エリク・H・エリクソン

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

エリク・H・エリクソンは、20世紀の最も影響力のある発達心理学者の一人であり、精神分析医でした。彼は「アイデンティティ」の概念を有名にし、エリクソンの心理社会的発達理論を開発しました。

エリクソンは1902年にドイツで生まれました。彼はユダヤ系のデンマーク人の両親に生まれましたが、父親はエリクソンが生まれる前に亡くなっていました。エリクソンは、母親と継父に育てられました。

エリクソンは幼い頃から芸術に興味があり、美術学校に通いました。しかし、彼は最終的に精神分析に興味を持ち、ウィーン精神分析研究所で教育分析を受けました。

エリクソンは1933年にナチスの迫害から逃れるためにアメリカに移住しました。彼はボストンで児童分析医を開業し、その後ハーバード大学とイェール大学で教鞭をとりました。

エリクソンの心理社会的発達理論は、人間の発達を8つの段階に分類しています。各段階には、特定の課題があり、その課題を成功裏に克服することで、個人は適応的な性格特性を獲得します。

エリクソンの理論は、発達心理学、精神療法、教育、社会学など、さまざまな分野で広く影響を与えています。

エリクソンの理論の最も重要な概念の1つは「アイデンティティ」です。アイデンティティとは、個人が自分自身について持つ感覚であり、自分自身の価値、目標、役割、信念などの全体的なイメージです。

エリクソンは、アイデンティティは青年期に形成されると考えました。この時期、個人は自分の将来の役割と人生の目的について考え始めます。アイデンティティを形成する過程は、しばしば混乱と葛藤を伴います。しかし、アイデンティティを成功裏に形成することは、健康的な成人期にとって重要です。

エリクソンの理論は、人間の発達をより包括的かつ複雑に理解する上で重要な貢献をしました。彼の理論は、私たちの自分自身と他者についての理解を深め、私たちがより健康的な生活を送る方法を学ぶのに役立ちます。

参考URL:
エリク・H・エリクソン - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5