心理」タグアーカイブ

ゲシュタルト心理学とは、ドイツ語で「形態」を意味する「ゲシュタルト」という言葉から名付けられた心理学の学派

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ゲシュタルト心理学とは、ドイツ語で「形態」を意味する「ゲシュタルト」という言葉から名付けられた心理学の学派です。人間の精神を、部分や要素の集合ではなく、全体性や構造に重点を置いて捉えるという考え方を基にしています。

ゲシュタルト心理学は、20世紀初頭にドイツの心理学者であるマックス・ヴェルトハイマー、ヴォルフガング・コフカ、クルト・コフカらによって提唱されました。当時、心理学の主流であった要素主義心理学は、人間の精神を、さまざまな感覚や知覚の要素の集合として捉えていました。これに対して、ゲシュタルト心理学は、人間の精神は単なる要素の集合ではなく、それら要素が統合された全体として捉えられるべきであると主張しました。

ゲシュタルト心理学は、以下の3つの基本法則によって説明されています。

  • 近接の法則:近接した要素は、まとまりのある形態として認識される。
  • 類似性の法則:類似した要素は、まとまりのある形態として認識される。
  • 閉合性の法則:閉じた形は、開いた形よりもまとまりのある形態として認識される。

これらの法則は、日常生活においてもさまざまな場面で確認することができます。例えば、点の集合が3つ以上になると、三角形などの形として認識されるという「近接の法則」や、赤い円と青い円が並んでいると、赤と青の2つのグループとして認識されるという「類似性の法則」などです。

ゲシュタルト心理学は、心理学のさまざまな分野で応用されています。例えば、認知心理学では、知覚や記憶、思考などの認知過程を理解するために、ゲシュタルト心理学の考え方が活用されています。また、デザインや芸術などの分野でも、ゲシュタルト心理学の考え方が活用されています。

ゲシュタルト心理学は、人間の精神を理解する上で重要な概念です。その考え方は、私たちの日常生活や仕事においても、さまざまな場面で応用することができます。

参考URL:
ゲシュタルト心理学 - Wikipedia

心理リアクタンス

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理リアクタンスとは?

心理リアクタンス(Psychological Reactance)は、心理学における概念であり、人々が他者からの制約や制限を受けると、自己の自由や選択の感覚が脅かされることに対して生じる心理的な反応を指します。

心理リアクタンスは、個人が自己決定権を持ち、自由に選択を行うことを重視するという心理的ニーズに基づいています。他者や社会からの制約や制限が課されると、個人はその制約に対して反発し、自己の選択肢を取り戻そうとする傾向があります。

心理リアクタンスは、例えば広告や政府の規制、社会的な圧力など、さまざまな状況で現れることがあります。具体的な例としては、禁止された行動や意見に対してより強く執着したり、禁煙キャンペーンに反応してたばこを吸いたくなったりすることが挙げられます。

心理リアクタンスは、人々が自己決定や自由を重視する心理的なニーズを持っていることを示しています。そのため、制約や制限を課す際には、人々の反発を避けるために注意が必要です。

https://www.kigyou-keiei.jp/column/2021/08/05_149459.html

アドラー心理学の認知論は、人間の認知は、主観的な意味づけを通してしか物事を把握できないという考え方

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アドラー心理学の認知論は、人間の認知は、主観的な意味づけを通してしか物事を把握できないという考え方です。

アドラーは、人間は、生まれながらに特定の性格や能力を持っているのではなく、自分の人生の目的や目標に向かって、自ら行動を選択していく存在であると捉えました。そのため、人間の認知は、その人の目的や目標によって大きく影響を受けると考えたのです。

アドラーの認知論の特徴は、以下のとおりです。

  • 個人差を重視する:人間の認知は、その人の主観的な意味づけによって決まるため、個人差が大きいと考えられます。
  • 目的論的である:人間の認知は、その人の目的や目標によって影響を受けるため、目的論的であると考えられます。
  • 社会性がある:人間は、社会的な存在であるため、認知も社会的な影響を受けると考えられます。

アドラーの認知論は、心理療法において、以下のことに活用されています。

  • クライアントの認知の歪みを修正する:クライアントの認知の歪みを修正することで、心理的疾患の治療や、自己実現の実現を図ることができます。
  • クライアントの自己理解を深める:クライアントの認知の特徴を理解することで、自己理解を深め、より主体的な人生を歩むことを支援することができます。

アドラー心理学の認知論は、人間の認知を理解するために重要な理論であり、心理療法だけでなく、教育やビジネスなど、さまざまな分野で活用されています。

具体的には、アドラー心理学の認知論に基づいた心理療法として、以下のようなものが挙げられます。

  • 勇気づけ:クライアントの強みや可能性を認め、その人らしく生きるための勇気を与える
  • 目的論的心理学:クライアントの目的や目標を明らかにし、その実現に向けて支援する
  • ライフスタイル分析:クライアントのライフスタイルを理解し、その人の人生の目的や目標を明らかにする

これらの心理療法は、クライアントの認知の歪みを修正し、自己理解を深めることで、より主体的な人生を歩むことを支援することを目的としています。

参考URL:
【アドラー心理学】認知論とは?わかりやすく解説 | カジドク|家事と読書

集団心理とは、集団にいるときに人々が経験する思考、感情、行動の変化

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

集団心理とは、集団にいるときに人々が経験する思考、感情、行動の変化です。集団心理は、集団が一時的または永続的であるかどうかに関係なく、あらゆる規模の集団に影響を与える可能性があります。

集団心理には多くの要因が関与しています。最も重要な要因の 1 つは、匿名性の感覚です。集団にいるとき、人々は自分のアイデンティティが失われると感じることがあります。これにより、通常とは異なる行動をとることがあります。

集団心理のもう 1 つの重要な要因は、社会的証明の概念です。人々は、集団内の他の人が何をしているかを判断し、それに倣う傾向があります。これは、危険または破壊的な行動につながる可能性があります。

集団心理は、良い方向にも悪い方向にも働く可能性があります。たとえば、集団心理は、人々が他の人を助けるように動機付けるために使用できます。また、暴動や暴力を引き起こすためにも使用できます。

集団心理の影響を認識しておくことが重要です。集団にいるときは、通常とは異なる行動をとる可能性が高くなります。集団の判断に疑問を感じたら、一歩下がって行動を再考することが重要です。

参考URL:
集団心理とは? 意味と具体例を心理学で解説|「マイナビウーマン」

神経心理学は、脳と人間の行動と精神過程の関係を研究する学問分野

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

神経心理学は、脳と人間の行動と精神過程の関係を研究する学問分野です。神経心理学者には、心理学者、神経科学者、医師など、さまざまなバックグラウンドを持つ人がいます。認知、言語、記憶、感情。

神経心理学者は、さまざまな方法を使用して研究を行います。これらには、脳損傷患者、脳画像研究、および動物研究が含まれます。

神経心理学研究は、人間の脳の機能に関する私たちの理解に大きな影響を与えてきました。この研究は、脳卒中、外傷性脳損傷、アルツハイマー病などの神経疾患の新しい治療法の開発にも役立っています。

