またその際に覚える不快感やストレスのことを指します。フェスティンガーは、人は認知的不協和を避けるために、認知を修正したり、行動を変更したりする傾向にあると主張しました。

例えば、ある人が「喫煙は体に悪い」という認知を持っているとします。しかし、その人が喫煙を始めると、認知的不協和が生じます。「喫煙は体に悪い」という認知と「私は喫煙している」という認知が矛盾するためです。この場合、人は認知的不協和を解消するために、喫煙が体に悪いという認知を修正したり、喫煙をやめたりする可能性があります。

認知的不協和理論は、社会心理学において最も重要な理論の一つとして広く認められています。マーケティング、広告、政治、教育など、さまざまな分野で応用されています。

フェスティンガーは、認知的不協和理論に加えて、社会的比較理論も提唱しました。社会的比較理論とは、人は自分の能力や価値を他人と比較することで、自己認識や自己評価を行うという理論です。例えば、ある人が自分の能力について自信がない場合は、他の人と比較して自分の能力が上回っている状況を探す傾向にあります。

社会的比較理論は、自己肯定感や自尊心などの心理的要因を理解する上で重要な理論です。また、マーケティングや広告においても、消費者が自分の価値観や行動を他人と比較する傾向があることを理解するために応用されています。

フェスティンガーは、社会心理学の発展に大きく貢献した心理学者です。彼の研究は、私たちの行動や思考を理解する上で、重要な役割を果たしています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

(心理学者の)アンダーソン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理学におけるアンダーソンとは、認知心理学者のジョン・ロジャース・アンダーソン(John Robert Anderson)を指します。アンダーソンは、認知心理学の分野で、人間の認知システムのモデル化に大きな貢献をしました。彼は、人間の記憶、学習、推論、問題解決、意思決定などの認知プロセスを、情報処理理論に基づいてモデル化しました。アンダーソンのモデルは、認知心理学の研究に大きな影響を与えました。

アンダーソンは、1947年にアメリカで生まれました。彼は、1972年にスタンフォード大学で心理学の博士号を取得しました。その後、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学サンディエゴ校で教鞭を執りました。現在は、カリフォルニア大学バークレー校の教授を務めています。

アンダーソンは、認知心理学の分野で、多くの著書を出版しています。代表的な著書は、次のとおりです。

Human Memory and Cognition (1976)
The Architecture of Cognition (1983)
Learning and Memory (1995)
The Language of Thought (2000)
The Neural Basis of Learning and Memory (2007)
アンダーソンは、認知心理学の分野で、多くの業績を残した、著名な心理学者です。彼の研究は、人間の認知システムの理解に大きな貢献をしました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBR%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

ウォルピ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ジョセフ・ウォルピは、南アフリカ出身の精神科医であり、行動療法の分野で最も影響力のある人物の一人です。彼は、1950年代に「系統的脱感作法」と呼ばれる治療法を開発し、不安障害や恐怖症の治療に大きな貢献をしました。

ウォルピは、不安や恐怖は、古典的条件づけによって生じていると主張しました。古典的条件づけとは、ある刺激と別の刺激を繰り返し一緒に提示することで、それらを関連づけさせる学習のことです。例えば、犬に雷の音と電気ショックを同時に提示すると、やがて雷の音だけでも犬は恐怖を感じるようになるという実験結果があります。

ウォルピは、系統的脱感作法において、不安や恐怖の対象となる刺激を、患者が不安を感じない程度の軽い刺激から徐々に強くなっていく刺激へと、段階的に提示していきます。患者は、その際に、リラックスできる状態を維持します。これにより、不安や恐怖の対象となる刺激と、リラックスした状態を関連づけさせ、不安や恐怖を克服することができるのです。

系統的脱感作法は、不安障害や恐怖症の治療において、現在も広く用いられている有効な治療法です。ウォルピの業績は、行動療法の分野に大きな影響を与え、現代の心理療法の基礎を築いたと言っても過言ではありません。

ウォルピのその他の主な業績としては、逆制止法の開発、行動療法の理論的体系化、行動療法の普及活動などが挙げられます。

https://s-counseling.com/joseph-wolpe/

(心理学者の)バートレット

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フレデリック・チャールズ・バートレットは、イギリスの心理学者です。1886年10月20日に生まれ、1969年9月30日に亡くなりました。ケンブリッジ大学で学び、1931年から1951年まで同大学の実験心理学の教授を務めました。

