クルト・レヴィン

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

クルト・レヴィンは、ドイツ出身の心理学者です。 専門は社会心理学、産業・組織心理学、応用心理学。 ドイツ領だったポーゼン州モギルノ出身でユダヤ系。 「ツァイガルニク効果」の研究や「境界人」の概念の提唱で知られています。

レヴィンは、ゲシュタルト心理学を社会心理学に応用し、トポロジー心理学を提唱しました。 ベルリン大学の哲学と心理学の教授を務めていたが、ナチ党の権力掌握で、ユダヤ人の学者は大学から追放された。 海外に出ていた彼は、1933年8月にアメリカに亡命し、1940年にアメリカの市民権を取得した。

レヴィンは、社会心理学における実験的研究の第一人者として知られています。 彼の研究は、人間の行動が個人的な要因と社会的要因の両方によってどのように影響を受けるかを理解するのに役立ちました。

レヴィンの最も有名な研究は、ツァイガルニク効果に関するものです。 ツァイガルニク効果とは、完了していないタスクの方が、完了したタスクよりも記憶に残りやすいという現象です。 レヴィンは、この効果は、タスクが完了していないことで、未完了感が残り、それが記憶を促進すると考えました。

レヴィンはまた、リーダーシップとグループダイナミクスに関する研究も行いました。 彼は、グループのリーダーシップスタイルは、グループのパフォーマンスに大きな影響を与えると主張しました。 彼はまた、グループ内の対立は、グループの変化と成長に不可欠な要素であると主張しました。

レヴィンの研究は、心理学、教育、経営学などのさまざまな分野に大きな影響を与えました。 彼は、現代社会心理学の基礎を築いた人物として、広く認められています。

参考URL:
クルト・レヴィン - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5