論理破綻とは、ある議論や主張の中で論理が一貫せず成り立たないこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

論理破綻とは、ある議論や主張の中で論理が一貫せず成り立たないことを指します。具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 前提が事実と異なる
  • 推論の論理が誤っている
  • 結論が前提から導き出せない

論理破綻のある議論や主張は、説得力がなく、信頼性も低くなります。そのため、論理的思考を身につけるためには、論理破綻の種類を理解し、それを避けることが重要です。

論理破綻の種類は、大きく分けて以下の3つに分類されます。

前提の誤り

論理破綻の最も一般的な原因は、前提が事実と異なることです。例えば、「すべての人は平等である」という前提は、実際には事実と異なるため、この前提に基づく議論や主張は論理破綻となります。

推論の誤り

前提が事実と一致していても、推論の論理が誤っていると、論理破綻となります。例えば、「すべての人が平等である」という前提から「すべての人が同じ給与を受け取るべきである」という結論を導くのは、推論の論理が誤っているため、論理破綻となります。

結論の導出不能

前提から結論が導き出せないことも、論理破綻となります。例えば、「すべての人が平等である」という前提から「すべての人が同じ意見を持つべきである」という結論を導くのは、前提から結論が導き出せないため、論理破綻となります。

論理破綻を避けるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 前提が事実と一致していることを確認する
  • 推論の論理が正しいか検証する
  • 結論が前提から導き出せるかどうか確認する

また、論理破綻を避けるために、以下の方法も有効です。

  • 自分の議論や主張を、第三者の視点から客観的に評価する
  • 論理学などの論理に関する知識を身につける

論理破綻を避けることは、論理的思考を身につけるためには欠かせないものです。論理破綻の種類を理解し、それを避けるように心がけましょう。

参考URL:
論理破綻 を英語で教えて! - Hey! Native Camp