心理学者」タグアーカイブ

(心理学における)ゴールドバーグ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理学におけるゴールドバーグとは、ルイス・ゴールドバーグ(Lewis R. Goldberg)のことで、パーソナリティの特性論の提唱者として知られています。

ゴールドバーグは、1980年代に、さまざまなパーソナリティ理論を統合し、人間の性格は5つの根源特性(開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向)から構成されると提唱しました。この5つの特性は、世界中のさまざまな文化で普遍的に認められ、信頼性と妥当性が高く、多くの性格検査の基礎となっています。

ゴールドバーグのビッグファイブ理論は、パーソナリティ研究の分野で大きな影響を与え、現在では最も広く受け入れられているパーソナリティ理論のひとつとなっています。

また、ゴールドバーグは、神経症傾向を測定するための質問紙尺度である「GHQ(General Health Questionnaire)」も開発しました。GHQは、世界中で広く使用されている神経症傾向のスクリーニングテストであり、うつ病や不安症などの精神疾患の早期発見に役立っています。

以上のことから、ゴールドバーグは、パーソナリティ研究と臨床心理学において、大きな貢献を行った人物であると言えるでしょう。

https://memosinri.com/entry/979.html

ロフタス

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ロフタスとは、エリザベス・ロフタス(Elizabeth F. Loftus)のことで、アメリカ合衆国の認知心理学者です。1944年10月16日生まれ、カリフォルニア州ロサンゼルス出身です。

ロフタスは、記憶の曖昧さや虚偽記憶の生成について研究しています。特に、事後情報効果と呼ばれる、目撃者の記憶を変容させる現象について、多くの研究を行いました。

ロフタスの研究は、司法の分野にも大きな影響を与えました。虚偽記憶が冤罪につながる可能性があることが明らかになったため、捜査や裁判においては、目撃証言の信憑性を慎重に判断することが求められるようになりました。

ロフタスは、2002年には、20世紀で最も影響力のある100人の心理学研究者の58番目に選出され、女性では最高位となりました。

具体的には、ロフタスは以下の研究で知られています。

事後情報効果による虚偽記憶の生成
抑圧された記憶の概念に対する批判
幼児期の性的虐待の誤った記憶
ロフタスの研究は、私たちの記憶に対する認識を大きく変えました。記憶は必ずしも正確なものではなく、事後情報や期待によって変容する可能性があることを示しました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%BF%E3%82%B9

フェニングスタイン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フェニングスタインとは、アメリカの心理学者であるアラン・フェニングスタインによって開発された、自己意識の測定尺度です。フェニングスタインは、自己意識とは、自分の内面や外面の自分に対する意識であると定義しました。そして、自己意識には、自分の内面を意識する「私的自己意識」と、自分の外面を意識する「公的自己意識」の2つの側面があると考えています。

フェニングスタイン尺度は、20の質問から構成されています。質問は、自分の内面や外面を意識する傾向に関するものです。たとえば、質問には、「自分の内面をよく理解しようとする」「自分の外見が気になる」などがあります。回答者は、各質問に対して1から5までの5段階で回答します。

フェニングスタイン尺度は、自己意識の測定尺度として広く用いられています。また、自己意識の研究だけでなく、人間関係や社会心理学などの研究にも用いられています。

日本語版のフェニングスタイン尺度は、1984年に菅原健介氏によって作成されました。

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E6%84%8F%E8%AD%98

ボウルビィ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ボウルビィは、イギリスの精神科医、精神分析家、児童精神医学者です。1907年2月26日にロンドンで生まれ、1990年9月2日にスカイ島で亡くなりました。

ボウルビィは、精神分析学に動物行動学(エソロジー)的視点を取り入れ、愛着理論をはじめとする早期母子関係理論を提唱しました。

ボウルビィの愛着理論は、乳幼児が母親や養育者に対して形成する愛着関係が、その後の人間関係や精神的健康に大きな影響を与えるというものです。ボウルビィは、乳幼児は生来的に愛着行動をもっており、この行動は、母親や養育者との愛着関係を形成するためのものです。愛着関係が十分に形成されていない場合、乳幼児は不安や孤独感を感じ、分離不安や攻撃性などの行動問題を示すことがあります。

ボウルビィの愛着理論は、心理学や精神医学の分野で大きな影響を与え、現在でも多くの研究が行われています。また、ボウルビィの愛着理論は、子育てや養育の実践にも応用されており、乳幼児の愛着関係を育むためのヒントを与えています。

ボウルビィの主要な著書には、以下のようなものがあります。

『愛着理論の形成』(1969年)
『愛着と喪失』(1969年)
『愛着と精神健康』(1973年)
『子どもの愛着と情緒生活』(1988年)
ボウルビィの愛着理論は、乳幼児の愛着関係の重要性を広く認識させるとともに、子育てや養育の実践に大きな影響を与えた、非常に重要な理論です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%A3

(心理学者の)パールズ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フレデリック・パールズ(1893年7月8日 - 1970年3月14日)は、ドイツ生まれのユダヤ系アメリカ人の精神科医、精神分析医であり、ゲシュタルト療法の創始者です。

パールズは、1893年にドイツのベルリンで生まれました。1912年にベルリン大学医学部に入学し、1920年に医学博士号を取得しました。その後、精神分析の研究を始め、1926年に精神分析家として認定されました。

パールズは、精神分析の枠組みに限界を感じ、ゲシュタルト療法を創始しました。ゲシュタルト療法は、人間の経験を全体として捉え、その瞬間に起こっていることに注意を向けることによって、人間の成長と変化を促す心理療法です。

パールズは、ゲシュタルト療法の理論と実践を、著書や講演を通じて広く紹介しました。パールズの著書としては、「ゲシュタルト療法入門」(1951年)、「ゲシュタルト療法」(1969年)などがあります。

パールズは、ゲシュタルト療法の創始者として、心理学の発展に大きな影響を与えました。パールズの思想は、現代の心理療法の多くの分野に影響を与えており、現在も広く研究されています。