バートレットは、記憶、知覚、思考の研究で知られています。特に、記憶の研究においては、エビングハウス以来の無意味材料を用いた研究に対し、有意味材料を用いた記憶変容の実験を通してスキーマの概念を提唱しました。スキーマとは、個人の知識や経験に基づく枠組みのことで、新しい情報を理解したり処理したりする際に利用されます。バートレットの研究は、認知心理学の発展に大きな影響を与えました。

バートレットの主な著作には、「記憶の心理学」「思考の心理学」などがあります。

以下に、バートレットの主な業績をまとめます。

記憶の研究において、スキーマの概念を提唱。
知覚の研究において、知覚は主観的な経験であり、個人の知識や経験によって影響を受けることを示した。
思考の研究において、思考は問題解決や判断といった認知活動の基礎となることを示した。
バートレットの業績は、現代の認知心理学においても重要な基礎となっています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

ソーンダイク

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ソーンダイクとは、アメリカの心理学者・教育学者であるエドワード・L・ソーンダイクのことです。1874年8月31日にマサチューセッツ州ウィリアムズバーグに生まれ、1949年8月9日にニューヨーク州モントローズで亡くなりました。

ソーンダイクは、動物の学習実験により、効果の法則、練習の法則などを主張しました。また、教育測定運動の父とも呼ばれ、教育評価の分野でも業績を残しました。

ソーンダイクの業績としては、以下のようなものが挙げられます。

ネコの問題箱の実験により、試行錯誤学習の原理を明らかにした。
効果の法則、練習の法則、準備の法則、関連の法則など、学習の基本的法則を定式化した。
教育測定運動の父と呼ばれ、知能テストなどの開発に貢献した。
ソーンダイクの学習理論は、行動主義の基礎となっただけでなく、教育学や心理学にも大きな影響を与えました。

ソーンダイクは、連合主義の一形式である結合主義の研究に独自に取り組みました。結合主義とは、刺激と反応が繰り返し結合されることで、学習が起こると考える学説です。ソーンダイクは、ネコの問題箱の実験などを通して、この学説を支持する証拠を収集しました。

ソーンダイクは、教育測定運動の父とも呼ばれます。彼は、教育において客観的に学力を測定することが重要であると主張し、知能テストなどの開発に貢献しました。

ソーンダイクの業績は、現代の心理学や教育学にも大きな影響を与えています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AF

イワン・パブロフ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

イワン・パブロフは、ロシア帝国・ソビエト連邦の生理学者です。1849年にリャザンで生まれ、1936年にレニングラードで亡くなりました。

パヴロフは、犬を使った条件反射の実験で知られています。パヴロフは、犬の口から唾液を分泌させるために、最初は食べ物(無条件刺激)を与えました。すると、犬は食べ物を見ただけで唾液を分泌するようになりました(条件反射)。

この実験から、パヴロフは、無条件刺激と条件刺激を繰り返し提示することで、無条件刺激と無関係な条件刺激が条件反射を引き起こすようになることを発見しました。この発見は、古典的条件づけと呼ばれています。

パヴロフの古典的条件づけは、行動主義心理学において重要な概念となりました。行動主義心理学は、人間の行動を観察して分析する心理学の学派です。パヴロフの研究は、人間の行動も古典的条件づけによって説明できる可能性があることを示唆しました。

パヴロフは、1904年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。彼は、生理学と心理学の両分野に大きな貢献をしました。

パヴロフの古典的条件づけは、現代でもさまざまな分野で応用されています。例えば、広告やマーケティングでは、商品やサービスを無条件刺激として、購買や好意を条件刺激として用いることで、消費者の購買行動や態度を変化させることを目指しています。また、教育や治療においても、古典的条件づけを応用した手法が用いられています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%95

サーストン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アメリカの心理学者、ルイス・サーストン(1887-1955)は、知能の多因子説を提唱したことで知られています。彼は、知能は単一の一般因子(g因子)ではなく、複数の独立した因子(s因子)から構成されていると考えました。

