誤前提暗示

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

誤前提暗示とは、まだ決定していない物事に対して相手に物事を実行させるように判断させることです。具体的には、相手に誤った前提を与えて、その前提に基づいて選択肢を限定することで、意図した選択を相手に選ばせる心理テクニックです。

例えば、以下のような例が挙げられます。

ファーストフード店でハンバーガーだけを買うつもりだった人が、店員から「コーラはいかがですか?」と聞かれると、コーラも買ってしまう
友達に「映画に行かない?」と誘われると、まだ行きたいかどうか決めていないのに、映画館の予約をしてしまう
営業マンに「この商品は他社と比べて10%安くなっています」と説明されると、他社の商品を調べることなく、その商品を買ってしまう
誤前提暗示は、相手に選択肢を限定することで、判断を誘導することができます。そのため、営業やマーケティングなどの場面で活用されることが多くあります。

誤前提暗示を使う際には、以下のような点に注意が必要です。

誤った前提を与えないように注意する
相手が納得できるような選択肢を用意する
相手に無理強いをしない
誤前提暗示は、相手を説得したり、意図した行動をさせたりする効果的な手段ですが、使い方を誤ると、相手に不快感を与えたり、トラブルを招いたりする可能性があります。

https://www.ain.or.jp/blog/mind/two-options/