パールズは、以下のような考えを主張しました。

人間の経験は全体として捉えるべきである。
人間は、その瞬間に起こっていることに注意を向けることで、成長と変化を遂げる。
人間は、自由で責任ある存在である。
パールズの考えは、現代の心理学においても、多くの人々に影響を与えています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA

ダニエル・カーネマン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ダニエル・カーネマンとは、イスラエル・アメリカ合衆国の心理学者、行動経済学者です。1934年3月5日生まれ。2002年に、エイモス・トベルスキーとともにノーベル経済学賞を受賞しました。

カーネマンは、経済学に心理学の手法を導入し、人間の非合理的な意思決定を理論化したプロスペクト理論を提唱しました。プロスペクト理論は、損失と得失の大小を比較する際、人間は損失を過大評価し、得失を過小評価するという「損失回避性」を主張しています。

カーネマンの研究は、経済学だけでなく、政治学、社会学、医学、マーケティングなど、さまざまな分野に影響を与えています。

カーネマンは現在、プリンストン大学名誉教授として、研究活動を続けています。

カーネマンの代表的な著書に、「思考の錯覚」(共著:ダニエル・カーネマン、エイモス・トベルスキー、キャット・ソーニンバーグ、マーク・スコット、訳:川端康子、日本経済新聞社、2001年)などがあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%83%B3

(心理学者の)ウォーカー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理学におけるウォーカーとは、アメリカの心理学者であるエレイン・ウォーカーが提唱した、抑うつに関する理論です。ウォーカーは、抑うつは、個人の考え方や行動のパターンによって引き起こされる、学習された反応であると考えています。

ウォーカーの理論によると、抑うつ状態にある人は、自分自身や世界に対する否定的な考え方を抱きやすく、また、ネガティブな出来事や感情に注意を向けやすい傾向があります。これらの考え方や行動のパターンは、抑うつの悪化を促進し、回復を妨げます。

ウォーカーは、抑うつを克服するためには、これらの考え方や行動のパターンを修正することが重要であると考えています。具体的には、以下のような方法が有効であると提唱しています。

自分自身や世界に対する肯定的な考え方を身につける
ネガティブな出来事や感情に過度に注意を向けないようにする
自分自身を大切にし、自分をいたわる
ウォーカーの理論は、抑うつの理解と治療に大きな影響を与えました。現在では、世界中の多くの臨床心理学者が、ウォーカーの理論に基づいた治療を行っています。

ウォーカーの理論は、以下のような点において他の抑うつに関する理論と異なります。

抑うつは、個人の考え方や行動のパターンによって引き起こされる、学習された反応であると考える
抑うつを克服するためには、これらの考え方や行動のパターンを修正することが重要であると考える
抑うつは、個人の責任であるとは考えない
ウォーカーの理論は、抑うつに関する理解を深め、より効果的な治療法の開発に貢献しました。

https://memosinri.com/entry/1768.html

(心理学者の)ハイダー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フリッツ・ハイダーは、オーストリア出身の心理学者であり、社会心理学の分野で重要な業績を残した人物です。彼の主な業績は、認知的均衡理論と帰属理論の提唱です。

認知的均衡理論は、人が持つ認知が互いに矛盾しないように、それらを調整しようとする傾向があることを説明する理論です。例えば、AさんがBさんのことを好きだと思っていて、BさんがAさんのことを好きだと思っていたら、AさんはBさんのことをさらに好きになる傾向があります。逆に、AさんがBさんのことを嫌いだと思っていて、BさんがAさんのことを好きだと思っていたら、AさんはBさんのことをさらに嫌いになる傾向があります。

帰属理論は、人が他者の行動の原因をどのように認知するかを説明する理論です。ハイダーは、他者の行動の原因を、内因的な要因(本人の性格や能力など)と外因的な要因(状況や環境など)の2つに分けました。例えば、AさんがBさんに親切にしてくれた場合、Aさんが親切な人であると内因的に評価するのか、それともBさんが助けを求めている状況だったから外因的に評価するのかは、人によって異なります。

ハイダーの業績は、社会心理学の分野に大きな影響を与え、現在でも多くの研究が行われています。

ハイダーは、1896年にオーストリア・ウィーンで生まれました。ウィーン大学で哲学を学び、その後、ゲシュタルト心理学の創始者であるマックス・ヴェルトハイマーの指導を受けて、心理学の研究を始めました。1933年にナチス政権が台頭したため、オーストリアを離れてアメリカに移住し、スタンフォード大学、コーネル大学、カンザス大学で教鞭をとりました。

1988年にカンザス州ローレンスで亡くなりました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC

エドワード・L・デシ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

エドワード・L・デシは、ロチェスター大学の心理学教授兼ゴウエン社会科学講座教授です。彼は、内発的動機づけや基本的心理欲求に関する研究で最もよく知られています。彼は、リチャード・M・ライアンと共に、影響力の大きい現代の動機づけ理論である自己決定理論 (SDT) を編み出しました。

デシは、1942年にニューヨーク州クリフトン・スプリングスに生まれました。彼はカーネギーメロン大学で社会心理学の学士号と博士号を取得しました。博士課程の指導教官は、アルバート・バンデューラでした。

デシの研究は、人間の行動の動機付けを理解することに焦点を当てています。彼は、内発的動機づけと外発的動機づけという2つの主要な動機づけタイプを区別しました。内発的動機づけは、行動自体を楽しんだり、やりがいを感じたりすることで引き起こされます。外発的動機づけは、報酬や罰などの外部の要因によって引き起こされます。

デシは、自己決定理論 (SDT) を開発することで、内発的動機づけを促進する方法について多くのことを学びました。SDTは、人間には、自律性、有能感、関係性の3つの基本的心理欲求があるという考えに基づいています。これらの欲求が満たされると、人々は内発的に動機づけられ、より創造的、生産的、幸福になる傾向があります。