サーストンは、この仮説を検証するために、複数の知能検査の結果を因子分析という統計手法を用いて分析しました。その結果、彼は知能を、空間知能、言語知能、数理知能、記憶知能、推理知能、知覚知能、流動性知能、結晶性知能の8つの因子から構成されていると結論づけました。

サーストンの知能の多因子説は、その後の知能研究に大きな影響を与えました。現在、知能検査の多くは、サーストンの説に基づいて設計されています。

サーストンの功績は、知能の単一の一般因子だけでは、知能を十分に説明できないことを明らかにしたことです。彼の研究は、知能の多様性を理解し、知能検査をより精度の高いものにするための基礎となりました。

サーストンは、知能の多因子説以外にも、心理尺度構成法や因子分析の開発など、心理学の発展に多大な貢献をしました。彼は、20世紀を代表する心理学者の一人として、現在も高く評価されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3

ブロードベント

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ドナルド・エリック・ブロードベント(1926年5月6日 – 1993年4月10日)は、英国出身の影響力のある実験心理学者でした。彼のキャリアと研究は、第二次世界大戦前のフレデリック・バートレット卿のアプローチと、1960年代後半に認知心理学として知られるようになったものの間のギャップを埋めました。

ブロードベントは、ケンブリッジ大学で心理学を学び、1947年に卒業しました。その後、空軍に入隊し、戦争終結までラジオ技術者として勤務しました。戦後、ケンブリッジ大学に戻り、1951年に博士号を取得しました。

ブロードベントの研究は、注意、記憶、認知処理の分野に焦点を当てていました。彼は、選択的注意の理論を開発したことで最もよく知られています。この理論は、注意は、処理される情報を選択するためのフィルターとして機能する、という考えに基づいています。ブロードベントはこの理論を、両耳分離聴の実験によって支持しました。この実験では、実験参加者に左右の耳に異なる情報を聞かせ、その後、どちらの耳の情報か思い出させるように指示しました。結果として、実験参加者は、指示された耳からの情報はよく思い出すことができましたが、指示されていない耳からの情報はほとんど思い出すことができませんでした。

ブロードベントの研究は、認知心理学の分野に大きな影響を与えました。彼の理論は、その後の研究者によって拡張され、応用されてきました。

ブロードベントは、王立協会のフェローであり、アメリカ心理学会から傑出した科学的貢献賞を受賞しました。

主な著書:

Perception and Communication (1958)
Attention and Performance (1958)
Decision and Stress (1971)
Perception and Memory (1975)
The Mind and Its Mechanisms (1985)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88

ガレノス

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ガレノス(129年頃 - 200年頃)は、ローマ帝国時代のギリシャの医学者です。ヒポクラテス以来の医学の集大成者であり、臨床医としての経験と動物の生体解剖によって体系的な医学を確立しました。

ガレノスはトルコのペルガモンで生まれました。アレクサンドリアで医学を学び、30歳を過ぎたころよりローマに定住し、マルクス・アウレリウスの侍医となる。ヒポクラテス以来の科学的医術を唱え、特に解剖学、生理学を発展させました。

ガレノスの著作は膨大であり、その多くはラテン語に翻訳されてヨーロッパで広く読まれました。ガレノスの学説はその後ルネサンスまでの1500年以上にわたり、ヨーロッパの医学およびイスラームの医学において支配的なものとなりました。

ガレノスの主な業績としては、以下のようなものが挙げられます。

解剖学の発展:人間の解剖学を初めて体系的に記述した。
生理学の発展:血液循環の理論を構築し、神経系の働きを解明した。
薬理学の発展:薬物の効果と作用機序を研究した。
病理学の発展:病気の原因と症状を研究した。
診断学の発展:脈診法などの診断法を確立した。
治療学の発展:薬物療法、手術療法、食事療法などの治療法を体系化した。
ガレノスの医学は、現代医学の基礎を築いたと言えるでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%82%B9

タジフェル

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

タジフェルは、イギリスの心理学者で、社会的アイデンティティ理論の提唱者として知られています。

タジフェルは、1928年にポーランドで生まれました。ナチスの迫害を逃れてイギリスに移住し、オックスフォード大学で心理学を学びました。その後、ブリストル大学で教授を務めました。