神経心理学の重要なトピックには次のようなものがあります。

  • 脳の構造と機能: 神経心理学者脳のさまざまな部分がどのように機能し、どのように相互作用するかを研究します。
  • 認知神経科学: 神経心理学者脳がどのように認知プロセスを媒介するかを研究します。これらには、注意、記憶、言語、思考などがあります。
  • 臨床神経心理学: 神経心理学者神経疾患を持つ人々を評価し、治療します。
  • 発達神経心理学: 神経心理学者脳の発達と、それがどのように行動と精神過程に影響するかを研究します。

神経心理学は、人間の脳を理解するための魅力的で成長している分野です。この研究は、私たち自身の心と他人の心をよりよく理解するのに役立ちます。

参考URL:
神経心理学とは | 文部科学省後援こころ検定、心理カウンセラーなら通信講座のTERADA医療福祉カレッジ

心理機能とは、人間の認知や行動の基礎となる、情報処理のパターンのこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理機能とは、人間の認知や行動の基礎となる、情報処理のパターンのことです。心理学では、心理機能を以下の4つのカテゴリーに分類しています。

  • 知覚機能
    外界からの情報を取り込む機能です。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感によって、外界の情報を取り込みます。

  • 思考機能
    情報を処理し、理解する機能です。思考には、論理的な思考(Te)、直感的な思考(Ni)、現実的な思考(Se)、内省的な思考(Si)の4つのタイプがあります。

  • 感情機能
    情報を評価し、感情を感じる機能です。感情には、主観的な感情(Fi)、客観的な感情(Fe)の2つのタイプがあります。

  • 価値機能
    目標や価値観を形成する機能です。価値観には、社会的な価値観(Te)、内的な価値観(Fi)の2つのタイプがあります。

心理機能は、人間の個性と関係があると考えられており、それぞれの心理機能のタイプによって、人間の行動や思考が異なると考えられています。

心理機能の研究は、カール・グスタフ・ユングによって発展してきました。ユングは、人間の心理機能を以下の8つのタイプに分類しました。

  • 外向的思考(Te):客観的な事実や論理に基づいて判断する
  • 内向的思考(Ti):自分の思考や理論に基づいて判断する
  • 外向的感覚(Se):現実の状況や感覚に基づいて判断する
  • 内向的感覚(Si):過去の経験や記憶に基づいて判断する
  • 外向的な感情(Fe):他者の感情や価値観を重視する
  • 内向的な感情(Fi):自分の感情や価値観を重視する
  • 外向的な直観(Ne):新しい可能性や未来を重視する
  • 内向的な直観(Ni):潜在的な意味やパターンを重視する

ユングの心理機能論は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)などの性格診断にも用いられています。

参考URL:
【心理機能って結局なに?】〜MBTI・16タイプの本質にせまる〜|Brain-Psycho-Lab【16タイプ性格×脳科学】

生理心理学とは、人間の心理学的な現象と生理学的な活動との関係を科学的に解明する心理学の一分野

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

生理心理学とは、人間の心理学的な現象と生理学的な活動との関係を科学的に解明する心理学の一分野です。

具体的には、人間の心理状態や行動が、心拍数や血圧、体温、脳波、筋電図などの生理指標にどのように反映されるかを研究します。

例えば、恐怖を感じると心拍数や血圧が上昇したり、緊張すると筋肉が緊張したりするのは、生理心理学でよく知られている事実です。

生理心理学は、心理学と生理学の両方の知見を活かして、人間の心と体の関係をより深く理解することを目的としています。

生理心理学の研究分野は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 情動生理学:恐怖、怒り、喜びなどの情動と生理指標の関係を研究する分野
  • 認知生理学:注意、記憶、学習などの認知機能と生理指標の関係を研究する分野
  • パーソナリティ生理学:性格や気質と生理指標の関係を研究する分野

生理心理学の研究成果は、心理学や医学の分野で幅広く応用されています。

例えば、心理療法や薬物療法の有効性を検証するために、生理心理学の研究成果が用いられています。また、睡眠障害やうつ病などの精神疾患の診断や治療にも生理心理学の研究成果が活用されています。

今後も、生理心理学の研究は、人間の心と体の関係をより深く理解し、心の健康を維持・増進するための新たな方法を開発するために、重要な役割を果たしていくでしょう。

参考URL:
生理心理学とは | 文部科学省後援こころ検定、心理カウンセラーなら通信講座のTERADA医療福祉カレッジ

差異心理学とは、個人間の心理的差異を研究する心理学の分野

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

差異心理学とは、個人間の心理的差異を研究する心理学の分野です。個人差とは、人間の性格、知能、能力、態度、価値観などの違いのことです。差異心理学では、これらの個人差の原因や性質、影響などを明らかにすることを目指しています。

差異心理学の研究対象は、個人差の要因や性質、影響など多岐にわたります。個人差の要因としては、遺伝、環境、両者の相互作用などが考えられます。個人差の性質としては、その分布や相関関係などが研究されます。個人差の影響としては、学業成績、職業選択、人間関係など、さまざまな側面での違いが明らかにされています。

差異心理学は、心理学の基礎的な分野として、広い分野で応用されています。例えば、教育心理学では、個人差を踏まえた教育方法の開発に役立てられています。また、産業心理学では、個人差を踏まえた人材配置や評価に役立てられています。

差異心理学の研究成果は、私たちの生活のさまざまな場面で役立てられています。例えば、個人の能力や適性を見極めるためのテストや評価方法の開発に役立てられています。また、個人差を踏まえた教育や就労支援にも役立てられています。

差異心理学は、今後もさらなる発展が期待されています。遺伝学や脳科学の発展により、個人差の要因や性質に関する理解が深まることが期待されます。また、多様性がますます重要視される社会において、個人差を尊重し、その多様性を活かすための社会づくりに貢献することが期待されています。

差異心理学の研究対象を、大きく分けて以下の3つに分けることができます。

個人差の要因

個人差の要因としては、遺伝、環境、両者の相互作用などが考えられます。

個人差の性質

個人差の性質としては、その分布や相関関係などが研究されます。

個人差の影響

個人差の影響としては、学業成績、職業選択、人間関係など、さまざまな側面での違いが明らかにされています。

差異心理学の研究成果は、私たちの生活のさまざまな場面で役立てられています。例えば、個人の能力や適性を見極めるためのテストや評価方法の開発に役立てられています。また、個人差を踏まえた教育や就労支援にも役立てられています。

参考URL:
差異心理学(さいしんりがく)とは? 意味や使い方 - コトバンク

生涯発達心理学とは、人間の受胎・誕生から老年までの生涯のライフ・コースを通じて、どのような恒常的な心理的特性が存在するか、どのような量的変化や質的変化を生ずる心理的特性が作用しているかなどを研究する学問

