リーセンシー理論とは、直前に見た広告がその後の購入行動に与える影響のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

リーセンシー理論とは、直前に見た広告がその後の購入行動に与える影響のことをいいます。この理論は、アメリカのマーケティング学者であるアーウィン・エフロンによって提唱されました。

リーセンシー理論によると、人間の記憶は時間の経過とともに衰えていくため、直前に見た情報ほど強く記憶に残り、その情報に基づいて行動を起こしやすくなります。したがって、購買行動を起こす直前に広告を接触させることで、購買意欲を高め、購買を促進することができると考えられます。

リーセンシー理論は、広告戦略において重要な要素の一つです。例えば、テレビCMでは、番組の途中や番組の終わりに、商品やサービスを訴求する広告を放送することがよくあります。これは、視聴者が番組に集中しているタイミングで広告を接触させることで、リーセンシー効果を狙ったものです。

また、リーセンシー理論は、マーケティングにおける他の分野にも応用することができます。例えば、顧客の購買履歴を分析することで、顧客が購買行動を起こすタイミングを把握し、ターゲティング広告を配信することで、リーセンシー効果を高めることができます。

リーセンシー理論を活用することで、より効果的なマーケティング戦略を展開することができます。

具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 電車の中吊り広告や駅の看板広告など、買い物をする直前に目にする広告
  • 買い物中に流れる店内放送や、レジ横のPOP広告など、購買行動を迫るタイミングで接触する広告
  • インターネットの広告配信システムにおいて、ユーザーの過去の閲覧履歴や検索履歴に基づいて、購買行動を起こす可能性が高いタイミングに広告を配信する

リーセンシー理論は、広告効果を高める上で重要な考え方の一つです。マーケティング戦略を立てる際には、ぜひ参考にしてみてください。

参考URL:
リーセンシー - マーケティング用語集:MarkeZine(マーケジン)

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5