デシの研究は、教育、ビジネス、その他の分野で広く影響を与えています。彼の作品は、人々がより内発的に動機づけられた生活を送る方法を理解するのに役立っています。

参考URL:
エドワード・L・デシ - Wikipedia

クレッチマー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

クレッチマーとは、ドイツの精神医学者であるエルンスト・クレッチマー(Ernst Kretschmer)が提唱した、パーソナリティの類型論です。クレッチマーは、体型と気質には相関関係があるとし、以下の3つの類型を定義しました。

分裂気質(細長型):痩身で、長い腕や脚、細い顔を持つ。内向的で、敏感で、独創的。
循環気質(肥満型):肥満で、丸顔、丸々とした体型を持つ。社交的で、楽観的で、活動的。
粘着気質(闘士型):筋肉質で、骨太で、がっしりとした体型を持つ。几帳面で、頑固で、熱心。
クレッチマーの類型論は、当時の精神医学において大きな影響を与え、現在でもパーソナリティ研究において参照されることがあります。しかし、近年では、体型と気質の相関関係は必ずしも明確ではないとする研究結果も出てきており、クレッチマーの類型論はあくまでも仮説的なものとされています。

クレッチマーは、パーソナリティの類型論のほかに、敏感関係妄想やヒステリーなどの精神疾患の研究でも業績を残しています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%9E%E3%83%BC

デイビッド・マクレランド

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

デイビッド・マクレランドは、1917年5月20日にニューヨーク州マウントバーノンで生まれたアメリカの心理学者でした。彼は、達成欲求、権力欲求、親和欲求の3つの欲求理論で最もよく知られています。彼はまた、モチベーションとリーダーシップに関する研究でも知られています。

マクレランドはウェズリアン大学で学士号を取得し、ミズーリ大学で修士号を取得しました。その後、エール大学で博士号を取得しました。彼は、コネチカット大学、ウェズリアン大学、ボストン大学で教鞭を執った後、1956年にハーバード大学の心理学教授に就任しました。

マクレランドの欲求理論は、人の行動は、達成、権力、親和のいずれかの欲求に基づいているという考えに基づいています。

  • 達成欲求は、困難な目標を達成し、卓越性を求める欲求です。達成欲求が強い人は、挑戦的な目標を設定することに満足し、成功したときに大きな喜びを感じます。
  • 権力欲求は、他人に影響を与え、影響力を持つ欲求です。権力欲求が強い人は、リーダーシップを発揮し、組織や社会に影響を与えることに興味を持っています。
  • 親和欲求は、他人との関係を築き、愛情や受け入れを求める欲求です。親和欲求が強い人は、他の人との関係を築くことに価値を見出し、良好な人間関係を維持することに努めています。

マクレランドの欲求理論は、組織行動、リーダーシップ、そして最近では、教育やスポーツなどの他の分野でも広く使用されています。

マクレランドは、モチベーションとリーダーシップに関する研究で、多くの賞を受賞しました。彼は、1953年にアメリカ心理学会から最優秀出版賞を受賞し、1973年にアメリカ経営学会からホーソン賞を受賞しました。

参考URL:
デイビッド・マクレランド - Wikipedia

(心理学者の)エリス

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アルバート・エリス(1913-2007)は、アメリカの心理学者であり、合理情動療法(REBT)の創始者です。REBTは、人間の感情は認知、行動、生理学的反応の3つの要素によって決定されるという考えに基づいています。エリスは、人は自分の思考や信念をコントロールすることで、感情や行動をコントロールできると主張しました。

REBTは、うつ病、不安障害、摂食障害、人格障害など、さまざまな精神障害の治療に効果的であることが示されています。また、ストレスマネジメントや対人関係の改善にも役立ちます。

エリスは、心理学に多大な貢献をした人物として知られています。彼は、REBTを通じて、人間の感情や行動をコントロールできるという考えを広め、心理療法の分野に革命をもたらしました。

REBTの基本的な考え方は、以下のとおりです。

私たちの感情は、思考や信念によって決定されます。
私たちは、自分の思考や信念をコントロールすることで、感情や行動をコントロールできます。
私たちは、自分の思考や信念をより合理的なものに変えることによって、より幸福で満足した生活を送ることができます。
REBTの治療では、以下のような方法が用いられます。

合理性検討:患者の思考や信念の合理性を検討し、より合理的なものに変えるための助言を行います。
活動促進:患者がより適応的な行動をとることを促します。
認知再構成:患者の思考や信念をより合理的なものに再構成します。
REBTは、心理療法の分野で最もよく研究されている治療法の1つです。また、認知行動療法(CBT)の基礎となった理論でもあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B9

ローゼンツヴァイク

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フランツ・ローゼンツヴァイクは、1886年12月25日にドイツのカッセルで生まれ、1929年12月10日にフランクフルト・アム・マインにて33歳の若さで亡くなったユダヤ人哲学者です。

ローゼンツヴァイクは、ヘーゲル哲学やキリスト教神学を批判的に検討し、ユダヤ教の伝統に根ざした独自の思想体系を構築しました。彼の思想の中心は、啓示という概念です。ローゼンツヴァイクは、啓示とは、神が人間に直接語りかけ、人間の歴史と存在を意味づけるものであると主張しました。

ローゼンツヴァイクの思想は、ユダヤ教思想だけでなく、西洋哲学全体に大きな影響を与えました。彼の著書『救済の星』は、現代ユダヤ教思想の古典として広く読まれています。

ローゼンツヴァイクの思想の特徴は、次のとおりです。

啓示の概念を重視する
ユダヤ教とキリスト教の統合を模索する
ヘーゲル哲学やキリスト教神学を批判的に検討する
ローゼンツヴァイクの思想は、以下の点に影響を与えました。