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

生涯発達心理学とは、人間の受胎・誕生から老年までの生涯のライフ・コースを通じて、どのような恒常的な心理的特性が存在するか、どのような量的変化や質的変化を生ずる心理的特性が作用しているかなどを研究する学問です。

従来の発達心理学が主に幼児期から青年期に至るまでの上昇的変化を対象にし、発達段階の特徴やその移行の過程を捉えてきたのに対して、生涯発達心理学は全生涯的な発達の中で見直していくというメタ方法論的な側面を含むものとなっています。

生涯発達心理学の研究対象は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

個人の心理特性

人間の知能、性格、感情、動機、価値観など、個人の心理特性は、生涯を通してどのように変化していくのかを研究します。

ライフ・イベントの影響

結婚、出産、子育て、退職など、人生の中で起こるさまざまなライフ・イベントが、個人の心理特性にどのような影響を与えるのかを研究します。

社会・文化の影響

社会や文化は、個人の発達に大きな影響を与えます。生涯発達心理学は、社会・文化が個人の発達にどのように影響を与えるのかを研究します。

生涯発達心理学は、教育、福祉、医療、ビジネスなど、さまざまな分野で応用されています。例えば、教育分野では、生涯発達心理学の知見を活用して、子どもから高齢者まで、一人ひとりの能力や興味に合わせて、最適な教育を提供することが可能になります。福祉分野では、生涯発達心理学の知見を活用して、高齢者や障害者の生活を支援することが可能になります。医療分野では、生涯発達心理学の知見を活用して、病気や障害の影響を受けた個人の心理的な問題を解決することが可能になります。ビジネス分野では、生涯発達心理学の知見を活用して、従業員のモチベーションや生産性を向上させることが可能になります。

生涯発達心理学は、人間の一生を通してどのように発達していくのかを研究する学問です。近年、高齢化社会の進展やライフスタイルの多様化などにより、生涯発達心理学への関心が高まっています。

参考URL:
生涯発達心理学 | 時事用語事典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス

発達心理学とは、人の加齢に伴う発達的変化を研究する心理学の一分野

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

発達心理学とは、人の加齢に伴う発達的変化を研究する心理学の一分野です。研究領域は、各発達段階での心的、社会的、身体的な発達とそのための条件、また発達を阻害する要因や発達障害などが含まれます。

発達心理学は、人間の成長と発達を理解するために重要な学問です。発達心理学の知識は、教育、福祉、医療、ビジネスなど、幅広い分野で活用されています。

発達心理学の研究方法は、主に観察法、面接法、実験法などがあります。観察法は、子どもの行動を観察して発達を記録する方法です。面接法は、子どもやその周囲の人にインタビューして発達を把握する方法です。実験法は、子どもに特定の課題を課して発達を測定する方法です。

発達心理学は、人間の成長と発達を理解するための基礎となる学問です。発達心理学の知識を身につけることで、私たち自身や周りの人の成長と発達をよりよく理解することができます。

参考URL:
発達心理学とは | 文部科学省後援こころ検定、心理カウンセラーなら通信講座のTERADA医療福祉カレッジ

心理テストとは、個人の心理状態や特性を測定するために用いられる手法

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理テストとは、個人の心理状態や特性を測定するために用いられる手法です。標準化された手続きで、特定の課題に対する回答反応を量的に測定あるいは質的に記述し、心理的概念として分析、解釈します。

心理テストは、その測定する対象や目的によって、大きく以下の4つの分類に分けられます。

  • パーソナリティ検査:性格や気質、価値観などの個人の心理特性を測定する検査です。
  • 知能検査:知能や学習能力などの個人の認知能力を測定する検査です。
  • 適性検査:職業適性や学業適性などの個人の適性や能力を測定する検査です。
  • 学力検査(アチーブメントテスト):特定の教科や分野における学力や習熟度を測定する検査です。

心理テストは、医療や教育、産業、マーケティングなど、さまざまな分野で活用されています。

医療分野では、精神疾患の診断や治療、リハビリテーションなどに用いられます。
教育分野では、学力や適性などの把握、指導やカウンセリングなどに用いられます。
産業分野では、採用や配置、人材育成などに用いられます。
マーケティング分野では、消費者の心理や行動を理解するために用いられます。

心理テストは、その信頼性や妥当性が高いものであれば、個人の心理状態や特性を正確に把握するのに役立ちます。しかし、心理テストはあくまでも一つのツールであり、それを用いた評価結果は、あくまでも参考程度に留めておく必要があります。

近年では、インターネットや雑誌などで、簡易的な心理テストを目にすることが多くなりました。これらの心理テストは、娯楽や興味本位で気軽に受けられるものが多いため、その結果を過信しないように注意が必要です。

参考URL:
心理テストって、どういうテスト? | 心理を学ぶ文部科学省後援「こころ検定」

トランスパーソナル心理学とは、人間の意識や精神の超越的な側面を研究する心理学の分野

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

トランスパーソナル心理学とは、人間の意識や精神の超越的な側面を研究する心理学の分野です。

従来の心理学は、個人の悩みや問題を解決することを目的としてきました。しかし、トランスパーソナル心理学は、個人を超えた、人類共通の悩みや問題を対象としています。

トランスパーソナル心理学では、人間の意識は、個体的な意識(パーソナル意識)と、超越的な意識(トランスパーソナル意識)の2つの側面から構成されていると考えられています。

パーソナル意識は、私たちが日常生活で経験する意識で、自我を中心とした意識です。一方、トランスパーソナル意識は、自我を超えた、宇宙や神とつながるような意識です。

トランスパーソナル心理学では、トランスパーソナル意識の体験を重視しています。トランスパーソナル意識の体験には、以下のようなものがあります。

  • 至高体験:神や宇宙と一体感を感じる体験
  • 非二元意識:自我と他者や世界との区別がなくなる体験
  • 内観:内なる声や知恵に触れる体験

トランスパーソナル心理学は、以下のような分野で応用されています。

  • 心理療法:パーソナル意識とトランスパーソナル意識の統合を促す心理療法
  • 教育:人間の潜在能力の開発を促す教育
  • スピリチュアルケア:スピリチュアルな悩みや問題へのケア

トランスパーソナル心理学は、まだ発展途上の分野ですが、人間の意識や精神の新たな可能性を探る上で、注目を集めている分野です。

参考URL:
トランスパーソナル心理学 - Wikipedia

相貌心理学

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

相貌心理学とは、顔の形や特徴から人の性格やパーソナリティを判断する学問です。1937年にフランスの小児精神科医ルイ・コルマンによって創始されました。

相貌心理学では、顔を「脳」「感情」「本能」の3つのゾーンに分け、それぞれのゾーンの特徴から、その人の性格やパーソナリティを判断します。例えば、脳ゾーンが大きい人は知性や理性、感情ゾーンが大きい人は感情や感受性、本能ゾーンが大きい人は行動力や積極性が高いとされています。

