心理カウンセラーとは、心理学に関する専門知識や技術を用いて、心の問題を抱える人の支援を行う専門職

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

心理カウンセラーとは、心理学に関する専門知識や技術を用いて、心の問題を抱える人の支援を行う専門職です。

心理カウンセラーの仕事内容は、大きく分けて以下の3つです。

  • カウンセリングの実施
  • 心理検査の実施
  • 心理療法の実施

カウンセリングとは、相談者(クライエント)の話を傾聴し、その人の心理状態を理解した上で、アドバイスや助言を行うことです。心理カウンセラーは、相談者の心の悩みや問題を解決するために、さまざまなカウンセリング技法を用います。

心理検査とは、一定の理論や科学的手法にもとづいて作成された、さまざまな心理テストのことです。心理カウンセラーは、心理検査の結果を分析することで、相談者の心理状態をより深く理解することができます。

心理療法とは、心理学に基づいた治療方法のことです。心理カウンセラーは、相談者の心の問題を解決するために、さまざまな心理療法を用います。

心理カウンセラーの活躍の場は、病院、学校、福祉施設、企業、行政機関など多岐にわたります。

病院では、精神疾患の診断や治療、リハビリテーションなどに携わります。

学校では、生徒の学習や進路に関する相談、不登校やいじめなどの問題への対応などに携わります。

福祉施設では、障害者や高齢者の心のケア、生活支援などに携わります。

企業では、メンタルヘルスの相談、職場環境の改善などに携わります。

行政機関では、地域のメンタルヘルスの向上、子どもの健全育成などに携わります。

心理カウンセラーになるためには、大学で心理学を専攻し、公認心理師資格や産業カウンセラー資格などの資格を取得することが一般的です。

心理カウンセラーは、心の問題を抱える人の支えとなる、重要な仕事です。今後、心の健康問題の増加が予想される中、心理カウンセラーの需要はさらに高まっていくと考えられます。

参考URL:
心理カウンセラーとは|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5