ジークムント・フロイト

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ジークムント・フロイトは、オーストリアの心理学者、精神科医であり、精神分析学の創始者として知られています。

1856年5月6日にオーストリア帝国領のモラヴィア(現在のチェコ共和国)で生まれ、1881年にウィーン大学で医学の学位を取得しました。その後、ウィーン総合病院で神経病理学の研究を行い、1885年にはパリに留学してシャルコーのもとでヒステリー患者の治療を学びました。

1891年にウィーンに戻り、神経症の治療に取り組む中で、無意識の存在や、精神のエネルギーであるリビドーの概念を唱えました。また、自由連想法や解釈を重視する精神分析療法を開発し、神経症の治療に大きな成果を上げました。

フロイトの理論は、人間の心理を理解する上で画期的なものであり、心理学や精神医学の分野に大きな影響を与えました。また、文学、映画、芸術など、さまざまな分野にも影響を与えています。

フロイトの主な理論には、以下のようなものがあります。

  • 無意識の存在
    フロイトは、人間の精神には意識の部分と無意識の部分があり、無意識の部分には意識化できない欲求や衝動が存在すると主張しました。

  • リビドーの概念
    フロイトは、精神のエネルギーであるリビドーを、生殖器に由来する性衝動であると定義しました。リビドーは、生涯を通じて発達し、その発達の過程を心理性的発達理論として説明しています。

  • 幼児性欲
    フロイトは、幼児期にも性的な欲求や衝動が存在すると主張し、その欲求や衝動を幼児性欲と呼びました。幼児性欲は、生涯を通じて発達し、その発達の過程が心理性的発達理論の基礎となっています。

フロイトの理論は、その革新性と影響の大きさから、20世紀の思想に大きな影響を与えた人物の一人として知られています。しかし、一方で、その理論は性的な内容を多く含むため、批判も少なくありません。

参考URL:
ジークムント・フロイト - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5