ハイデガーの哲学
レヴィナスの哲学
ユダヤ教のリベラル派の思想
ローゼンツヴァイクは、20世紀を代表するユダヤ人哲学者の一人であり、その思想は現代思想に大きな影響を与え続けています。

https://www.google.com/search?q=%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AF&rlz=1C1QABZ_jaJP905JP905&oq=%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AF&aqs=chrome..69i57.2350j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8

ゴルトン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ゴルトンは、1822年2月16日にイギリスのバーミンガムで生まれ、1911年1月17日に同地で亡くなった、イギリスの統計学者、探検家、人類学者、初期の遺伝学者です。進化論で知られるチャールズ・ダーウィンの従弟にあたります。

ゴルトンは、統計学、人類学、遺伝学、心理学など、様々な分野で貢献しました。

統計学では、相関を表す数値である「相関係数」を発見し、近代統計学の基礎を築きました。
人類学では、指紋による個人の識別法を考案し、人類の遺伝的多様性に関する研究を進めました。
遺伝学では、優生学の概念を提唱し、優れた遺伝的素質を持つ人々の繁殖を促進することによって、社会の改善を目指しました。
ゴルトンの優生学は、ナチスドイツの「優生政策」に利用されるなど、人種差別や差別的政策につながる危険性のある思想として批判されています。

しかし、ゴルトンは統計学、人類学、遺伝学など、様々な分野に多大な貢献を行った科学者であることは間違いありません。

以下に、ゴルトンの主な功績をまとめます。

統計学:相関係数を発見し、近代統計学の基礎を築く。
人類学:指紋による個人の識別法を考案し、人類の遺伝的多様性に関する研究を進める。
遺伝学:優生学の概念を提唱する。
ゴルトンの功績は、現代の統計学、人類学、遺伝学など、様々な分野に受け継がれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3

(心理学者の)フォア

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フォアは、アメリカの心理学者で、1948年にバーナム効果と呼ばれる現象を初めて実証した人物です。バーナム効果とは、誰にでも当てはまるような曖昧で一般的な内容を、「自分のことだ!」と思ってしまう心理作用のことです。

フォアは、学生たちに性格について心理検査を実施し、その検査の結果に基づく分析と称して、以下の文を与えました。

あなたは他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。また、あなたは弱みを持っているときでも、それを普段は克服することができます。

この文は、誰にでも当てはまるような一般的な内容であり、実際には、フォアは学生たちには何も検査をしていません。しかし、学生たちはこの文を自分の性格の分析と信じ、自分のことをよく理解してもらえたと感じました。

この実験から、フォアは、バーナム効果が存在することを明らかにしました。バーナム効果は、占い師やセラピスト、セールスマンなどが、人を操ったり、お金を稼いだりする際に、よく使われる手法です。

フォアは、1914年に生まれ、1988年に亡くなりました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%A0%E5%8A%B9%E6%9E%9C

スティンザー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スティンザー効果とは、アメリカの心理学者のスティンザーが、小集団における心理的効果・原則を研究し発見した原則です。

具体的には、会議など複数の人が1つのテーブルに着く際、座る位置によって人に与える印象が変わるというものです。スティンザーは、この効果を3つのパターンに分けて説明しています。

正面:威圧感や緊張感を与える
隣:親密感や同調性を与える
斜め前:信頼感や親しみを与える
例えば、犯人と事情聴取する際は、正面に座って威圧感を与えることで、犯人の心理的なプレッシャーを高めることができます。また、デートで相手と親密になりたい場合は、隣に座って親密感を与えるとよいでしょう。

スティンザー効果は、ビジネスや日常生活などさまざまな場面で活用することができます。うまく活用することで、自分の目的を達成しやすくなるかもしれません。

以下に、スティンザー効果を活用する際の具体的な例をいくつか挙げます。

面接官:採用面接では、正面に座って威圧感を与えることで、応募者の緊張を高め、本音を引き出しやすくなります。
上司:部下と面談する際は、隣に座って親密感を与えることで、部下の意見を引き出しやすく、信頼関係を築きやすくなります。
プレゼンテーション:プレゼンテーションでは、斜め前の席に重要な顧客や取引先を配置することで、彼らの注意を引きやすく、好印象を与えやすくなります。
もちろん、スティンザー効果はあくまでも心理学的な効果であり、必ずしも正しいわけではありません。しかし、うまく活用することで、コミュニケーションを円滑に進めたり、自分の目的を達成しやすくなったりする可能性はあります。

https://onsuku.jp/blog/psychology_003

オルポート

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

オルポートとは、アメリカの心理学者で、人格心理学の発展に大きく貢献した人物です。1897年にインディアナ州で生まれ、ハーバード大学で心理学を学びました。卒業後はヨーロッパに留学し、ドイツの心理学者であるヴント、クレッチマー、ユングなどの研究に触れ、人格の統一性や独自性、能動性などを重視した人格理論を構築しました。

オルポートは、人格を「個人を構成する多様な側面の統合された全体」と定義しました。また、人格は「個人の固有の行動様式」であり、その人らしさの源泉であると主張しました。さらに、オルポートは、人格は生まれつきのものではなく、環境との相互作用によって形成されるものであるとしました。

オルポートの人格理論は、従来の心理学が重視していた意識よりも無意識を重視し、また、個人よりも集団を重視する傾向があったことに対抗し、個人の独自性と能動性を強調した点で画期的なものでした。オルポートの理論は、その後の人格心理学の発展に大きな影響を与えました。

オルポートの主な著書には、以下のようなものがあります。

『人格の形成』(1950年)
『個人とその宗教』(1950年)
『人格の心理学』(1937年)
オルポートは、1967年に亡くなりましたが、その人格理論は現在でも人格心理学の基礎として学ばれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88

キャッテル

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

キャッテルとは、レイモンド・バーナード・キャッテル(Raymond Bernard Cattell)のことで、イギリス生まれのアメリカ合衆国の心理学者です。1905年3月20日生まれ、1998年2月2日没。

キャッテルは、因子分析法を用いて人格の研究を行い、16の根源特性(16 Personality Factor)を発見しました。16PFは、現在でも広く使われている人格テストです。

