ハーズバーグの二要因理論とは、アメリカの心理学者フレデリック・ハーズバーグが提唱した、仕事におけるモチベーションに関する理論

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ハーズバーグの二要因理論とは、アメリカの心理学者フレデリック・ハーズバーグが提唱した、仕事におけるモチベーションに関する理論です。

ハーズバーグの二要因理論によると、仕事におけるモチベーションは、以下の2つの要因によって決まると考えられています。

  • 動機付け要因(Motivator)
  • 衛生要因(Hygiene Factor)
    動機付け要因は、仕事のやりがいや充実感など、仕事そのものに関連する要因です。衛生要因は、仕事の環境や条件など、仕事そのもの以外の要因です。

ハーズバーグの二要因理論では、動機付け要因は、仕事の満足度を高める要因であるとされています。一方、衛生要因は、不満足度を低める要因であるとされています。

つまり、動機付け要因が充足されると、仕事への意欲やモチベーションが高まりますが、衛生要因が充足されても、仕事への意欲やモチベーションは高まりません。

ハーズバーグの二要因理論は、人材マネジメントや組織開発において、広く活用されています。

以下に、ハーズバーグの二要因理論の応用例をいくつか挙げます。

  • 人材マネジメント
    人材マネジメントにおいては、従業員のモチベーションを高めることが重要です。そのため、従業員のやりがいや充実感を高めるような、動機付け要因の充足に努めることが重要です。

具体的には、

  • 仕事の目標や役割を与える

  • 従業員の能力や成果を認める

  • 従業員の成長やキャリアアップの機会を提供する
    などの取り組みが挙げられます。

  • 組織開発
    組織開発においては、組織全体のモチベーションを高めることが重要です。そのため、組織の目標やビジョンを明確にし、従業員が組織の目標やビジョンに共感できるようにすることが必要です。

具体的には、

  • 組織の目標やビジョンを共有する
  • 組織の文化や風土を醸成する
  • 従業員の意見や提案を積極的に聞く

などの取り組みが挙げられます。

ハーズバーグの二要因理論は、仕事におけるモチベーションを理解し、より効果的なモチベーションマネジメントを行うための重要な理論です。

参考URL:
ハーズバーグの二要因理論を職場に導入する方法 | Indeed (インディード)

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5