現在バイアスとは、将来の利益よりも現在の利益を過大評価する心理的な傾向

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

現在バイアスとは、将来の利益よりも現在の利益を過大評価する心理的な傾向を指します。

現在バイアスは、以下の要因によって生じると考えられています。

  • 時間割引:人は、将来の利益を現在の利益よりも価値が低いと評価する傾向があります。これは、将来の利益を受け取るまでに時間がかかり、その間に価値が下がる可能性があるためと考えられています。
  • 確率割引:人は、確率の低い利益を、確率の高い利益よりも価値が低いと評価する傾向があります。これは、確率の低い利益を得る可能性が低いためと考えられています。

現在バイアスは、さまざまな場面で影響を及ぼします。例えば、

  • 投資においては、将来の利益よりも現在の利益を重視して、リスクの高い投資を避けてしまうことがある
  • ダイエットにおいては、将来の健康のためにダイエットをしようと思っていても、目の前の食べ物を我慢できずに、ダイエットを挫折してしまうことがある
  • 喫煙や飲酒においては、将来の健康被害よりも、現在の快楽を重視して、タバコやお酒を止められないことがある

現在バイアスは、必ずしも悪いことばかりではありません。例えば、目の前のチャンスを逃さないようにするためには、現在バイアスが働くことは良いことと言えます。しかし、現在バイアスが働くと、将来の利益を犠牲にして、現在の利益を追求することになりかねません。

現在バイアスを軽減するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 将来の利益を現在の利益よりも価値があると認識する
  • 確率の低い利益でも、将来の利益を得る可能性があることを考える
  • 将来の利益を具体的にイメージする

現在バイアスに気づき、意識的にコントロールすることで、より良い意思決定ができるようになります。

参考URL:
現在バイアスとは?行動経済学でわかる先延ばし癖のカラクリと防ぎ方 - Web活用術。