また、知能を結晶性知能と流動性知能の2つに分け、結晶性知能は学習や経験によって発達し、流動性知能は加齢とともに低下するという仮説を立てました。

キャッテルの著書には、"The 16 Personality Factor Questionnaire"(1949年)や"Personality and Social Psychology"(1959年)などがあります。

キャッテルは、人格心理学と知能心理学に大きな貢献をしました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AB

ブルーナー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ブルーナーとは、アメリカ合衆国の心理学者、教育学者です。1915年10月1日にニューヨーク市で生まれ、2016年6月5日に同地で亡くなりました。

ブルーナーは、認知心理学と教育学の両分野で大きな影響を与えた人物です。

認知心理学において、ブルーナーは、知覚、学習、言語習得、ナラティブなどの幅広い研究を通じて、主体的な認知活動、社会や文化との相互交渉を重んじた発達・教育理論を展開しました。

教育学において、ブルーナーは、発見学習を提唱しました。発見学習とは、子どもが自ら問題を発見し、解決していく過程を通して学習する方法です。ブルーナーは、発見学習によって、子どもの主体的な学習意欲を高め、自立した人間を育成することができると考えました。

ブルーナーの代表著書には、以下のようなものがあります。

『教育の過程』(1961年)
『認知の心理学』(1966年)
『文化としての教育』(1971年)
ブルーナーの業績は、世界中の教育現場に大きな影響を与えました。日本でも、ブルーナーの教育理論は、1960年代から1970年代にかけて、教育改革に大きな影響を与えました。

https://www.google.com/search?q=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC&rlz=1C1QABZ_jaJP905JP905&oq=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC&aqs=chrome..69i57.468j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8

(心理学者の)アロン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理学におけるアロンとは、アメリカの心理学者であるアロン・アロンソン(Aronson)を指します。アロンソンはスタンフォード大学で教鞭を執り、社会心理学分野で多くの業績を残しました。彼の代表的な著書には「イノベーションと社会心理学」や「社会心理学」などがあります。

アロンソンの研究は、人々の行動や思考に影響を与える社会的要因を明らかにすることに焦点を当てています。彼は、社会的影響の概念を初めて提唱し、その影響力について研究しました。また、グループダイナミクスや対人関係の心理学についても研究を行いました。

アロンソンの研究は、社会心理学分野の基礎を築いただけでなく、私たちの日常生活にも多くの示唆を与えてくれます。彼の研究は、私たちがより良い人間関係を築いたり、より効果的にコミュニケーションをとったり、より良い意思決定をしたりするために役立つものです。

https://twcu.repo.nii.ac.jp/record/26794/files/73-1_https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8A%E3%82%8A%E6%A9%8B%E7%90%86%E8%AB%96

(心理学者の)ベッカー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アメリカの心理学者、ハワード・S・ベッカーは、1927年に生まれ、2017年に亡くなりました。彼は、社会心理学の分野で活躍し、ラベリング理論の提唱者として知られています。

ラベリング理論は、社会的な過程によって、逸脱行為が形成されるという考え方です。ベッカーは、逸脱行為は、そもそも個人の持つ性質や病気によって引き起こされるのではなく、社会から「逸脱者」とレッテルを貼られたことによって、逸脱行為を繰り返すようになると主張しました。

ベッカーのラベリング理論は、犯罪学や精神医学などの分野で広く受け入れられ、社会心理学の分野においても重要な理論として位置づけられています。

ベッカーは、1953年にシカゴ大学で博士号を取得し、その後、シカゴ大学、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校などで教鞭を執りました。彼の代表的な著作には、『アウトサイダーズ』(1963年)、『スティグマ』(1963年)などがあります。

ベッカーは、ラベリング理論の提唱者としてだけでなく、社会心理学の分野における研究者としても、大きな貢献をしました。彼の研究は、社会心理学の発展に大きな影響を与え、現代の社会心理学においても重要な理論として位置づけられています。

https://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6-%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89-S-%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC-%E4%BA%BA%E6%96%87%E3%83%BB%E6%80%9D%E6%83%B3/s?rh=n%3A492126%2Cp_27%3A%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89+S.+%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC

エドガー・ジョン・ルビン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

エドガー・ジョン・ルビン(1886年9月6日 – 1951年5月3日)は、デンマークの心理学者であり、ゲシュタルト心理学における人物と地の概念を研究した人物です。彼の最も有名な貢献は、ルビンの壺です。

ルビンは、コペンハーゲン大学で哲学と心理学を学びました。彼はその後、ゲッティンゲン大学に留学し、ゲオルグ・エリアス・ミュラーの元で研究を行いました。1915年に学位を取得した後、デンマークに戻り、コペンハーゲン大学で心理学の教授を務めました。

ルビンは、視覚知覚の研究で最もよく知られています。彼は、視覚的な知覚は、単なる刺激の集合ではなく、統一された全体として行われると主張しました。彼は、人物と地の概念を使用して、この統一された全体を説明しました。

人物と地の概念では、視覚的な場は、前景の人物と背景の地に分割されます。人物は、視聴者の注意を引き、明確に定義されています。地は、背景であり、ぼんやりと定義されています。

ルビンの壺は、人物と地の概念を示す典型的な例です。この図は、白黒の四角形の組み合わせで構成されています。これらの四角形は、人物と地のどちらとして知覚されるかによって、壺または2人の顔のように見えます。

ルビンの研究は、視覚知覚の理解に大きな影響を与えました。彼の研究は、視覚的な知覚が単なる刺激の集合ではなく、認知プロセスの複雑な結果であることを示しました。

参考URL:
エドガー・ルビン - Wikipedia

ローゼンタール

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ローゼンタール(Robert Rosenthal、1933年3月2日 - 2024年1月5日)は、ドイツ生まれのアメリカ人心理学者です。カリフォルニア大学リバーサイド校の心理学の特別教授を務めました。

