認定心理士とは、公益社団法人日本心理学会が認定する民間資格です。4年制大学で心理学の標準的な基礎知識と基礎技術を修得していることを証明するもの

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

認定心理士とは、公益社団法人日本心理学会が認定する民間資格です。4年制大学で心理学の標準的な基礎知識と基礎技術を修得していることを証明するもので、認定試験等はありません。

認定心理士の資格を取得することで、以下のメリットがあります。

  • 心理学の基礎知識と基礎技術を身につけていることの証明となる。
  • 心理学の専門職に就くための第一歩となる。
  • 心理学の知識やスキルを活かして、ボランティア活動や地域貢献活動などに携わることができる。

認定心理士の資格を取得するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 4年制大学で心理学の単位を一定数取得していること。
  • 日本心理学会の会員であること。

認定心理士の資格は、心理学の基礎を学んだことを証明する資格です。心理学の専門職を目指す人は、まずこの資格を取得することを検討するとよいでしょう。

なお、認定心理士とは別に、公認心理師という国家資格もあります。公認心理師は、心理学の専門職として、さまざまな場面で活躍することができます。公認心理師になるためには、大学で心理学を専攻し、公認心理師試験に合格する必要があります。

参考URL:
認定心理士 | 放送大学