心理機能診断とは、人間の知覚、思考、感情、行動などの心理機能を評価するための検査

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

心理機能診断とは、人間の知覚、思考、感情、行動などの心理機能を評価するための検査です。心理機能は、人間の行動や経験に大きな影響を与えるため、心理機能診断は、精神疾患の診断や治療、教育や職業適性の判断など、さまざまな場面で活用されています。

心理機能診断には、さまざまな種類があります。

  • 知覚機能診断:視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などの知覚機能を評価する検査
  • 思考機能診断:注意力、記憶力、判断力、推論力などの思考機能を評価する検査
  • 感情機能診断:気分、感情、情緒などの感情機能を評価する検査
  • 行動機能診断:意欲、動機、衝動性などの行動機能を評価する検査

心理機能診断は、主に次の2つの方法で行われます。

  • 質問紙法:対象に質問を投げかけ、回答を収集する方法
  • 記述法:対象の行動や言動を観察・記録する方法

質問紙法は、比較的簡便に実施できる反面、対象の回答が正確に反映されているか、注意が必要です。記述法は、対象の行動や言動を多面的に観察・記録できる反面、実施に時間と労力がかかります。

心理機能診断の結果は、あくまでもひとつの指標です。検査結果を客観的に評価し、その人の理解を深めるために、検査者による臨床的判断や、他の評価方法との組み合わせが重要です。

心理機能診断の代表的な例としては、次のようなものが挙げられます。

  • ウェクスラー成人知能検査(WAIS-IV):知覚推理、言語理解、ワーキングメモリ、処理速度の4つの領域の知能機能を評価する検査
  • ロールシャッハテスト:非構造化のタスクによって、対象の知覚や思考、感情、性格などを評価する検査
  • ミネソタ多相人格検査(MMPI-2):10の基本性格特性と、10の臨床特性を評価する検査

心理機能診断は、人間の心理機能を理解するための重要なツールです。適切な方法で実施し、その結果を正しく解釈することで、さまざまな場面で活用することができます。

参考URL:
心理機能診断はMBTIとは違う?2つを比較してみた | 素朴な雑学で人生に彩を与えるブログ

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5