彼の研究は、人間の行動に影響を与える要因として、実験者の期待や解釈が重要であることを示しました。特に、彼の共同研究である「ピグマリオン効果」は、教師の期待が生徒の学習成績に影響を与えることを明らかにし、大きな反響を呼びました。

ローゼンタールの実験は、以下の2部から構成されていました。

実験者グループ:教師に「このグループの生徒は、特別な教育プログラムによって、学習成績が著しく向上する」と伝える。
コントロールグループ:教師に何も伝えない。
その結果、実験者グループの生徒は、コントロールグループの生徒よりも学習成績が向上することがわかりました。これは、教師の期待によって生徒の学習意欲や努力が増加したためと考えられています。

ピグマリオン効果は、教育現場だけでなく、ビジネスやスポーツなど、さまざまな場面で応用されています。また、ローゼンタールの実験は、実験者の期待が研究結果に影響を与える「実験者効果」の存在を示すものとして、心理学の分野で重要な位置を占めています。

ローゼンタールは、ピグマリオン効果の発見以外にも、対人関係やコミュニケーションに関する研究を数多く行いました。また、メンタルヘルス患者の権利擁護にも力を注ぎ、トライアル分析グループを創設しました。

2024年1月5日に死去。享年91歳でした。

参考URL:
ロバート ローゼンソールとは? 意味や使い方 - コトバンク

(心理学者の)ベイトソンとは?

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理学者のベイトソンとは、グレゴリー・ベイトソン(Gregory Bateson, 1904年5月9日 - 1980年7月4日)を指します。イギリス出身の人類学者、社会科学者、言語学者、映像人類学者、サイバネティシストです。

ベイトソンは、家族療法のコミュニケーション学派の創設者であり、ダブルバインド理論を提唱したことで知られています。ダブルバインド理論とは、親から子どもに対して、矛盾するメッセージを同時に送られることで、子どもが葛藤状態に陥り、統合失調症を発症する可能性があるという理論です。

ベイトソンは、人間の精神は、生物学や文化、コミュニケーションなどのさまざまな要因が相互作用して形成されると考えました。そのため、人間の精神を理解するためには、単一の学問分野だけでは不十分であり、さまざまな学問分野を横断的に研究する必要があると考えました。

ベイトソンの思想は、心理学だけでなく、家族療法、社会学、文化人類学、言語学、システム論など、さまざまな分野に影響を与えました。

ベイトソンの主要な著書には、以下のようなものがあります。

『精神の生態学』(1972年)
『マインドと自然』(1979年)
『サイバネティックスの精神』(1972年)
以下に、ベイトソンの思想の概要をまとめます。

人間の精神は、生物学や文化、コミュニケーションなどのさまざまな要因が相互作用して形成される。
人間の精神を理解するためには、単一の学問分野だけでは不十分であり、さまざまな学問分野を横断的に研究する必要がある。
人間の精神は、システムとして捉えることができる。
人間の精神は、変化し続ける。
ベイトソンの思想は、現代の心理学においても、重要な視点を与えるものとして、広く受け入れられています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%BD%E3%83%B3

ヴェルトハイマー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ヴェルトハイマーとは、1880年4月15日にチェコのプラハで生まれ、1943年10月12日にアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューロシェルで亡くなった心理学者です。ゲシュタルト心理学の創始者の一人であり、知覚心理学、問題解決心理学、教育心理学などに多大な影響を与えました。

ヴェルトハイマーは、ウィーンからラインラントに向かう汽車の中で、2つの点灯する電球が交互に点滅する様子を見て、仮現運動を発見しました。仮現運動とは、2つの物体が静止しているにもかかわらず、それらが動き回って見える現象です。ヴェルトハイマーは、この仮現運動現象を研究することで、知覚は単なる要素の集合ではなく、全体として統合されたものであるというゲシュタルト心理学の基本的な考え方を打ち立てました。

ヴェルトハイマーは、ゲシュタルト心理学を推進するために、ヴォルフガング・ケーラー、クルト・コフカとともに「ゲシュタルト心理学誌」を創刊し、多くの論文を発表しました。また、ゲシュタルト心理学の考え方を教育に応用し、問題解決の学習や創造性の育成に貢献しました。

ヴェルトハイマーの主な著書は、以下のとおりです。

「運動視に関する実験的研究」
「ゲシュタルト心理学」
「思考の法則」
ヴェルトハイマーは、ゲシュタルト心理学の創始者として、心理学に大きな足跡を残した人物です。彼の考え方は、現代の心理学にも大きな影響を与え続けています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC

(心理学者の)ザイアンス

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ロバート・ザイアンスは、1923年11月23日にポーランドのウッチで生まれ、2008年12月3日にアメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルトで亡くなった社会心理学者です。彼は、社会的促進、単純接触効果、熟知の原則など、多くの心理学的な概念を提唱した人物として知られています。

ザイアンスは、1940年にワルシャワ大学を卒業し、1946年にアメリカに移住しました。1950年にコロンビア大学で博士号を取得し、その後はオハイオ州立大学、ミシガン大学、カリフォルニア大学バークレー校などで教鞭をとりました。

ザイアンスが提唱した「単純接触効果」とは、ある対象と接触する機会が増えるほど、その対象に対する好意や評価が高まるという心理学的な現象です。この効果は、人だけでなく、物やサービスにも適用されます。例えば、初めての食べ物は味がわからないかもしれませんが、何度か食べることでおいしく感じるようになることがあります。また、新しい製品は最初は違和感があるかもしれませんが、使い続けることで慣れて好感を持つようになることがあります。

ザイアンスの研究は、マーケティングや広告、コミュニケーションなど、さまざまな分野で応用されています。例えば、マーケティングでは、商品やサービスを繰り返し宣伝することで、消費者の購買意欲を高める効果があります。また、広告では、ポジティブなイメージを繰り返し提示することで、消費者に好感を持ってもらう効果があります。さらに、コミュニケーションでは、相手に好意を持ってもらうために、接触回数を増やしたり、共通の話題を探したりするなどの方法が有効です。

