心理テストとは、個人の心理状態や特性を測定するために用いられる手法

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

心理テストとは、個人の心理状態や特性を測定するために用いられる手法です。標準化された手続きで、特定の課題に対する回答反応を量的に測定あるいは質的に記述し、心理的概念として分析、解釈します。

心理テストは、その測定する対象や目的によって、大きく以下の4つの分類に分けられます。

  • パーソナリティ検査:性格や気質、価値観などの個人の心理特性を測定する検査です。
  • 知能検査:知能や学習能力などの個人の認知能力を測定する検査です。
  • 適性検査:職業適性や学業適性などの個人の適性や能力を測定する検査です。
  • 学力検査(アチーブメントテスト):特定の教科や分野における学力や習熟度を測定する検査です。

心理テストは、医療や教育、産業、マーケティングなど、さまざまな分野で活用されています。

医療分野では、精神疾患の診断や治療、リハビリテーションなどに用いられます。
教育分野では、学力や適性などの把握、指導やカウンセリングなどに用いられます。
産業分野では、採用や配置、人材育成などに用いられます。
マーケティング分野では、消費者の心理や行動を理解するために用いられます。

心理テストは、その信頼性や妥当性が高いものであれば、個人の心理状態や特性を正確に把握するのに役立ちます。しかし、心理テストはあくまでも一つのツールであり、それを用いた評価結果は、あくまでも参考程度に留めておく必要があります。

近年では、インターネットや雑誌などで、簡易的な心理テストを目にすることが多くなりました。これらの心理テストは、娯楽や興味本位で気軽に受けられるものが多いため、その結果を過信しないように注意が必要です。

参考URL:
心理テストって、どういうテスト? | 心理を学ぶ文部科学省後援「こころ検定」

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5