フォールスメモリ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フォールスメモリとは、実際には起きなかったことを、起きたと信じ込むことです。日本語では「虚偽記憶」とも訳されます。

フォールスメモリは、さまざまな要因によって発生する可能性があります。例えば、以下のようなものが挙げられます。

間違った情報を繰り返し聞かされる
誘導的な質問をされる
強い感情を伴う出来事
幼い頃の出来事
フォールスメモリは、目撃者証言や被害者の証言など、司法の場面で大きな問題となります。また、心理療法においても、フォールスメモリを作り出すことが懸念されています。

フォールスメモリを防ぐためには、以下のようなことに注意が必要です。

情報は複数のソースから収集する
誘導的な質問を避ける
感情を落ち着かせて記憶を思い出す
過去の出来事を客観的に捉える
フォールスメモリは、誰にでも起こり得る現象です。自分の記憶を振り返るときは、注意深く検証することが大切です。

https://coach-minoru.com/false-memory/