ザイアンスは、社会心理学の分野に多大な貢献をした人物であり、彼の研究は現代でも多くの人々に影響を与えています。

https://www.kcsf.co.jp/contact/zajonc.html

モスコヴィッシ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

セルジュ・モスコヴィッシは、1925年6月14日にルーマニアのブライラに生まれ、2014年11月15日にフランスのパリで亡くなった社会心理学者です。彼は、社会的表象の概念を開発したことで最もよく知られています。社会的表象とは、ある集団の人々が共有する、ある対象や現象に対する認知的、感情的、行動的な表象です。

モスコヴィッシは、社会的表象は、個人の認知や行動に大きな影響を与えると考えました。彼は、社会的表象が形成されるプロセスを研究し、社会的表象がどのように伝播し、社会に影響を与えるかを明らかにしました。

モスコヴィッシの研究は、社会心理学、コミュニケーション学、政治学、マーケティングなどの分野に大きな影響を与えました。彼は、社会的表象の概念を、社会現象を理解するための重要な枠組みとして確立しました。

モスコヴィッシの主要な著作には、以下のようなものがあります。

"The Social Representation of Psychoanalysis" (1961)
"Social Influence and Social Change" (1976)
"Social Representations" (2000)
モスコヴィッシは、1981年にフランス学士院の会員に選出され、2001年にレジオンドヌール勲章を受章しました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7

ヴィゴツキー

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ヴィゴツキー(Lev Vygotsky)は、1896年11月17日にベラルーシのオルシャで生まれ、1934年6月11日にソビエト連邦のモスクワで亡くなった、ロシアの心理学者です。

ヴィゴツキーは、人間の発達は他者との社会的な相互作用によってなされると考え、発達の最近接領域という概念を唱えました。発達の最近接領域とは、自力では難しいが、誰かのサポートがあればできることの領域を指します。

ヴィゴツキーは、子どもの学習においても、発達の最近接領域に取り組むことが重要であると主張しました。子どもが自力でできることばかりに取り組んでいるだけでは、成長や発達は望めず、誰かのサポートを受けて、自分の発達の限界を超えて学ぶことが大切であると考えています。

ヴィゴツキーの理論は、教育学や言語学、障害学など、さまざまな分野に影響を与えています。

ヴィゴツキーの主な業績は、以下のとおりです。

発達の最近接領域の概念提唱
内言の概念提唱
文化的歴史的発達理論の構築
ヴィゴツキーの理論は、子どもの学習や発達を理解する上で、重要な視点を提供するものです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B4%E3%83%84%E3%82%AD%E3%83%BC

ラタネ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ラタネは、アメリカの心理学者です。1936年生まれ。1968年、ジョン・ダーリーと共に、1964年に起きたキティ・ジェノヴィーズ事件を題材にした実験を行い、傍観者効果を明らかにしたことで知られています。

ラタネは、ニューヨーク大学を卒業後、カリフォルニア大学バークレー校で心理学博士号を取得しました。その後、ニューヨーク大学で教鞭をとり、1974年から1980年まで心理学部長を務めました。1980年から1984年まで、カリフォルニア大学サンディエゴ校で教授を務めた後、1984年から2006年まで、スタンフォード大学で教授を務めました。

ラタネは、傍観者効果以外にも、集団心理や社会心理学に関する研究で多くの業績を残しています。彼の研究は、犯罪心理学や社会心理学の発展に大きく貢献しました。

傍観者効果

傍観者効果とは、他者が危険な状況に陥っていても、周囲に多くの人がいると援助行動が抑制されてしまう現象です。ラタネとダーリーの実験では、学生が2人、3人、6人のグループに分かれて、グループ討議を行わせました。その最中に、1人が発作を起こす演技をしたところ、1人あたりの援助行動の確率は、2人グループで85%、3人グループで62%、6人グループで38%と、グループ人数が多いほど援助行動の確率が低くなることが示されました。

傍観者効果が生じる原因としては、以下の3つが挙げられます。

責任の分散:他者がいることで、責任が分散され、1人ひとりの責任が軽減されると考えてしまう。
聴衆抑制:他者に見られていると感じることで、行動が抑制される。
多元的無知:他者が行動しないことで、事態が緊急性がないと考えてしまう。
ラタネの業績

傍観者効果の研究
集団心理や社会心理学に関する研究
犯罪心理学や社会心理学の発展への貢献
ラタネの研究は、多くの人々に社会心理学の重要性を認識させ、社会心理学の発展に大きく貢献しました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%8D%E8%A6%B3%E8%80%85%E5%8A%B9%E6%9E%9C

(心理学者の)ハーロウ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ハリー・フレデリック・ハーロウは、アメリカの心理学者です。1905年、アメリカのアイオワ州フェアフィールドに生まれました。スタンフォード大学で心理学を学び、1930年に博士号を取得しました。

ハーロウは、愛着理論の研究で知られています。彼は、アカゲザルを用いた実験で、母親から隔離されたアカゲザルの子どもは、精神的な異常を示すことを明らかにしました。この実験から、愛着形成には、母親からの愛情やスキンシップが重要であることが示されました。

ハーロウは、愛着理論の研究以外にも、学習理論や認知心理学の分野でも活躍しました。彼は、学習の法則や、人間の認知の仕組みを明らかにする研究を行いました。

ハーロウの実験は、倫理的な問題から批判されることもありました。しかし、彼の研究は、愛着理論の発展に大きく貢献し、心理学の歴史に大きな影響を与えました。

ハーロウの代表的な実験として、以下のようなものがあります。

代理母実験:アカゲザルの赤ちゃんを母親から隔離し、針金製の代理母と布製の代理母のどちらを選ぶかを観察した。結果、アカゲザルの赤ちゃんは、布製の代理母を好んだ。
隔離実験:アカゲザルの赤ちゃんを母親から隔離し、社会的な経験を一切与えない環境で育てた。結果、アカゲザルの赤ちゃんは、精神的な異常を示すようになった。
ハーロウは、1981年、アリゾナ州ツーソンで亡くなりました。享年76歳でした。

https://a-m-zyozo.hatenablog.com/entry/2020/05/31/203930

(心理学者の)ギルフォード

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ギルフォードとは、アメリカの心理学者であるジョイ・ポール・ギルフォード(Joy Paul Guilford、1897年3月7日 - 1987年11月26日)のことで、知能構造論を提唱した人物です。

