クロージング効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

クロージング効果とは?

クロージング効果(Closing Effect)とは、ある情報や出来事が終わりに近づくにつれて、その情報や出来事が特別に印象に残りやすくなる心理現象のことを指します。

クロージング効果は、人間の認知的なプロセスに基づくもので、情報を処理するために脳が情報を整理し、重要な情報を記憶に定着させるために起こります。終盤に差し掛かると、人は情報を整理しやすくなり、記憶の優先順位が高まるため、クロージング効果が現れます。

例えば、テレビ番組や映画などで、結末が近づくにつれて、その結末が印象に残りやすくなることがあります。また、商品の販売においても、セールスマンが商品を説明する最後の部分で、特別なオファーや割引を提示することで、購買意欲を高めることができます。

クロージング効果を利用するためには、情報を整理し、終わりに近づくにつれて、強調したい情報を提示することが重要です。また、情報の整理がうまくいかない場合は、要約やまとめを行うことで、クロージング効果を促進することができます。

https://mdpr.jp/column/detail/2840477

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です