FFS理論とは、人間の思考行動特性を5つの因子とストレス値で定量化し、個人の潜在的な強みが、ポジティブに発揮されているか、ネガティブに発揮されているかわかります

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

FFS理論とは、人間の思考行動特性を5つの因子とストレス値で定量化し、個人の潜在的な強みが、ポジティブに発揮されているか、ネガティブに発揮されているかわかります。

FFS理論は、以下の5つの因子で構成されています。

  • 現実志向性:現実をありのままに受け止め、客観的に判断する傾向
  • 感覚志向性:感覚的な情報を重視し、具体的な事実に基づいて判断する傾向
  • 直感志向性:直感や創造性に基づいて判断する傾向
  • 思考志向性:論理的に思考し、問題を解決する傾向
  • 行動志向性:行動を起こすことを好み、積極的に物事を進めようとする傾向

FFS理論では、それぞれの因子のスコアが、高ければ高いほど、その因子が強いことを示します。また、ストレス値は、その人がストレスを感じやすいかどうかを表します。

FFS理論は、以下の2つの観点から、組織やチームの活性化に役立つとされています。

  • 個人の強みと弱みを理解する
    FFS理論を用いることで、個人の思考行動特性を客観的に把握することができます。これにより、自分の強みと弱みを理解し、それを活かして仕事や生活に役立てることができます。

  • 相性の良い人材を組み合わせる
    FFS理論を用いることで、個人の思考行動特性を比較することができます。これにより、相性の良い人材を組み合わせることで、チームの活性化を図ることができます。

FFS理論は、組織やチームの活性化を図るための有効なツールとして、近年注目されています。

参考URL:
働きやすい職場環境をつくろう!「FFS理論」ってなに? | GMOアドマーケティング株式会社