ギルフォードは、従来の知能論が知能を単一の能力として捉えていることに疑問を持ち、知能は多面的なものであると主張しました。その結果、1956年に「知能構造(Structure of Intellect:SI)」モデルを発表しました。

SIモデルは、知能を「作業(operation)」「内容(content)」「生成(product)」という3つの次元から構成されるものとして捉えています。

作業(operation):知能の働き方。認知、記憶、収束的思考、拡散的思考、評価の5つに分類される。
内容(content):知能が扱う情報。図形、記号、言語、行動の4つに分類される。
生成(product):知能が作り出すもの。定義、関係、類型、系統、変換、操作、発見の7つに分類される。
SIモデルは、従来の知能論が取りこぼしてきた、創造性や発想力などの能力を評価することに貢献しました。また、知能を多面的に捉える視点は、教育や職業など、さまざまな分野で応用されています。

ギルフォードは、知能構造論の研究に加えて、創造性研究や人格研究などにも大きな貢献をしました。彼の研究は、心理学の分野に大きな影響を与え、現代の知能論にも大きな影響を与え続けています。

https://s-counseling.com/joy-paul-guilford/

バンデューラ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アルバート・バンデューラは、自己効力感や社会的学習理論で知られるカナダ人心理学者です。1925年12月4日にカナダのマンデアで生まれ、2021年7月26日にアメリカ合衆国カリフォルニア州スタンフォードで亡くなりました。

バンデューラは、1952年にアイオワ大学で博士号を取得後、スタンフォード大学の心理学教授を長く務めました。1974年には、アメリカ心理学会会長も務めました。

バンデューラの代表的な業績としては、社会的学習理論の提唱が挙げられます。社会的学習理論は、他者の行動を観察・模倣することで、新しい行動を学習するプロセスを説明する理論です。バンデューラは、ボボ人形実験などの研究を通じて、社会的学習理論の存在を明らかにしました。

また、バンデューラは、自己効力感の概念を提唱したことでも知られています。自己効力感とは、「自分は問題を解決できるだろう」という自信のことです。バンデューラは、自己効力感が高い人は、困難な課題にも積極的に取り組む傾向にあることを示しました。

バンデューラの研究は、教育、心理療法、スポーツ、マーケティングなど、さまざまな分野で応用されています。彼は、20世紀を代表する心理学者の一人として、現代社会に大きな影響を与えました。

バンデューラの業績を簡単にまとめると、以下のようになります。

社会的学習理論の提唱
自己効力感の概念の提唱
教育、心理療法、スポーツ、マーケティングなどへの応用
バンデューラの業績は、現代社会に大きな影響を与えています。彼の研究は、私たちの行動や心理を理解する上で、欠かせないものです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A9

スピアマン

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

チャールズ・エドワード・スピアマン(Charles Edward Spearman、1863年9月10日 – 1945年9月7日)はイギリスの心理学者。

スピアマンは、イギリス陸軍の将校としてビルマ戦争やブーア戦争に従軍した後、心理学に転じ、ドイツでW・ブントらに学び、ロンドン大学教授となった。

彼の功績は、ピアソンによって創始された因子分析法を発展させたことと、知能の二因子説を唱道したことである。

知能の二因子説とは、知能は一般知能(g因子)と特殊知能(s因子)の2つの因子から構成されているという説である。g因子とは、あらゆる知的活動に共通する基本的な能力であり、s因子とは、特定の分野に特化した能力である。

スピアマンの知能の二因子説は、その後の知能研究に大きな影響を与え、現在でも知能テストの開発や教育・人材育成の分野で広く用いられている。

スピアマンは、他の業績として、順位相関やスピアマン=ブラウンの公式、指標相関係数などの統計的手法の開発にも貢献している。

スピアマンは、知能研究の分野で最も影響力のある人物の一人であり、彼の業績は現代心理学にも大きな影響を与え続けている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E9%A0%86%E4%BD%8D%E7%9B%B8%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%95%B0

(心理学者の)ベック

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アーロン・テムキン・ベックは、アメリカの精神科医、心理学者であり、認知療法の創始者として知られています。

1921年にニューヨーク州ニューヨーク市で生まれ、イェール大学で学び、ペンシルベニア大学医学部を卒業しました。その後、ペンシルベニア大学で精神科医として臨床と研究に従事し、1954年にベック研究所を設立しました。

ベックは、うつ病の認知療法の開発に大きく貢献しました。彼は、うつ病患者は、自分の考え方が歪んでおり、それが気分の落ち込みや行動の変化を引き起こしていると主張しました。そして、認知療法によって、患者の歪んだ考え方を修正することで、うつ病を改善することができると考えました。

ベックは、認知療法をうつ病以外の精神疾患にも応用し、その有効性を証明しました。また、認知療法の理論を体系化し、多くの著書を出版しました。

ベックは、2021年11月1日に亡くなりましたが、彼の功績は認知療法の分野に大きな影響を与え、世界中の多くの人々の精神的な健康に貢献しています。

主な業績は、以下のとおりです。

うつ病の認知療法の開発
認知療法の体系化
認知療法の有効性の証明
主な著書は、以下のとおりです。

「抑うつの認知理論」(1976年)
「認知療法」(1979年)
「認知療法の技法」(1985年)
「認知療法の応用」(1996年)
ベックは、認知療法の分野において、最も影響力のある人物の一人と言えるでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF