アドラー心理学とは、オーストリアの精神科医であるアルフレッド・アドラーが提唱した心理学の体系

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アドラー心理学とは、オーストリアの精神科医であるアルフレッド・アドラーが提唱した心理学の体系です。個人心理学とも呼ばれます。

アドラー心理学の基本的な考え方は、以下のとおりです。

  • 人間は、生まれながらにして目的意識を持っている。
  • 人間は、社会的な存在である。
  • 人間は、自らの課題に積極的に取り組むことで、成長と発達を遂げる。

アドラー心理学は、フロイト心理学やユング心理学と並ぶ、現代心理学の三大流派のひとつです。

アドラー心理学では、人間の行動や心理を理解するために、以下の3つの視点が重要であるとされています。

  • 個性論:人間は、生まれながらにしてユニークな個性を持っている。
  • 社会性論:人間は、社会的な存在であり、他者との関わりの中で成長する。
  • 課題論:人間は、自らの課題に積極的に取り組むことで、成長と発達を遂げる。

アドラー心理学は、さまざまな場面で応用されています。

  • 臨床心理学:精神疾患の診断や治療、支援などに活用される。
  • 教育心理学:学力や適性、発達障害の有無の判定などに活用される。
  • 産業心理学:人材採用や適性検査、職業適性診断などに活用される。
  • 社会心理学:社会心理的現象の理解や分析などに活用される。

アドラー心理学は、人間の行動や心理を理解する上で、重要な視点を提供する心理学です。

参考URL:
アドラー心理学とは? 【わかりやすく】フロイトとの違い - カオナビ人事用語集

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5