タジフェルは、社会心理学において、集団の役割を重視しました。彼は、人々は自分の所属する集団に一体化し、集団のアイデンティティを重視する傾向があると主張しました。この傾向を「社会的アイデンティティ」と呼びました。

タジフェルは、社会的アイデンティティが、人々の行動に大きな影響を与えるとしました。例えば、自分の所属する集団が他の集団と競争関係にあると、人々は自分の集団を優位にするために、他集団を敵視したり、差別したりする傾向があるとしました。

タジフェルの社会的アイデンティティ理論は、社会心理学において大きな影響を与えました。この理論は、人種差別、民族紛争、宗教対立など、現代社会における多くの問題を理解する上で、重要な枠組みとなっています。

タジフェルの主な著書は、以下のとおりです。

Differentiation between social groups (1978)
Social identity and intergroup relations (1984)
The social psychology of intergroup relations (1985)
タジフェルは、1982年に64歳で亡くなりました。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%20%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB-1625498

メラビアン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

メラビアンとは、アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが提唱した、コミュニケーションにおいて視覚情報、聴覚情報、言語情報の割合を研究した法則です。

メラビアンの実験では、被験者に「maybe」という言葉を様々な声質で録音して聞かせ、どのような印象を受けたかを測定しました。その結果、言語情報はわずか7%しか影響を与えず、聴覚情報は38%、視覚情報は55%の影響を与えることが明らかになりました。

この結果から、メラビアンは「コミュニケーションにおいて、相手に与える印象は、視覚情報、聴覚情報、言語情報の3つが総合的に作用して形成される」という法則を導き出しました。

メラビアンの法則は、コミュニケーションにおける非言語コミュニケーションの重要性を示す法則として、広く知られています。この法則を理解することで、より効果的なコミュニケーションをとるために、自分の言動や表情など、非言語コミュニケーションにも意識を向けることができます。

メラビアンの法則は、以下のようにビジネスシーンでも活用することができます。

営業やプレゼンテーションの際には、表情や身振り手振りを交えて話すことで、相手に説得力のある印象を与えることができます。
クレーム処理の際には、相手の表情や声色に気を配ることで、相手の真意を正確に把握することができます。
面接の際には、相手の身なりや態度から、その人の人柄や能力を判断することができます。
メラビアンの法則は、コミュニケーションをより効果的に行うための重要な基礎知識です。

https://www.nttcom.co.jp/dscb/column/detail109/index.html

(心理学における)トールマン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理学におけるトールマンとは、エドワード・チェイス・トールマン(Edward Chase Tolman)のことで、アメリカの心理学者です。1886年4月14日にマサチューセッツ州ウェスト・ニュートンで生まれ、1959年11月19日にカリフォルニア州バークリーで亡くなりました。

トールマンは、行動主義心理学とゲシュタルト心理学を融合させた、認知行動主義の代表的な学者です。彼は、行動は単に刺激と反応の結びつきによって成立するものではなく、目的とその達成のための手段が認知される過程に成立すると考えました。

トールマンの代表的な学説は、以下の2つです。

潜在学習
トールマンは、ねずみの迷路を使った実験で、強化がされていない場合でも、ねずみは迷路の構造を学習していることを発見しました。これを潜在学習と呼びます。潜在学習は、報酬を与えて強化されると、急激に顕在化すると考えられました。

サイン・ゲシュタルト説
トールマンは、学習目標とそれを達成するための手段とが存在するとき、学習の成立とは、目標と手段との機能的関係が頭の中に認知図としてできあがることであると考えました。これをサイン・ゲシュタルト説と呼びます。

トールマンの学説は、行動主義の学習理論を批判し、認知心理学の誕生に大きな影響を与えました。

以下に、トールマンの主な業績をまとめます。

潜在学習の概念を提唱
サイン・ゲシュタルト説を提唱
行動主義心理学とゲシュタルト心理学を融合させた、認知行動主義の代表的な学者
認知心理学の誕生に大きな影響を与えた
トールマンは、学習の理解に大きく貢献した心理学者です。彼の学説は、現代の心理学においても、重要な意味を持っています。

https://s-counseling.com/edward-chase-tolman/