実験」タグアーカイブ

感覚遮断の実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

感覚遮断の実験とは?

感覚遮断の実験(sensory deprivation experiment)は、研究者が参加者の感覚刺激を制限することで、感覚情報の欠如や遮断がもたらす心理的・生理的な効果を調査する実験です。この実験は、人間の感覚システムがどのように機能し、外部刺激の欠如が意識や知覚に及ぼす影響を理解するために行われます。

感覚遮断の実験では、通常は参加者を無刺激の環境に置き、感覚情報を最小限に制限します。具体的な手法には以下のようなものがあります:

浮遊タンク(フロートタンク):特殊なタンク内に浮かびながら、水中の音や光を最小限に制限します。
無音室:音の反響を最小限にする部屋で、静寂な環境を提供します。
眼帯・イヤーマフ:視覚と聴覚の情報を遮断するために、参加者に眼帯やイヤーマフを装着させます。
これらの実験環境下では、参加者は外部からの感覚情報が制限されるため、知覚の変化や心理的な体験を報告することがあります。これには、時間の感覚の歪み、幻覚や妄想の出現、集中力の低下、リラックス状態の増加などが含まれます。

感覚遮断の実験は、知覚、意識、ストレス反応、睡眠研究などの分野で使用されます。一部の研究では、感覚遮断が脳の活動や神経システムに与える影響を調査するために、脳波測定や神経心理学的手法が組み合わせられることもあります。

ただし、感覚遮断の実験は個人の負荷や忍耐力に影響を及ぼす場合があり、倫理的な考慮と適切なガイドラインに基づいて行われる必要があります。参加者の安全と心理的な健康に留意しながら実施されるべきです。

https://psychoterm.jp/basic/perception/sensory-deprivation

ポール・ウィルソンの実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ポール・ウィルソンの実験は、1995年にポール・ウィルソンによって行われた実験です。この実験では、人々が他者の肩書きや地位に基づいて判断や推測を行う際に、バイアスが生じることを示しています。

ウィルソンの実験では、参加者に、ケンブリッジ大学の学生、実験助手、教授といった肩書きの異なる人物の写真を提示し、その人物の身長を推測してもらいました。その結果、教授と紹介された人物の身長が最も高く推測され、実験助手と紹介された人物の身長が次に高く推測され、学生と紹介された人物の身長が最も低く推測されたという結果が得られました。

この結果は、人々が肩書きや地位を高く評価する傾向があることを示しています。また、肩書きや地位が高い人物は、より優れた能力や経験を持っていると信じられる傾向があることも示しています。この実験は、人々の判断や推測にバイアスが生じることを示す、重要な実験です。

https://yowatarijyouzu.jp/sinrigaku/488.html

首振り実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

首振り実験とは、鳥が首を振る理由を解明するために行われた実験です。

ハトの首振りは、よく見かけることですが、なぜ首を振るのか、その理由は長い間謎でした。

1930年代に、イギリスの研究者によって、ハトが歩くときには、頭を固定して、首を前後に振っていることが明らかになりました。

このことから、ハトが首を振るのは、頭を固定して、周囲の景色を見やすくするためではないかと考えられています。

首振り実験では、ハトをランニングマシンの上で歩かせ、首振りを抑制する装置を装着しました。

その結果、ハトは首振りを抑制されると、周囲の景色をよく見ることができなくなり、障害物にぶつかりやすくなったという結果が得られました。

このことから、ハトが首を振るのは、周囲の景色を見やすくするためであることが、実験的に証明されました。

首振り実験は、鳥の行動に関する理解を深める上で、重要な実験の一つです。

首振り実験の結果は、他の鳥にも当てはまると考えられています。

例えば、カラスやカワセミなどの鳥も、首を振って歩くことがあります。

これらの鳥も、ハトと同様に、周囲の景色を見やすくするために首を振っていると考えられます。

https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=1844

シャクターの実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

シャクターの実験とは?

シャクターの実験(Schachter's Experiment)は、社会心理学者スタンリー・シャクター(Stanley Schachter)によって行われた、情動と認知の関係に関する古典的な実験です。この実験は、1962年に発表された論文「Emotion, Perception, and Behavior」で報告されました。

実験の目的は、人々が同じ身体的興奮(arousal)状態を経験している場合に、その興奮をどのように解釈し、情動を形成するかを調べることでした。興奮状態において、人々はその興奮の原因や意味を理解しようとする傾向があります。この理解のプロセスが、実際の情動の体験や行動にどのように影響を与えるのかを明らかにすることが目的でした。

具体的な実験手順は以下の通りです:

実験参加者は、興奮を引き起こすインジェクション(実際には安全なビタミン剤)を受けます。このインジェクションは身体的な興奮を引き起こすために使用されました。

参加者は、実験室内で実験者と共に待機します。待機室には他の実験参加者もいるように見せかけられました。

待機室内では、他の参加者たちが活発に話し合っている状況が作られました。この状況によって、参加者の興奮状態が強調されます。

実験参加者は、情動の測定を行うために質問紙を配布されます。質問紙には、自身の感情状態や理由、他の参加者たちの影響に関する質問が含まれています。

この実験の結果、シャクターは以下の主な結論を導きました:

身体的興奮のみでは、情動の特定や詳細な理解を提供することはできません。興奮の解釈や情動は、認知的要因や環境要因と相互作用して形成される傾向があります。

環境の情報や他の人々の行動は、参加者の興奮の解釈に影響を与えます。他の人々が特定の情動を表現している場合、参加者はその情動を参考にして自身の情動を形成する傾向があります。

参加者が情動を解釈するために利用する主な要素は、物理的な興奮状態(身体的反応)と環境的な情報(他の人々の行動や状況)です。これらの要素を考慮しながら、参加者は自身の情動を認識・分類し、意味づけることがあります。

シャクターの実験は、興奮と情動の関係を説明する上で重要な貢献をしました。興奮状態は、その解釈や情報の受容によって、さまざまな情動体験をもたらすことが示されました。実験の結果は、情動の理解において、身体的な興奮だけでなく、認知的な要素や環境の情報も考慮する必要があることを示しています。

なお、シャクターの実験は、情動と認知の関係を理解するための初期の研究の一つであり、その後の研究や理論の発展に影響を与えました。情動や認知の相互作用に関する研究は、さまざまな角度から行われ、人間の情動体験や行動理解において重要な要素となっています。

https://psycholosteak.hatenablog.jp/entry/2021/09/12/191336

シロクマ実験とは、アメリカの心理学者ダニエル・ウェグナーが1987年に発表した実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

シロクマ実験とは、アメリカの心理学者ダニエル・ウェグナーが1987年に発表した実験です。シロクマの映像を見た被験者を3つのグループに分け、それぞれのグループに「シロクマのことを覚えておいてください」「シロクマのことを考えても考えなくてもいいです」「シロクマのことだけは考えないでください」と指示をしました。

1年後に、それぞれのグループにシロクマに関する記憶テストを実施したところ、最も記憶していたのは「シロクマのことだけは考えないでください」と言われたグループでした。

この実験から、人は「考えないようにする」という指示をされた場合、むしろその対象を意識してしまい、結果的にその対象のことをよりよく覚えてしまうことが明らかになりました。

この現象は、皮肉過程理論(ironic process theory)によって説明されています。皮肉過程理論によると、人は「何かを意識しない」という指示をされた場合、その対象を意識しないために、その対象を意識するプロセスを実行しようとします。しかし、このプロセス自体が、その対象を意識してしまうことにつながってしまうのです。

シロクマ実験は、私たちの思考の癖について重要な示唆を与えてくれる実験です。何かを忘れたいと思ったら、むしろその対象を意識しないようにするのではなく、別のことに意識を向けるようにした方がよいでしょう。

シロクマ実験の応用例としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 嫌な記憶を忘れたい場合、その記憶を思い出そうとしないのではなく、別の楽しい記憶に意識を向けるようにする。
  • 不安や緊張を解消したい場合、その不安や緊張を意識しないようにするのではなく、呼吸や身体の動きなどに意識を向けるようにする。

シロクマ実験を知っておくことで、自分の思考の癖を理解し、より効果的な思考や行動をとることができるでしょう。

参考URL:
仕事でつかえる心理学 ~その28~ 嫌な事が忘れられない(シロクマ実験から学ぶ) | アストピ

言霊実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

言霊実験とは、言葉が物理的な現象に影響を与えるかどうかを検証する実験です。言霊は、言葉が持つ霊的な力を表す言葉で、古代から日本や中国で信じられてきました。言霊実験では、ネガティブな言葉やポジティブな言葉をかけることによって、植物の成長や動物の行動に変化が起こるかどうかを調べています。

言霊実験の結果は、まだはっきりとは分かっていません。しかし、いくつかの実験では、ネガティブな言葉をかけられた植物は成長が悪かったり、ポジティブな言葉をかけられた植物は成長が良かったりすることが示されています。また、ネガティブな言葉をかけられた動物は攻撃的になったり、ポジティブな言葉をかけられた動物は穏やかになったりすることが示されています。

言霊実験の結果は、言葉が物理的な現象に影響を与える可能性があることを示唆しています。しかし、言霊実験の結果を解釈するには、さらに研究が必要です。

https://panda-ondo.org/%E5%BF%83/%E8%A8%80%E9%9C%8A%E3%81%AE%E5%8A%9B/

実験心理学

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

実験心理学とは、実験的手法を用いて、人間の心や行動の法則性を明らかにする心理学の一分野です。研究対象は、感覚、知覚、学習、記憶、注意、認知、感情、動機づけ、行動など多岐にわたります。

実験心理学は、心理学を科学として確立するために、ドイツの心理学者ヴントによって19世紀後半に創始されました。ヴントは、心理学は自然科学と同じ方法論を用いて研究すべきであると主張し、実験心理学を心理学の基礎としたのです。

実験心理学では、研究対象を制御し、観察可能な反応を測定することで、因果関係を明らかにすることを重視します。そのため、実験心理学では、実験室で被験者を対象とした実験を行うことが多いのです。

実験心理学は、心理学の基礎を築いただけでなく、認知心理学、発達心理学、社会心理学などの発展にも大きく貢献してきました。また、実験心理学の成果は、教育、医療、産業など、さまざまな分野に応用されています。

以下に、実験心理学の代表的な研究分野をいくつか挙げます。

感覚心理学:人間の視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などの感覚を研究する分野
知覚心理学:人間がどのようにして周囲の環境を認識するかを研究する分野
学習心理学:人間がどのようにして知識や技能を獲得するかを研究する分野
記憶心理学:人間がどのようにして情報を記憶し、保持し、取り出すかを研究する分野
注意心理学:人間がどのようにして注意を集中し、選択し、切り替えるかを研究する分野
認知心理学:人間の認知過程を研究する分野
感情心理学:人間の感情を研究する分野
動機づけ心理学:人間の行動を駆り立てるものを研究する分野
行動心理学:人間の行動を観察してその法則性を明らかにする分野
実験心理学は、人間の心や行動を科学的に理解するための重要な分野です。実験心理学の成果は、私たちの日常生活や社会にさまざまな形で影響を与えています。

https://shingakunet.com/syakaijin/manabu/CT0000029_CP0000468/00_000/

ハーロウの代理母実験とは、1950年代から1960年代にかけて、アメリカの心理学者ハリー・ハーロウによって行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ハーロウの代理母実験とは、1950年代から1960年代にかけて、アメリカの心理学者ハリー・ハーロウによって行われた実験です。この実験では、アカゲザルの赤ちゃんを、2種類の代理母に分けて育てられました。1つは、哺乳瓶がついた針金の代理母で、もう1つは布製の代理母です。

生後間もない赤ちゃんは、空腹になると哺乳瓶がついた針金の代理母に近づき、哺乳瓶からミルクを飲みました。しかし、成長に伴って、赤ちゃんは布製の代理母を好むようになりました。布製の代理母に抱きついては、安心感を得ていたのです。

さらに、赤ちゃんは布製の代理母に近づくと、探索行動を積極的に行いました。一方、針金の代理母に近づくと、不安そうに行動していました。

これらの結果から、ハーロウは、アカゲザルの赤ちゃんにとって、母親からの愛情的な接触行動が、生理的欲求を満たすこと以上に重要であること、そして、母親からの愛情的な接触行動は、アカゲザルの探索行動や社会性の発達にも影響を与えることを明らかにしました。

この実験は、人間の愛着理論にも大きな影響を与えました。人間の赤ちゃんも、アカゲザルの赤ちゃんと同様に、母親からの愛情的な接触行動を必要としていると考えられているのです。

ハーロウの代理母実験は、倫理的な問題も指摘されています。アカゲザルの赤ちゃんは、母親から離れて育てられ、精神的な問題を抱えてしまったのです。しかし、この実験は、人間の愛着の重要性を明らかにしたという意味で、心理学研究において重要な位置を占めています。

参考URL:
ハーロウの代理母実験【公認心理師試験対策】 | Cozy(公認心理師のブログ)

デシの実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

デシの実験とは、アメリカの心理学者エドワード・L・デシによって行われた、内発的動機づけと外発的動機づけに関する実験です。1969年に、当時流行っていた「ソマ・パズル」を使い、2つのグループの学生にパズルを解かせました。

1つのグループには、パズルを解くと1ドルの報酬がもらえることを告げました。もう1つのグループには、パズルを解く理由は特に告げませんでした。

結果、1ドルの報酬がもらえたグループは、パズルを解く時間が短くなり、自由時間にパズルに取り組む意欲も低くなりました。一方、報酬がもらえなかったグループは、パズルを解く時間も長く、自由時間にもパズルに取り組む意欲が高い結果となりました。

この実験から、デシは、内発的動機づけは、報酬を与えることで減退する可能性があることを示しました。これを「アンダーマイニング効果」と呼んでいます。

デシの実験は、教育やビジネスなど、さまざまな分野で影響を与えています。例えば、教育においては、子どもの興味や関心を尊重し、内発的動機づけを高めることが重要であると考えられるようになりました。また、ビジネスにおいては、従業員のモチベーションを高めるために、報酬だけでなく、達成感や成長感などの内発的な動機づけを重視する考え方が広まっています。

デシの実験は、内発的動機づけと外発的動機づけに関する重要な知見を与えてくれた実験と言えます。

https://www.earthship-c.com/psychology/edward-l-deci/

分離脳実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

分離脳実験とは?

分離脳実験(ぶんりのうじっけん、Split-brain experiment)は、脳の左右の半球を物理的に分離し、それぞれの半球の機能を研究するための実験手法です。この実験は、1960年代にアメリカの神経心理学者ロジャー・スペリー(Roger Sperry)と彼のチームによって行われました。

通常、脳の左半球は右半身の運動制御や言語処理などを担当し、右半球は左半身の運動制御や空間認識などを担当しています。しかし、脳の左右の半球は神経線維束でつながっており、情報のやり取りが行われています。

分離脳実験では、てんかんの治療法として行われる手術の一環として、脳の大脳体(脳の中心部をつなぐ神経線維束)を切断することによって左右の半球を分離します。手術後、患者は左右の視野が分かれ、情報のやり取りが制限される状態となります。

この状態で行われる実験では、例えば、左半球に何かの情報(たとえば単語や画像)を提示すると、患者はその情報を口頭で言語化することができます。しかし、右半球に同じ情報を提示すると、患者は言葉で表現することができません。ただし、右半球はまだ情報を受け取っており、非言語的な反応(たとえば手で物を指し示すなど)を示すことがあります。

分離脳実験は、脳の左右半球間の異なる機能や情報処理の仕組みを理解するための貴重な手法となりました。特に言語や意識に関する研究において重要な成果をもたらしました。

https://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v9/n6/%E3%80%8C%E5%88%86%E9%9B%A2%E8%84%B3%E3%80%8D%E3%81%8C%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8/36734

ネズミのユートピア実験ユニバース25

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ユニバース25とは、1968年から1972年にかけてアメリカの動物行動学者ジョン B. カルフーンが行った、ネズミによる実験です。

カルフーンは、食料や水を無制限に与えて、病気などを予防、更に天敵のいない環境を作り出し、ネズミにとっての理想郷を作ることで、ネズミの行動パターンや繁殖率などを観察するのが目的でした。

実験の結果、ネズミは最初は爆発的に増え、2200匹まで急増しました。ところが意外にもまだ増える余裕のあるはずのスペースなのに、徐々にマウスは減少し、しまいには0匹になってしまうという結果に。

カルフーンは、この実験から、以下のような結論を導き出しました。

生存競争がなければ、動物は社会秩序を失い、暴力や性的倒錯などの異常な行動を示すようになる。
人口が過密になると、ストレスや攻撃性が高まり、社会が崩壊する。
この実験は、人間社会にも警鐘を鳴らすものとして、多くの人々に衝撃を与えました。

具体的には、以下の点が人間社会と共通すると考えられています。

食料や水などの資源が豊富になれば、人口は急増する。
人口が過密になれば、資源の奪い合いが起こり、社会は不安定になる。
社会が不安定になると、暴力や犯罪などの社会問題が起こる。
もちろん、マウスと人間は生物学的に異なるため、完全な類似性はありませんが、人間社会の未来を考える上で、ユニバース25の実験は重要な示唆を与えてくれるものと言えるでしょう。

なお、カルフーンは、この実験を25回繰り返しましたが、25回とも結果は同じでした。

https://web-mu.jp/history/6250/

ロバーズ・ケーブ実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ロバーズ・ケーブ実験は、1954年にアメリカの心理学者であるザファー・シェリフによって行われた実験です。この実験では、オクラホマ州のロバーズ・ケーブ州立公園で、11歳の少年22人を2つのグループに分け、競争と協力の状況を作り出し、グループ間の敵意と協力の変化を観察しました。

実験の初め、2つのグループは仲良く過ごしていましたが、競争状況を作り出すために、各グループに異なる色のTシャツを着せ、グループ間の優劣を競わせました。すると、2つのグループは次第に敵対的な関係になっていきました。

競争状況が続いた後、協力状況を作り出すために、2つのグループが共同で達成すべき目標を与えました。すると、2つのグループは協力し始め、敵意は減少していきました。

この実験は、集団間の敵意は、競争状況によって引き起こされ、協力状況によって減少するということを明らかにしました。また、競争状況では、集団間の区別が鮮明になり、集団間の同一化が高まることを示しました。

ロバーズ・ケーブ実験は、社会心理学において最も重要な実験の一つであり、集団心理や対立解決の研究に大きな影響を与えました。

https://www.blog.crn.or.jp/report/02/153.html

ウェグナーの実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ウェグナーの実験とは?

ウェグナーの実験(Wegner's Experiment)は、心理学者ダニエル・M・ウェグナー(Daniel M. Wegner)によって行われた実験です。この実験は、自発的な運動を引き起こす意図的な意識の力に関する洞察を提供することを目的としています。

実験は以下のような手順で行われます:

参加者は円形のテーブルを前にし、その上に置かれたフリッパー(小さな板)を手で押すことができる状態で座ります。
参加者は指示された通りにフリッパーを押し、自分の意識的な意図によってフリッパーが動いたと感じます。
その後、参加者は自分の意識的な意図に反してフリッパーが動いたと主張するように指示されます。
実験者は、参加者のフリッパーの動きを実際に制御し、参加者の主張と実際の動きの一致しない状況を作り出します。
この実験は、参加者が自分の意図によって起こったと信じる運動が実際には外部の要因によって引き起こされた場合でも、参加者は自己の意識的な制御に対する錯覚を抱く傾向があることを示唆しています。

ウェグナーの実験は、「意図と行動の錯覚」や「意図的な意識の錯覚」として知られており、人々が行動を意図的に制御していると信じる傾向がある一方で、実際には無意識な要因や外部の影響が行動を決定している場合があることを示しています。この実験は、自己の制御や意図に関する心理的なプロセスを理解するための重要な研究として位置づけられています。

https://sinrigakusenkou.com/entry/12.html

ザイアンスのゴキプリ実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ザイアンスのゴキプリ実験とは、1969年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスによって行われた実験です。この実験では、ゴキブリが迷路を通り抜けるパフォーマンスを、観客がいる場合といない場合に比較しました。その結果、観客がいる場合の方が、ゴキブリは迷路を早く通り抜けることが明らかになりました。

この実験から、ザイアンスは「社会的促進」という現象を提唱しました。社会的促進とは、他人の存在によって、パフォーマンスが向上する現象です。この現象は、人間だけでなく、動物でも見られることがわかっています。

ザイアンスのゴキプリ実験は、社会心理学における重要な実験のひとつです。この実験から得られた知見は、教育、スポーツ、ビジネスなど、さまざまな分野で応用されています。

例えば、教育の分野では、生徒の学習パフォーマンスを向上させるために、教室に観客を配置するなどの工夫がされています。また、スポーツの分野では、選手のパフォーマンスを向上させるために、観客からの声援や拍手などを行うことがあります。ビジネスの分野では、社員のモチベーションを向上させるために、上司や同僚からの承認や評価を行うことがあります。

ザイアンスのゴキプリ実験は、私たちの日常生活にも密接に関係していると言えるでしょう。

https://at-jinji.jp/blog/10457/

実験者バイアスとは、実験者自身の期待や願望が、無意識のうちに実験結果に影響を与えてしまう現象

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

実験者バイアスとは、実験者自身の期待や願望が、無意識のうちに実験結果に影響を与えてしまう現象です。

実験者は、実験の目的や仮説に基づいて、被験者に対して特定の行動や反応を期待します。その期待や願望が、被験者の行動や反応に影響を与え、結果として、実験者の期待する結果が得られてしまうというわけです。

実験者バイアスは、以下の3つの段階で発生します。

実験者の期待や願望が、被験者への態度や行動に影響を与える

実験者は、被験者に対して、自分の期待や願望を反映した態度や行動を取ります。例えば、被験者に対して期待する結果を達成させようと、積極的に支援したり、励ましたりしてしまうことがあります。

被験者の態度や行動が、実験結果に影響を与える

被験者は、実験者の態度や行動に影響を受けて、自分の行動や反応を変化させます。例えば、実験者の期待する結果を達成したいという思いから、自分の能力や意欲を最大限に発揮しようとすることがあります。

実験結果が、実験者の期待や願望を裏付ける

実験結果が、実験者の期待する結果と一致すると、実験者は、自分の期待や願望が正しかったと確信してしまいます。この確信が、さらなる実験者バイアスを助長することになります。

実験者バイアスは、あらゆる分野の実験において起こり得る可能性があります。例えば、心理学の実験では、被験者の行動や反応を観察するだけで、実験結果を導き出すことがあります。この場合、実験者の期待や願望が、被験者の行動や反応に影響を与え、結果として、実験者の期待する結果が得られてしまう可能性が高くなります。

実験者バイアスを防ぐためには、以下の対策が考えられます。

実験者の期待や願望を意識する

実験者は、自分の期待や願望を意識し、その影響が実験結果に及ばないように注意する必要があります。

実験者の盲検化を行う

実験者の盲検化とは、実験者が被験者のグループ分けや実験結果を知ることを防ぐことです。実験者の盲検化を行うことで、実験者の期待や願望が実験結果に及ぶ可能性を低減することができます。

第三者による評価を行う

実験結果は、実験者以外の第三者によって評価されることで、実験者バイアスの影響を軽減することができます。

実験者バイアスは、実験結果の信頼性を損なう大きな要因となるため、実験を行う際には、実験者バイアスを防ぐための対策を講じることが重要です。

参考URL:
自説を支持するデータばかり注目してしまう 「実験者バイアス」|エビデンスマン@武器になるエビデンス

ジャムの実験とは、1995年にコロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授によって行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ジャムの実験とは、1995年にコロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授によって行われた実験です。この実験では、スーパーマーケットのジャム売り場に、24種類のジャムと6種類のジャムを陳列し、消費者の行動を観察しました。

その結果、24種類のジャムが陳列された売り場では、試食をした人の割合は6種類のジャムが陳列された売り場よりも高かったものの、実際に購入した人の割合は6種類のジャムが陳列された売り場よりも低いという結果になりました。

この結果から、アイエンガー教授は、選択肢が多すぎると、消費者は「どのジャムが自分に合っているか」という判断に時間と労力を割くことになり、結果として購入を先延ばしにしたり、購入を諦めたりする可能性があるという「選択回避の法則」を提唱しました。

この法則は、マーケティングにおいても重要な知見として活用されています。たとえば、商品やサービスの種類を増やすことで、消費者の興味を引きつけることができると考えがちですが、選択肢が多すぎると、逆に購買率が下がる可能性があるという点に注意が必要です。

また、ジャムの実験の結果は、消費者の意思決定プロセスにも示唆を与えています。消費者は、選択肢が多いと、どの選択肢が最適であるか、判断に迷うことがあります。その結果、選択を先延ばししたり、選択自体を避けたりする傾向があります。

この傾向は、消費者の購買行動だけでなく、仕事や日常生活における意思決定にも当てはまります。たとえば、仕事でプロジェクトの担当者を選ぶ際に、多くの候補者から選ぶと、判断に時間がかかり、最適な選択をするのが難しくなる可能性があります。

このように、ジャムの実験の結果は、消費者の行動や意思決定プロセスを理解する上で重要な知見といえます。

参考URL:
ジャムの実験をWebマーケティングで実践してみた | 株式会社Sprocket

マシュマロ実験は、1960年代後半から1970年代前半にかけて、スタンフォード大学の心理学者ウォルター・ミシェルが実施した実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

マシュマロ実験は、1960年代後半から1970年代前半にかけて、スタンフォード大学の心理学者ウォルター・ミシェルが実施した実験です。4歳の子どもたちに、部屋に1枚のマシュマロを置き、「私が戻ってくるまでの15分の間、マシュマロを食べるのを我慢できたら、もう1枚のマシュマロをあげる」と伝え、その後、実験者が部屋を出て15分間観察するというものでした。

実験の結果、3分の2の子どもたちは15分間我慢できずにマシュマロを食べてしまいました。一方、我慢できた子どもたちは、マシュマロを見つめたり、触ったりせず、むしろマシュマロから注意を逸らそうとする傾向が見られました。

ミシェルは、この実験の結果から、子ども時代の自制心は、将来の社会的成果と関連しているのではないかと考えました。その後、ミシェルは、18年後にこの実験の被験者を追跡調査しました。その結果、マシュマロを我慢できた子どもたちは、食べた子どもたちよりも、学業成績が良く、体重も健康的で、友人関係も良好であることがわかりました。

マシュマロ実験は、子どもの自制心と将来の社会的成果の関連性を示す、非常に有名な実験です。しかし、2010年代後半に行われた追試では、再現が困難であることが報告されています。そのため、マシュマロ実験の結果をそのまま受け取ることには慎重である必要があります。

それでも、マシュマロ実験は、子どもの自制心の重要性を示す、非常に有益な実験であると言えます。子どもの自制心を育むためには、子どもに「我慢する」ことを教え、我慢できる環境を整えることが大切です。

参考URL:
マシュマロ実験 - Wikipedia

パブロフの犬の実験とは、ロシアの生理学者イワン・パブロフが行った実験で、条件反射の概念を確立した画期的な実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

パブロフの犬の実験とは、ロシアの生理学者イワン・パブロフが行った実験で、条件反射の概念を確立した画期的な実験です。

パブロフは、犬の唾液分泌を研究していた際に、偶然にも、ベルの音を鳴らしてからエサを与えるということを繰り返すと、ベルの音を聞いただけで犬が唾液を出すようになることを発見しました。

これは、本来は唾液分泌を引き起こす条件刺激(無条件刺激)であるエサを与える前に、ベルの音という条件刺激を与えることで、ベルの音も無条件刺激と同様の反応を引き起こすようになるという条件反射の現象です。

パブロフの犬の実験は、心理学や脳科学において、条件反射の研究の基礎となり、広く知られています。

この実験の具体的な手順は、以下のとおりです。

犬のほおに管を通し、唾液の分泌量を測定する。
犬にエサを与える。
エサを与える前にベルを鳴らす。
これを繰り返す。
すると、数回の繰り返しで、犬はベルの音を聞いただけで唾液を出すようになるのです。

パブロフの犬の実験は、条件反射の概念を確立しただけでなく、人間の行動や心理にも応用できる可能性を示しています。

例えば、広告やマーケティングにおいて、特定の音や映像を繰り返し提示することで、商品やサービスの購入意欲を高めることができると考えられています。

また、教育においても、特定の行動を繰り返し行うことで、その行動を習慣化することができると考えられています。

このように、パブロフの犬の実験は、心理学や脳科学だけでなく、広い分野で応用されています。

参考URL:
「パブロフの犬」の脳内の仕組み解明 | Science Portal - 科学技術の最新情報サイト「サイエンスポータル」

フェスティンガーの実験とは、アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーが提唱した認知的不協和理論を検証するために行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フェスティンガーの実験とは、アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーが提唱した認知的不協和理論を検証するために行われた実験です。

この実験では、被験者に単調な作業をさせ、報酬を支払いました。報酬が少ないグループと多いグループに分け、その後、同じ作業の楽しさを伝えるように指示しました。

その結果、報酬が少ないグループの被験者は、報酬が多いグループの被験者よりも、作業の楽しさを伝える度合いが強かったことがわかりました。

この結果から、フェスティンガーは、認知的不協和の状態になると、人はそれを解消するために、矛盾する認知の一方を変えようとすると考えました。

つまり、報酬が少ないグループの被験者は、単調な作業という認知と、その作業を楽しいと伝えるという認知の間に不協和を感じていました。それを解消するために、作業の楽しさを過大評価することによって、不協和を低減しようとしたと考えられます。

この実験は、認知的不協和理論の最も有名な実験であり、社会心理学において重要な位置を占めています。

フェスティンガーの実験は、日常生活にも当てはめることができます。

例えば、高い値段で商品を購入した人は、その商品の価値を過大評価する傾向があります。これは、高額の支払いをしたという認知と、その商品の価値という認知の間に不協和が生じるためです。

また、政治的な立場や宗教的な信仰など、自分の価値観と矛盾する行動をとったときにも、認知的不協和が生じます。例えば、喫煙を嫌う人でも、ストレス解消のためにタバコを吸ってしまうことがあります。これは、喫煙という行動と、タバコを嫌うという認知の間に不協和が生じるためです。

このように、認知的不協和は、私たちの日常生活においても重要な役割を果たしています。

参考URL:
認知的不協和(理論)とは?【わかりやすく】具体例、解消法 - カオナビ人事用語集

ラットパーク実験とは、1970年代後半にカナダのサイモンフレーザー大学で行われた、薬物依存の原因と治療法に関する実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ラットパーク実験とは、1970年代後半にカナダのサイモンフレーザー大学で行われた、薬物依存の原因と治療法に関する実験です。

実験では、ネズミを2つのグループに分けました。1つ目のグループは、狭くて孤独なケージに入れられた「植民地ネズミ」です。もう1つのグループは、広々としたケージに入れられ、他のネズミと交流できる「楽園ネズミ」です。

両方のグループのネズミに、モルヒネ水を飲ませることができる装置を与えました。すると、植民地ネズミはモルヒネ水を頻繁に飲み、次第に依存症になりました。一方、楽園ネズミはモルヒネ水をあまり飲まず、依存症になるリスクは低くなりました。

この結果は、薬物依存は、ネズミの環境や社会的な関係によっても影響を受けることを示しています。孤独やストレスなどのマイナスの環境は、薬物依存のリスクを高める可能性があります。

ラットパーク実験は、薬物依存の治療法にも示唆を与えています。植民地ネズミを楽園に移すと、モルヒネ水の摂取量が減り、依存症から回復する可能性が高くなりました。これは、薬物依存者の社会的な関係や環境を改善することで、依存症から回復を促すことができる可能性があることを示しています。

ラットパーク実験は、薬物依存の原因と治療法に関する重要な知見を与えた実験です。この実験の結果は、薬物依存の予防と治療に役立てられています。

参考URL:
ラットパーク - Wikipedia

ロフタスの虚偽記憶実験とは、認知心理学者のエリザベス・ロフタスが行った、記憶が後から操作される可能性を示す実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ロフタスの虚偽記憶実験とは、認知心理学者のエリザベス・ロフタスが行った、記憶が後から操作される可能性を示す実験です。

この実験では、被験者に、幼い頃に迷子になったという虚偽の記憶を植え込むことを試みました。具体的には、被験者に、家族の証言による実際の過去の記録3つに「ショッピングモールで迷子になった」という嘘の記録1つを混ぜて見せ、その後、被験者にそれらの記録を思い出してもらいました。

その結果、被験者の4分の1が、嘘の記録である「ショッピングモールで迷子になった」という記憶を実際に体験したことがあると答えました。さらに、被験者たちは、その記憶について、場所、時間、状況などの詳細まで、具体的に語ることができました。

この実験は、記憶が後から操作される可能性を示す重要な研究として、広く知られています。この研究によって、記憶は必ずしも正確なものではなく、後から与えられた情報によって変容する可能性があることが明らかになりました。

ロフタスの虚偽記憶実験は、司法の場でも大きな影響を与えました。この実験によって、目撃証言の信頼性が揺らいだため、裁判では、目撃証言だけでなく、他の証拠も慎重に検討されるようになりました。

また、ロフタスの研究は、セラピーやカウンセリングの分野にも影響を与えました。この研究によって、抑圧された記憶の概念に疑問が投げかけられたため、セラピーやカウンセリングにおいては、記憶の操作に注意を払うようになってきています。

ロフタスの虚偽記憶実験は、記憶の不確実性について、私たちに重要な警鐘を鳴らした研究と言えるでしょう。

参考URL:
ロフタスの虚偽記憶とは-実験から記憶を考察│けうブログ

ローゼンハン実験とは、1973年にスタンフォード大学の心理学者デイビッド・ローゼンハンによって行われた、精神障害の診断の有効性についての実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ローゼンハン実験とは、1973年にスタンフォード大学の心理学者デイビッド・ローゼンハンによって行われた、精神障害の診断の有効性についての実験です。

ローゼンハンは、精神障害の診断は、医師の判断に依存する部分が多く、客観的な基準が不足しているのではないかと考えていました。そこで、彼はボランティアで募った健常者8名(ローゼンハンも含む)を、精神病院に送り込み、医師が見分けることができるのかを観察する実験を行いました。

実験参加者たちは、入院前に精神科医から統合失調症の症状についてレクチャーを受け、入院後は、氏名と職業を偽る以外は、精神科医からの質問に全て正直に答えるように指示されました。

実験の結果、入院した8名全員が、精神科医から統合失調症と診断され、入院を継続することになりました。また、医師の診断は、入院前に受けたレクチャーの内容に影響されることはなく、入院後に患者の症状が変化しても、診断が修正されることはありませんでした。

この結果は、精神障害の診断が、医師の判断に依存する部分が多く、客観的な基準が不足していることを示唆するものとして、大きな反響を呼びました。

ローゼンハン実験は、精神障害の診断の在り方を大きく問い直すきっかけとなりました。その後、精神障害の診断基準の改善や、精神科医のトレーニングの強化などが行われてきました。

しかし、ローゼンハン実験が示した精神障害の診断の難しさと、その社会的影響は、現在でもなお重要な課題となっています。

参考URL:
ローゼンハン実験 - Wikipedia

自己注射実験とは、動物に自己注射装置を装着し、動物が自らの意思で薬物を注射できるようにする実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

自己注射実験とは、動物に自己注射装置を装着し、動物が自らの意思で薬物を注射できるようにする実験です。主に薬物依存の研究に用いられます。

自己注射実験では、動物に自己注射装置を装着し、装置に薬剤を装填します。動物は、装置のスイッチを押すことで、薬剤を注射することができます。動物は、薬剤を注射すると快感を得るため、次第に薬剤を注射する頻度が高まります。このことから、自己注射実験は、薬物依存の形成や維持のメカニズムを解明するために用いられます。

自己注射実験は、以下のような方法で実施されます。

  • 動物に自己注射装置を装着する。
  • 装置に薬剤を装填する。
  • 動物に装置の使い方を教える。
  • 動物が自らの意思で薬剤を注射できるようにする。

自己注射実験は、薬物依存の研究において重要な方法です。この実験により、薬物依存の形成や維持のメカニズムが解明され、薬物依存の治療や予防につながることが期待されています。

自己注射実験は、主に以下の動物で実施されます。

  • サル
  • ラット
  • マウス

これらの動物は、薬物依存の形成や維持のメカニズムがヒトに似ていることから、自己注射実験に用いられています。

自己注射実験は、動物の倫理に配慮して実施する必要があります。動物に苦痛や不快を与えないように、装置の設計や使用方法に注意が必要です。

参考URL:
ラットパーク - Wikipedia

カンデルの神経強化実験とは、アメリカの神経科学者、エリック・カンデルが1971年から1973年にかけて行った、アメリカミシシッピ州のアメフラシを用いた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

カンデルの神経強化実験とは、アメリカの神経科学者、エリック・カンデルが1971年から1973年にかけて行った、アメリカミシシッピ州のアメフラシを用いた実験です。この実験によって、カンデルは長期記憶の形成にCREB(cAMP応答性転写因子)というタンパク質が関与していることを発見しました。

カンデルの実験は、アメフラシの触角に電気ショックを与えることで、触角に接続するニューロンの活動を強めることから始まります。そして、電気ショックを与える前後で、触角に接続するニューロンの活動を電気生理学的に測定します。

実験の結果、電気ショックを与える前後で、触角に接続するニューロンの活動に変化があることがわかりました。具体的には、電気ショックを与えた直後は、触角に接続するニューロンの活動が弱まりますが、時間が経つにつれて、活動が強まることがわかりました。

カンデルは、この変化を長期記憶の形成と考えました。そして、長期記憶の形成にCREBが関与していることを明らかにしました。

カンデルの神経強化実験は、脳科学の分野において画期的な発見でした。この実験によって、長期記憶の分子メカニズムが初めて解明されました。また、この実験は、神経科学の研究において、実験動物としてアメフラシが広く用いられるようになったきっかけとなりました。

カンデルの神経強化実験は、現在でも脳科学の研究において重要な基礎となっています。また、この実験は、脳科学の研究成果が、アルツハイマー病などの記憶障害の治療につながる可能性も示唆しています。

参考URL:
エリック・カンデル - Wikipedia

泥棒洞窟実験とは、1954年から1961年にかけて、アメリカの社会心理学者モートン・シェリフらが行った実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

泥棒洞窟実験とは、1954年から1961年にかけて、アメリカの社会心理学者モートン・シェリフらが行った実験です。この実験は、集団間の葛藤の発生と解消について検討することを目的としていました。

実験は、テキサス州オースティンの郊外にあるキャンプ場で行われました。参加者は、11歳から12歳の白人少年22名で、無作為に2つのグループに分けられました。各グループは、それぞれ「ライオンズ」と「イーグルス」という名前を与えられました。

実験の最初は、各グループは別々にキャンプ場で過ごしました。この期間中、グループのメンバーは共同活動などを行い、グループ内の仲間意識を強めました。

その後、グループ同士が接触する機会が設けられました。このとき、グループは賞品争奪ゲームやキャンプ場の占領ゲームなどの競争的な活動を行いました。この競争を通じて、グループ間の緊張が高まり、対立が激化しました。

対立が激化した後、グループ同士の接触は遮断されました。この期間中、グループはそれぞれ非協力的な態度をとるようになりました。

最後に、グループ同士の接触が再開されました。このとき、グループは共通の目標を達成するために協力する活動を行いました。この協力を通じて、グループ間の対立は解消され、友好的な関係が築かれました。

この実験の結果、次のことが明らかになりました。

  • 希少な資源(賞品)をめぐる競争が集団間の葛藤を引き起こす。
  • グループ間の接触だけでは、対立を解消することはできない。
  • 目標を達成するための協力的相互依存関係が、対立の解消に効果的である。

この実験は、集団間関係に関する心理学研究の基礎となった重要な実験です。この実験の結果は、民族紛争や宗教対立など、さまざまな集団間対立の理解に役立っています。

また、この実験は、ビジネスや教育などの分野においても応用されています。例えば、部門間対立を解消するために、共通の目標を達成するためのプロジェクトを実施するなど、この実験の結果に基づいた取り組みが行われています。

参考URL:
『泥棒洞窟実験』とは?【ゼロからわかる社会心理学実験】 | トモヤログ

モニスの実験的ロボトミーとは、ポルトガルの精神科医、アントニオ・エガス・モニスが1935年に開発した、精神疾患の治療法

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

モニスの実験的ロボトミーとは、ポルトガルの精神科医、アントニオ・エガス・モニスが1935年に開発した、精神疾患の治療法です。

モニスは、精神疾患は前頭葉の機能異常によって引き起こされると考えていました。そこで、前頭葉の一部を切断することで、精神疾患の症状を緩和できるのではないかと考えました。

モニスは、脳波の測定や、動物実験などによって、前頭葉の切断が精神疾患の症状に効果があることを確かめました。そして、1935年に、精神病患者に対して、前頭葉の切断手術を行いました。

モニスの手術は、当初は成功したように見えました。手術を受けた患者の多くは、精神疾患の症状が改善されたと報告されました。そのため、モニスの実験的ロボトミーは、世界中で広く行われるようになりました。