また、顔の各パーツの形や大きさからも、その人の性格やパーソナリティを判断します。例えば、目が大きく目力のある人は、好奇心旺盛で、意志が強いとされています。

相貌心理学は、古くからヨーロッパを中心に行われてきた学問で、現在でも一部の心理学者や企業によって研究や応用が行われています。しかし、科学的な根拠が十分にないとして、疑似科学と批判する声もあります。

相貌心理学で性格やパーソナリティを判断する際には、注意が必要です。相貌心理学はあくまでもひとつの指標であり、絶対的な正しさを保証するものではありません。また、顔の特徴は遺伝や環境などによっても左右されるため、相貌心理学で判断された性格やパーソナリティが、必ずしも正しいとは限りません。

相貌心理学は、人の性格やパーソナリティを理解するひとつのヒントとして、参考にすることはできますが、過信することは避けるべきでしょう。

https://www.shigotoba.net/business_interview_2008_hitonoseikakuwokaokararikaisuru.html

心理ゲーム

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理ゲームとは、精神科医のエリック・バーンが提唱した交流分析の理論で、人間関係において繰り返し行われ、不快な結果を招くパターン化されたやり取りのことを指します。

心理ゲームの特徴は、以下の通りです。

ある程度親密な間柄で繰り返し行われること
Aの自我状態がほとんど機能していないこと
not OKの人生態度を証明する、無意識に隠された意図があること
不快なラケット感情を伴う結末があること
役割の転換があること
心理ゲームの例としては、以下のようなゲームが挙げられます。

大騒ぎ(ひどいもんだ):自分の不幸や苦痛を大袈裟にアピールすることで、他人の同情や関心を集めようとするゲーム
犠牲者:自分の幸せや利益を犠牲にして、他人に尽くすことで、自分の価値を証明しようとするゲーム
救世主:困っている人を助けることで、自分を必要とされていると感じようと、あるいは優越感を味わおうとするゲーム
権威者:自分の権威や力を誇示することで、他人を支配しようとするゲーム
被害者:自分を被害者として装うことで、他人の同情や助けを得ようと、あるいは責任を逃れようとするゲーム
心理ゲームは、幼少期の体験や、不完全な人生態度によって生じます。心理ゲームを繰り返すことで、人は相手に対して不信や怒りなどのネガティブな感情を抱くようになります。また、心理ゲームは、人間関係を悪化させたり、コミュニケーションを阻害したりする原因となることもあります。

心理ゲームを解消するためには、自分の人生態度を見つめ直し、Aの自我状態を育むことが大切です。また、相手が心理ゲームをしていることに気付いたときは、ゲームに乗らず、自分の感情をコントロールすることが重要です。

https://machicon.jp/ivery/column/9307

乳幼児心理学

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

乳幼児心理学とは、乳児期(生後0歳~3歳)と幼児期(3歳~6歳)の子どもの発達や心理を研究する心理学の分野です。

乳幼児期は、子どもの心や行動が急速に発達する時期です。乳幼児は、生後すぐに母親や父親などの周囲の大人との関わりを通して、言葉やコミュニケーション、感情のコントロール、社会性などを学んでいきます。

乳幼児心理学では、これらの発達を支える脳や身体の機能、子どもの環境や経験の影響などを研究しています。また、乳幼児の健全な発達を促すために、保育や教育の現場に役立つ知識や方法を開発しています。

乳幼児心理学の研究成果は、保育や教育の現場だけでなく、子育て支援や福祉など、さまざまな分野で活用されています。

乳幼児心理学の主な研究対象は、以下のとおりです。

認知発達
言語発達
情緒発達
社会性発達
自己発達
身体発達
これらの研究対象をさらに細分化して、乳幼児の具体的な発達や心理を明らかにしています。

例えば、認知発達では、乳幼児の視覚認知、聴覚認知、運動認知、言語認知などの発達を研究しています。言語発達では、乳幼児の母語の習得、言葉の理解、言葉の使用などの発達を研究しています。情緒発達では、乳幼児の喜び、悲しみ、怒り、恐怖などの感情表現や調整を研究しています。社会性発達では、乳幼児の他者への関心、他者との交流、他者への共感などの発達を研究しています。自己発達では、乳幼児の自己認識、自己意識、自己価値感などの発達を研究しています。身体発達では、乳幼児の運動能力、視覚・聴覚などの感覚機能、健康状態などの発達を研究しています。

乳幼児心理学は、乳幼児の健全な発達を促すために、重要な役割を果たしています。

https://www.terada-medical.com/column/infant-psychology/

認知心理学とは、人間の認知活動を研究する心理学の一分野

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

認知心理学とは、人間の認知活動を研究する心理学の一分野です。認知とは、人間が情報を処理する能力のことで、記憶、注意、思考、判断、問題解決などの能力が含まれます。

認知心理学は、以下の2つの要素から構成されます。

  • 認知の性質:人間の認知はどのように働くのか、その性質を明らかにする
  • 認知の発達:人間の認知はどのように発達するのか、その過程を明らかにする

認知心理学は、1950年代以降に急速に発展してきた分野であり、現在では心理学の主要な分野の一つとなっています。

認知心理学の研究対象は、以下のとおりです。

  • 記憶:過去の経験や学んだことを覚えておく能力
  • 注意:必要な情報に集中して、不要な情報を遮断する能力
  • 思考:情報を理解し、新しいアイデアを生み出す能力
  • 判断:情報に基づいて、適切な判断を下す能力
  • 問題解決:問題を分析し、解決策を導き出す能力

認知心理学の研究成果は、教育や心理療法、ビジネスなど、さまざまな分野で活用されています。

認知心理学の具体例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 教育:認知心理学の研究成果に基づいて、子どもの認知能力の発達に適した教育方法を開発する
  • 心理療法:認知の歪みを修正することで、心理的疾患の治療を行う
  • ビジネス:従業員の認知能力を向上させることで、生産性や効率性の向上を図る

認知心理学は、今後も人間の認知を理解し、その能力を向上させるための研究が進められていくと考えられます。

認知心理学の代表的な理論としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ピアジェの認知発達理論:人間の認知は、感覚運動期、前操作期、具体的操作期、形式的操作期の4つの段階に分けて発達する
  • 情報処理理論:人間の認知は、情報処理システムとして捉えることができる
  • 認知行動主義:人間の認知は、行動に影響を与えるものとして捉える

これらの理論は、認知心理学の研究の発展に大きく貢献してきました。

参考URL:
認知心理学 - Wikipedia

公認心理師とは、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

公認心理師とは、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者です。

  • 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察・分析
  • 心理に関する支援を要する者との心理相談による助言・指導
  • 心理に関する支援を要する者の関係者との心理相談による助言・指導
  • メンタルヘルスの知識普及のための教育・情報提供

公認心理師は、2019年2月5日に施行された「公認心理師法」に基づいて誕生した、日本初の国家資格です。公認心理師の誕生は、心の健康問題の増加や、心理職の専門性の向上を背景としています。

公認心理師の受験資格は、以下のとおりです。

  • 大学で心理学に関する科目を含む指定科目を修めて卒業した者
  • 指定大学院で心理学に関する科目を含む指定科目を修めて修了した者
  • 指定施設において2年間以上の心理職に従事した者

公認心理師の活躍の場は、病院、学校、福祉施設、企業、行政機関など多岐にわたります。公認心理師は、心理学に関する専門知識と技術を活かして、心の問題を抱える人やその家族の支援を行っています。

公認心理師の具体的な仕事内容としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 心理検査の実施・解釈
  • カウンセリングの実施
  • 心理療法の実施
  • 心理的支援計画の作成・実施
  • 心理教育・啓発活動の実施

公認心理師は、心の健康に関する専門職として、今後ますます重要になってくると考えられます。

参考URL:
公認心理師 |厚生労働省

群衆心理とは、群集の中に生まれる特殊な心理状態のことです。個人では決して起こらないような、衝動的で興奮性の高い行動や、非合理的な判断を下す傾向

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

群衆心理とは、群集の中に生まれる特殊な心理状態のことです。個人では決して起こらないような、衝動的で興奮性の高い行動や、非合理的な判断を下す傾向があります。

群衆心理の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • 非合理性:群衆の中では、個人の理性や判断力が低下し、非合理的な行動を起こしやすくなります。
  • 精神的同質性:群衆の中では、個人の価値観や感情が同質化され、集団として一枚岩のような行動をとるようになります。
  • 感情性:群衆の中では、感情が昂ぶり、衝動的な行動を起こしやすくなります。
  • 匿名性:群衆の中では、個人の責任感が薄れ、匿名性の中で行動しやすくなります。
  • 無責任性:群衆の中では、個人の責任感が薄れ、無責任な行動を起こしやすくなります。
  • 被暗示性:群衆の中では、他者の影響を受けやすく、暗示にかかりやすいようになります。

群衆心理は、歴史上さまざまな場面で人々の行動に影響を及ぼしてきました。例えば、フランス革命やナチスドイツの台頭など、群衆心理が暴力や破壊的な行動につながった例も少なくありません。

群衆心理は、個人の心理状態とは異なる次元の現象です。しかし、群衆心理の特徴を理解することで、群衆の行動を予測し、適切な対応をとることが可能になります。

群衆心理をコントロールするためには、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 群衆に個人の責任感を持たせる
  • 群衆の感情をコントロールする
  • 群衆の暗示にかかりやすい状況を避ける

これらの点を意識することで、群衆心理による被害を最小限に抑えることができます。

参考URL:
群集心理(ぐんしゅうしんり)とは? 意味や使い方 - コトバンク

ストーカーの心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ストーカーの心理は、大きく分けて以下の4つに分類されます。

  • 拒絶型
    元恋人や元配偶者など、かつて交際関係にあった相手から別れを告げられた、または一方的に拒絶されたことがきっかけでストーカー行為に及ぶタイプです。相手に自分を必要としてもらいたい、愛してもらいたいという強い思いが、相手を追いかける行為につながります。

  • 憎悪型
    個人的な知り合いではない相手に対して、嫉妬や怒りなどの憎悪の感情を抱き、その感情をぶつけるためにストーカー行為に及ぶタイプです。相手を傷つけたり、恐怖を与えたりすることで、自分の怒りや憎しみを解消しようとします。

  • 親密希求型
    相手と親密な関係になりたい、あるいは特別な関係になりたいという強い思いを抱き、その思いを叶えるためにストーカー行為に及ぶタイプです。相手と自分は特別な関係にあるという妄想を抱いており、その妄想を現実のものにするために行動します。

  • 無資格型
    精神的な疾患や障害によって、相手の立場や気持ちを理解することができず、ストーカー行為に及ぶタイプです。相手を自分の所有物のように考え、自分の思い通りにしたいと考えます。

これらのタイプは、必ずしも明確に分けられるわけではありません。また、ストーカーの心理は、単一の原因や要因によって引き起こされるわけではなく、複合的な要因が関与していることがほとんどです。

ストーカーの心理を理解することは、被害者を救い、再発を防止するために重要です。しかし、ストーカーの心理は複雑で、専門的な知識や経験がないと理解することは難しいものです。そのため、ストーカー被害に遭った場合は、早めに専門家に相談することが大切です。

具体的には、警察、弁護士、精神科医などの専門家に相談し、適切な対処を検討しましょう。また、ストーカー被害者支援団体などもありますので、相談先に困った場合は、これらの団体に相談するのもよいでしょう。

参考URL:
ストーカーの特徴|外来治療と家族相談、回復施設|大石クリニック

心理検査とは、一定の理論や科学的手法にもとづいて作成された、さまざまな心理テストのこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理検査とは、一定の理論や科学的手法にもとづいて作成された、さまざまな心理テストのことです。人間の知能、パーソナリティ、発達、精神機能や心理状態などがどのようなものであるかを知り、個人や集団を理解するための検査です。

心理検査の種類は、検査対象の観点と検査方法の観点から分類されます。

検査対象の観点

  • 知能検査:知的能力や学習能力を測定する検査
  • パーソナリティ検査:性格傾向や気質を測定する検査
  • 発達検査:発達段階や発達障害の有無を測定する検査
  • 認知機能検査:注意力や記憶力、判断力などの認知機能を測定する検査
  • 心理状態検査:不安や抑うつなどの心理状態を測定する検査

検査方法の観点

  • 標準化テスト:一定の基準に従って作成・実施される検査
  • 非標準化テスト:基準が定められていない検査
  • 投影法:対象に自由に反応させる検査
  • 質問紙法:対象に質問を投げかけ、回答を収集する検査
  • 記述法:対象の行動や言動を観察・記録する検査

心理検査は、さまざまな場面で活用されています。

  • 臨床心理学:精神疾患の診断や治療、支援計画の作成などに活用される
  • 教育心理学:学力や適性、発達障害の有無の判定などに活用される
  • 産業心理学:人材採用や適性検査、職業適性診断などに活用される
  • 社会心理学:社会心理的現象の理解や分析などに活用される

心理検査は、あくまでもひとつの指標です。検査結果を客観的に評価し、その人の理解を深めるためには、検査者による臨床的判断や、他の評価方法との組み合わせが重要です。

参考URL:
心理検査の種類と目的とは? 発達障害の診断にも? | LITALICOジュニア| 発達障害・学習障害の子供向け発達支援・幼児教室| 療育ご検討の方にも

日本臨床心理士会は、1989年に設立された、臨床心理士の職能団体

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

日本臨床心理士会は、1989年に設立された、臨床心理士の職能団体です。会員数は約2万5,000人(2023年3月現在)で、全国に都道府県臨床心理士会を設置しています。

日本臨床心理士会の目的は、臨床心理士の倫理の確立、資質の向上、臨床心理学の普及、臨床心理士の社会的地位向上などです。具体的には、以下の事業を行っています。

  • 臨床心理士の倫理綱領の制定・普及
  • 臨床心理士の資格認定試験の実施
  • 臨床心理士の研修・教育の実施
  • 臨床心理学の普及啓発
  • 臨床心理士の社会的地位向上のための活動

日本臨床心理士会は、臨床心理士の資質向上や臨床心理学の普及に貢献している、重要な職能団体です。

日本臨床心理士会の役割は、大きく分けて以下の3つです。

  • 臨床心理士の資質向上
    日本臨床心理士会は、臨床心理士の資格認定試験の実施や、研修・教育の実施を通じて、臨床心理士の資質向上を図っています。

  • 臨床心理学の普及
    日本臨床心理士会は、臨床心理学の普及啓発を通じて、一般の人々や、教育、医療、福祉などの専門職の方々に対して、臨床心理学の知識や理解を深めてもらうことを目的としています。

  • 臨床心理士の社会的地位向上
    日本臨床心理士会は、臨床心理士の社会的地位向上のための活動を通じて、臨床心理士が専門職として活躍できる社会の実現を目指しています。

日本臨床心理士会は、臨床心理士の活躍の場を広げ、人々の心の健康に貢献するために、今後もさまざまな活動を展開していくと考えられます。

参考URL:
一般社団法人 日本臨床心理士会

臨床心理士とは、臨床心理学に基づき、心の健康の維持・増進、心の問題の早期発見・予防、心の問題の診断・治療・支援、心の健康に関する教育・啓発などを行う、専門職

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

臨床心理士とは、臨床心理学に基づき、心の健康の維持・増進、心の問題の早期発見・予防、心の問題の診断・治療・支援、心の健康に関する教育・啓発などを行う、専門職です。

臨床心理士は、心理学に関する専門知識と技術をもち、相談やカウンセリング、心理検査、心理療法などを行い、心の問題を抱える人の支援を行います。

臨床心理士の活動の場は、病院、学校、福祉施設、企業、行政機関など多岐にわたります。

臨床心理士になるためには、大学で心理学を専攻し、臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格する必要があります。

臨床心理士の活躍は、心の健康を維持・増進し、心の問題を抱える人を支援する上で、ますます重要になってきています。

参考URL:
臨床心理士の仕事紹介

メンタルケア心理士とは、特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会が認定試験を実施し、メンタルケア学術学会と一般財団法人生涯学習開発財団がダブル認定する民間資格

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

メンタルケア心理士とは、特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会が認定試験を実施し、メンタルケア学術学会と一般財団法人生涯学習開発財団がダブル認定する民間資格です。

メンタルケア心理士は、心理学やカウンセリングの知識を基に、相談者の心の健康を支援する専門職です。具体的には、以下の業務を担います。

  • 相談者の心の状態を理解し、問題や課題を把握する
  • 相談者に適切なアドバイスや助言を行う
  • 心理療法やカウンセリングを用いて、相談者の心の健康を回復・改善する

メンタルケア心理士は、医療・福祉・教育・産業・公共サービスなど、さまざまな分野で活躍しています。

メンタルケア心理士の資格を取得するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 大学または短期大学で心理学に関する科目を履修し、卒業または修了していること
  • メンタルケア心理士の養成講座を修了していること
  • メンタルケア心理士認定試験に合格していること

メンタルケア心理士の養成講座は、通信教育や通学制など、さまざまな形態で提供されています。

メンタルケア心理士の資格は、心の健康を支援する専門職として活躍するために役立つ資格です。近年、メンタルヘルスの重要性が高まっており、メンタルケア心理士の活躍の場は広がっています。

参考URL:
注目の高まる「メンタルケア心理士(R)」ってどんな資格?

心理カウンセラーとは、心理学に関する専門知識や技術を用いて、心の問題を抱える人の支援を行う専門職

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理カウンセラーとは、心理学に関する専門知識や技術を用いて、心の問題を抱える人の支援を行う専門職です。

心理カウンセラーの仕事内容は、大きく分けて以下の3つです。

  • カウンセリングの実施
  • 心理検査の実施
  • 心理療法の実施

カウンセリングとは、相談者(クライエント)の話を傾聴し、その人の心理状態を理解した上で、アドバイスや助言を行うことです。心理カウンセラーは、相談者の心の悩みや問題を解決するために、さまざまなカウンセリング技法を用います。

心理検査とは、一定の理論や科学的手法にもとづいて作成された、さまざまな心理テストのことです。心理カウンセラーは、心理検査の結果を分析することで、相談者の心理状態をより深く理解することができます。

心理療法とは、心理学に基づいた治療方法のことです。心理カウンセラーは、相談者の心の問題を解決するために、さまざまな心理療法を用います。

心理カウンセラーの活躍の場は、病院、学校、福祉施設、企業、行政機関など多岐にわたります。

病院では、精神疾患の診断や治療、リハビリテーションなどに携わります。

学校では、生徒の学習や進路に関する相談、不登校やいじめなどの問題への対応などに携わります。

福祉施設では、障害者や高齢者の心のケア、生活支援などに携わります。

企業では、メンタルヘルスの相談、職場環境の改善などに携わります。

行政機関では、地域のメンタルヘルスの向上、子どもの健全育成などに携わります。

心理カウンセラーになるためには、大学で心理学を専攻し、公認心理師資格や産業カウンセラー資格などの資格を取得することが一般的です。

心理カウンセラーは、心の問題を抱える人の支えとなる、重要な仕事です。今後、心の健康問題の増加が予想される中、心理カウンセラーの需要はさらに高まっていくと考えられます。

参考URL:
心理カウンセラーとは|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

認定心理士とは、公益社団法人日本心理学会が認定する民間資格です。4年制大学で心理学の標準的な基礎知識と基礎技術を修得していることを証明するもの

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

認定心理士とは、公益社団法人日本心理学会が認定する民間資格です。4年制大学で心理学の標準的な基礎知識と基礎技術を修得していることを証明するもので、認定試験等はありません。

認定心理士の資格を取得することで、以下のメリットがあります。

  • 心理学の基礎知識と基礎技術を身につけていることの証明となる。
  • 心理学の専門職に就くための第一歩となる。
  • 心理学の知識やスキルを活かして、ボランティア活動や地域貢献活動などに携わることができる。

認定心理士の資格を取得するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 4年制大学で心理学の単位を一定数取得していること。
  • 日本心理学会の会員であること。

認定心理士の資格は、心理学の基礎を学んだことを証明する資格です。心理学の専門職を目指す人は、まずこの資格を取得することを検討するとよいでしょう。

なお、認定心理士とは別に、公認心理師という国家資格もあります。公認心理師は、心理学の専門職として、さまざまな場面で活躍することができます。公認心理師になるためには、大学で心理学を専攻し、公認心理師試験に合格する必要があります。

参考URL:
認定心理士 | 放送大学

選択理論心理学とは、アメリカの精神科医であるウィリアム・グラッサーによって提唱された心理学

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

選択理論心理学とは、アメリカの精神科医であるウィリアム・グラッサーによって提唱された心理学です。すべての行動は、本人の選択によってなされるという考え方を基にしています。

選択理論心理学では、人間の行動を「全行動」という概念で捉えています。全行動とは、行為、思考、感情、生理反応の4つの要素から構成されるものです。これらの要素は、常に相互に影響し合いながら、人間の行動を決定します。

選択理論心理学では、人間の行動は、以下の5つの基本的欲求によって動機づけられると考えられています。

  • 生存:生き延びようとする欲求
  • 愛・所属:愛情やつながりを求める欲求
  • 力:コントロールや影響力を求める欲求
  • 自由:自律性や選択肢を求める欲求
  • 楽しみ:喜びや充実感を求める欲求

これらの欲求は、すべての人間に備わっているものであり、行動の原動力となります。

選択理論心理学は、カウンセリングや教育、ビジネスなど、さまざまな分野で応用されています。カウンセリングでは、クライアントの行動を理解し、より良い選択を促すために活用されます。教育では、子どもや学生の学習意欲やモチベーションを高めるために活用されます。ビジネスでは、従業員のパフォーマンスや生産性を向上させるために活用されます。

選択理論心理学は、人間の行動を理解し、より良い人生を送るためのヒントを提供してくれる心理学です。

参考URL:
くしろせんもん学校|選択理論心理学

行動心理学とは、人間の行動を科学的に研究する心理学の分野

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

行動心理学とは、人間の行動を科学的に研究する心理学の分野です。行動心理学では、人間の行動は、環境や条件によって学習・獲得され、変化していくものであると捉えます。

行動心理学の歴史は、1913年にアメリカの心理学者ジョン・B・ワトソンが「行動主義心理学」を提唱したことに始まります。行動主義心理学は、人間の心理を意識や無意識などの内的状態に依拠せず、観察可能な行動のみを対象とする学問です。

行動心理学は、以下のようなものを研究しています。

  • 学習
  • 条件づけ
  • 行動の変化
  • 行動の制御

行動心理学の研究成果は、教育、マーケティング、広告、福祉など、さまざまな分野で応用されています。

行動心理学における主な学習理論としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 古典的条件づけ:パブロフの犬の実験で知られる、刺激と反応の関連付けによって学習する理論
  • オペラント条件づけ:スキッナー箱の実験で知られる、行動の結果によって学習する理論
  • 社会学習理論:モデルとなる人物の行動を観察して学習する理論

行動心理学は、人間の行動を理解し、コントロールするための重要な学問です。

参考URL:
仕事やマーケティングに使える10個の行動心理学を紹介!身近なしぐさから本音を読み取ろう | PR TIMES MAGAZINE

犯罪心理学とは、犯罪行為やそれに関連する人間の行動を、心理学的方法論を用いて明らかにする学問体系

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

犯罪心理学とは、犯罪行為やそれに関連する人間の行動を、心理学的方法論を用いて明らかにする学問体系です。犯罪心理学は、犯罪捜査や予防、また犯罪者や被害者の支援など、さまざまな分野で応用されています。

犯罪心理学の研究対象は、以下のとおりです。

  • 犯罪者の心理
  • 犯罪の発生メカニズム
  • 犯罪の予防
  • 犯罪者の更生
  • 被害者の心理

犯罪心理学は、以下の3つのアプローチから研究が行われています。

  • 犯罪者の心理アプローチ
    犯罪者の心理を理解することで、犯罪発生のメカニズムを明らかにしようとするアプローチです。犯罪者の心理を理解するために、心理検査やインタビューなどの方法が用いられます。

  • 犯罪の発生メカニズムアプローチ
    犯罪の発生メカニズムを明らかにすることで、犯罪を予防しようとするアプローチです。犯罪の発生メカニズムを明らかにするために、犯罪統計や社会学的調査などの方法が用いられます。

  • 犯罪の予防アプローチ
    犯罪の予防方法を検討するアプローチです。犯罪の予防方法を検討するために、犯罪者に対する教育や支援、また社会環境の整備などの方法が用いられます。

犯罪心理学は、犯罪を理解し、犯罪を未然に防ぐための重要な学問です。今後も、犯罪心理学の発展が、より安全な社会の実現に貢献していくことが期待されています。

参考URL:
犯罪心理学ってどんな学問?活かせる職業も詳しく紹介 | 新着記事一覧 | ふっかライブラリー 関西福祉科学大学

ゴミ屋敷に住む人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ゴミ屋敷に住む人の心理は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 物に対する愛着
    ゴミ屋敷に住む人の中には、物に対する愛着が強く、捨てられないという人が多くいます。物に価値を見出し、捨てると寂しくなってしまうのです。

  • ストレスや不安の表れ
    ゴミ屋敷に住む人の中には、ストレスや不安を抱えている人が多くいます。ストレスや不安から逃れるために、物に囲まれて安心感を得ようとしているのです。

  • 認知症や精神疾患の症状
    ゴミ屋敷に住む人の中には、認知症や精神疾患の症状が原因で、片付けられない人もいます。認知症では、物の名前や用途を忘れてしまうため、捨てられないのです。精神疾患では、強迫性障害やうつ病などの症状が、片付けられない原因となっている可能性があります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 物が捨てられない
  • 物が捨てられないという罪悪感や後ろめたさがある
  • 片付けることに対して、恐怖や不安を感じている
  • 片付けることに対して、無気力や意欲がわかない
  • 物に囲まれていることで、安心感や居心地の良さを感じている

ゴミ屋敷に住むことは、健康や安全にさまざまなリスクをもたらします。そのため、ゴミ屋敷に住んでいる人は、早めに専門家の助けを求めることが大切です。

ゴミ屋敷に住んでいる人の中には、片付けることに抵抗感を持っている人もいます。しかし、専門家のサポートを受けることで、無理なく片付けを進めることができます。

ゴミ屋敷は、本人の努力だけで改善するのが難しい問題です。周囲の人が、理解と協力を示すことが大切です。

参考URL:
ゴミ屋敷に住む人の心理状態は孤独感や諦め?抜け出す方法まで紹介

アドラー心理学とは、オーストリアの精神科医であるアルフレッド・アドラーが提唱した心理学の体系

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アドラー心理学とは、オーストリアの精神科医であるアルフレッド・アドラーが提唱した心理学の体系です。個人心理学とも呼ばれます。

アドラー心理学の基本的な考え方は、以下のとおりです。

  • 人間は、生まれながらにして目的意識を持っている。
  • 人間は、社会的な存在である。
  • 人間は、自らの課題に積極的に取り組むことで、成長と発達を遂げる。

アドラー心理学は、フロイト心理学やユング心理学と並ぶ、現代心理学の三大流派のひとつです。

アドラー心理学では、人間の行動や心理を理解するために、以下の3つの視点が重要であるとされています。

  • 個性論:人間は、生まれながらにしてユニークな個性を持っている。
  • 社会性論:人間は、社会的な存在であり、他者との関わりの中で成長する。
  • 課題論:人間は、自らの課題に積極的に取り組むことで、成長と発達を遂げる。

アドラー心理学は、さまざまな場面で応用されています。

  • 臨床心理学:精神疾患の診断や治療、支援などに活用される。
  • 教育心理学:学力や適性、発達障害の有無の判定などに活用される。
  • 産業心理学:人材採用や適性検査、職業適性診断などに活用される。
  • 社会心理学:社会心理的現象の理解や分析などに活用される。

アドラー心理学は、人間の行動や心理を理解する上で、重要な視点を提供する心理学です。

参考URL:
アドラー心理学とは? 【わかりやすく】フロイトとの違い - カオナビ人事用語集

心理機能診断とは、人間の知覚、思考、感情、行動などの心理機能を評価するための検査

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理機能診断とは、人間の知覚、思考、感情、行動などの心理機能を評価するための検査です。心理機能は、人間の行動や経験に大きな影響を与えるため、心理機能診断は、精神疾患の診断や治療、教育や職業適性の判断など、さまざまな場面で活用されています。

心理機能診断には、さまざまな種類があります。

  • 知覚機能診断:視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などの知覚機能を評価する検査
  • 思考機能診断:注意力、記憶力、判断力、推論力などの思考機能を評価する検査
  • 感情機能診断:気分、感情、情緒などの感情機能を評価する検査
  • 行動機能診断:意欲、動機、衝動性などの行動機能を評価する検査

心理機能診断は、主に次の2つの方法で行われます。

  • 質問紙法:対象に質問を投げかけ、回答を収集する方法
  • 記述法:対象の行動や言動を観察・記録する方法

質問紙法は、比較的簡便に実施できる反面、対象の回答が正確に反映されているか、注意が必要です。記述法は、対象の行動や言動を多面的に観察・記録できる反面、実施に時間と労力がかかります。

心理機能診断の結果は、あくまでもひとつの指標です。検査結果を客観的に評価し、その人の理解を深めるために、検査者による臨床的判断や、他の評価方法との組み合わせが重要です。

心理機能診断の代表的な例としては、次のようなものが挙げられます。

  • ウェクスラー成人知能検査(WAIS-IV):知覚推理、言語理解、ワーキングメモリ、処理速度の4つの領域の知能機能を評価する検査
  • ロールシャッハテスト:非構造化のタスクによって、対象の知覚や思考、感情、性格などを評価する検査
  • ミネソタ多相人格検査(MMPI-2):10の基本性格特性と、10の臨床特性を評価する検査

心理機能診断は、人間の心理機能を理解するための重要なツールです。適切な方法で実施し、その結果を正しく解釈することで、さまざまな場面で活用することができます。

参考URL:
心理機能診断はMBTIとは違う?2つを比較してみた | 素朴な雑学で人生に彩を与えるブログ

深層心理とは、意識の下層にある、意識することが難しい心理状態のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

深層心理とは、意識の下層にある、意識することが難しい心理状態のことです。無意識とも呼ばれます。深層心理は、幼少期の経験や抑圧された感情、本能などの影響を受けていると考えられており、人の行動や思考に大きな影響を与えているとされています。

深層心理を研究する学問は、深層心理学と呼ばれます。深層心理学は、ジークムント・フロイトやカール・グスタフ・ユングなどの心理学者によって発展してきました。

深層心理には、以下のようなものがあります。

  • エゴ:現実と向き合い、現実に適応する機能を担う。
  • イド:本能や欲求を司る。
  • 超自我:社会の規範や道徳を司る。

エゴは、意識の中心にある自我です。現実と向き合い、現実に適応する機能を担っています。イドは、本能や欲求を司る無意識の部分です。超自我は、社会の規範や道徳を司る無意識の部分です。

深層心理は、人間の行動や思考に大きな影響を与えています。たとえば、深層心理に抑圧された感情が、無意識のうちに行動や思考に表れ、問題を引き起こすことがあります。また、深層心理に潜む本能や欲求が、行動や思考に影響を与え、創造性や芸術性を発揮することにもつながります。

深層心理を理解することで、自分自身をより深く理解し、より豊かな人生を送ることができると考えられています。

深層心理の研究は、まだ発展途上であり、さまざまな議論がされています。しかし、深層心理は、人間の行動や思考を理解する上で重要な概念であり、今後も研究が進められていくと考えられます。

参考URL:
深層心理 - Wikipedia

心理的離乳とは、思春期および青年期において、それまで親に依存して生活していた子どもが、家族からの精神的分離、自立を示す概念

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理的離乳とは、思春期および青年期において、それまで親に依存して生活していた子どもが、家族からの精神的分離、自立を示す概念です。

思春期および青年期には、生理的・身体的成熟に伴い、それまで親に依存して生活していた子どもが、家族からの自立を試みるようになります。具体的には、以下のような変化が見られます。

  • 親の価値観や考え方に対する反発
  • 親との距離感の変化
  • 友人や恋人など、親以外の他者との関係の深化

心理的離乳は、子どもの成長と発達に伴って自然に起こるものです。しかし、親子関係が良好でない場合や、親の過干渉や過保護などによって、心理的離乳がうまく進まないこともあります。

心理的離乳がうまく進まない場合、子どもは以下のような問題を抱える可能性があります。

  • 親への依存が強すぎる
  • 他者への信頼感や自尊心が低い
  • 対人関係のトラブル

心理的離乳を円滑に進めるためには、親は以下の点に注意することが大切です。

  • 子どもの成長と自立を尊重する
  • 子どもの意見や考えを尊重する
  • 子どもに適度な距離感を保つ

親子関係が良好で、親が子どもの成長をサポートしていれば、心理的離乳は自然に進んでいきます。

参考URL:
心理的離乳 | 心理学用語集サイコタム

スポーツ心理学とは、スポーツにおける人間の心理や行動を研究する学問

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スポーツ心理学とは、スポーツにおける人間の心理や行動を研究する学問です。スポーツパフォーマンスの向上や、より良いスポーツ指導の開発を目的としています。

スポーツ心理学は、大きく分けて以下の2つの領域に分けることができます。

  • パフォーマンス心理学:スポーツにおけるパフォーマンスの向上を目的とした心理学
  • 指導心理学:スポーツ指導の質の向上を目的とした心理学

パフォーマンス心理学では、以下のようなものを研究しています。

  • モチベーション
  • 集中力
  • メンタルタフネス
  • ストレスマネジメント
  • コミュニケーション

指導心理学では、以下のようなものを研究しています。

  • 指導者-選手の人間関係
  • コーチングスキル
  • チームビルディング
  • スポーツ教育

スポーツ心理学は、近年ますます注目を集めている学問です。スポーツのパフォーマンス向上や、より良いスポーツ指導の開発には、スポーツ心理学の知識や技術が不可欠となっています。

スポーツ心理学を学ぶことで、以下のメリットが得られます。

  • スポーツのパフォーマンスを向上させることができる
  • ストレスや不安をコントロールできるようになる
  • メンタルタフネスを身につけることができる
  • コミュニケーション能力を向上させることができる

スポーツ心理学は、スポーツに関わる人だけでなく、すべての人が学ぶことで、人生をより充実したものにすることができる学問です。

参考URL:
スポーツ心理学 | ハイパフォーマンススポーツセンター