しかし、その後の研究によって、モニスの実験的ロボトミーには、重大な副作用があることがわかりました。具体的には、手術を受けた患者は、感情の鈍麻、意欲の低下、自発性の喪失など、さまざまな後遺症に苦しむことがわかりました。

そのため、モニスの実験的ロボトミーは、1950年代以降、徐々に行われなくなってきました。

モニスの実験的ロボトミーは、精神疾患の治療法として、画期的なものでしたが、その副作用の大きさから、現在では行われなくなっています。しかし、この手術によって、脳科学の分野において、前頭葉の役割に関する研究が進んだことは、重要な成果と言えるでしょう。

参考URL:
エガス・モニス - Wikipedia

マーシュ礼拝堂の実験とは、1962年4月20日にボストン大学のマーシュ礼拝堂で行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

マーシュ礼拝堂の実験とは、1962年4月20日にボストン大学のマーシュ礼拝堂で行われた実験です。ハーバード神学校の神学の大学院生であったウォルター・パンケが、ハーバード・シロシビン計画とティモシー・リアリーの監督のもとで計画しました。

実験には、ボストン地区の神学院生のボランティア29名が参加しました。参加者は、無作為に2つのグループに分けられました。1グループにはシロシビン、もう1グループには高用量のナイアシンが投与されました。ナイアシンには生理学的な作用があり、活性プラセボとして用いられました。

シロシビンを投与されたグループの参加者は、礼拝堂で静かに座り、賛美歌や宗教的な音楽を聴きました。また、司祭による聖書朗読や説教も行われました。

実験の結果、シロシビンを投与されたグループの参加者は、対照群に比べて、神性や霊性に関する体験を多く報告しました。また、人生の意味や価値に関する洞察を得たという人もいました。

この実験は、シロシビンが宗教的な体験を促進する可能性を示唆するものとして、注目されています。また、精神疾患の治療や、死生観の探求など、シロシビンの可能性を探る研究の基礎となりました。

具体的には、シロシビンを投与されたグループの参加者は、以下のような体験を報告しました。

  • 神性や霊性の存在を感じた。
  • 愛や慈悲の感情が湧き上がった。
  • 人生の意味や価値について考えた。
  • 死を恐れなくなった。

これらの体験は、シロシビンが脳の神経伝達物質の働きを変化させることで引き起こされたと考えられています。シロシビンは、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の分泌を促進し、脳の視床下部にある霊性に関わる領域の活動を活性化すると考えられています。

マーシュ礼拝堂の実験は、シロシビンの精神的な効果を示す重要な研究です。今後も、シロシビンのさらなる研究が進むことで、精神疾患の治療や、死生観の探求など、さまざまな分野での応用が期待されています。

参考URL:
マーシュ礼拝堂の実験 - Wikipedia

コンコード刑務所実験は、1962年にアメリカのマサチューセッツ州コンコードにあるコンコード州刑務所で行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

コンコード刑務所実験は、1962年にアメリカのマサチューセッツ州コンコードにあるコンコード州刑務所で行われた実験です。この実験は、心理学者トマス・アンダーソンによって行われ、シロシビンによって引き起こされる幻覚体験が、囚人の再犯率を低下させるかどうかを検証することを目的としていました。

実験には、32人の囚人が参加しました。被験者は、2つのグループに分けられ、1つのグループにはシロシビンが投与され、もう1つのグループには偽薬が投与されました。シロシビンを投与された被験者は、2時間にわたってグループセラピーを受けました。

実験の結果、シロシビンを投与された被験者の再犯率は、偽薬を投与された被験者の再犯率よりも有意に低いことが明らかになりました。シロシビンを投与された被験者の再犯率は25%であったのに対し、偽薬を投与された被験者の再犯率は64%でした。

この結果は、シロシビンが再犯防止に有効な治療法となる可能性があることを示唆しています。しかし、この実験は比較的小規模なものであり、さらなる研究が必要です。

コンコード刑務所実験は、シロシビンの治療効果を検証した最初の実験の1つです。この実験の結果は、シロシビンがうつ病、アルコール依存症、薬物依存症などの精神疾患の治療に有効である可能性を示唆しています。近年、シロシビンの治療効果に関する研究が進められており、今後、シロシビンは新たな治療法として広く普及する可能性もあります。

参考URL:
コンコード刑務所実験 - Wikipedia

吊り橋実験とは、1974年にアメリカの心理学者ドナルド・ダットンとアーサー・アロンによって行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

吊り橋実験とは、1974年にアメリカの心理学者ドナルド・ダットンとアーサー・アロンによって行われた実験です。この実験では、18歳から35歳までの独身男性を、揺れる吊り橋と揺れない吊り橋の上で渡らせ、それぞれの橋の真ん中で若い女性に「アンケートにご協力ください」と話しかけたというものです。

その結果、揺れる吊り橋を渡った男性の方が、揺れない吊り橋を渡った男性よりも、女性に好意を抱く傾向が強かったことが明らかになりました。この実験から、不安や恐怖などのストレスを感じているときには、恋愛感情を抱きやすくなるという「吊り橋効果」が提唱されました。

吊り橋効果は、情動二要因論によって説明されています。情動二要因論とは、スタンレー・シャクターによって提唱された情動の理論であり、情動は「出来事→感情→その感情への解釈」という経路で生じるとしています。

吊り橋効果において、不安や恐怖などのストレスを感じているときには、心拍数や血圧などの生理的な変化が生じます。この生理的な変化は、恋愛感情の特徴と似ているため、不安や恐怖を恋愛感情と誤って認知してしまうと考えられています。

吊り橋効果は、恋愛以外の場面でも応用されています。例えば、営業やマーケティングにおいて、顧客に緊張感を与えることで、商品やサービスへの好感度を高めるという方法が用いられています。

なお、吊り橋効果は、あくまでも実験結果に基づく仮説であり、必ずしもすべての人に当てはまるとは限りません。また、吊り橋効果を意図的に利用する場合、相手の心理状態や状況を十分に考慮することが重要です。

参考URL:
”吊り橋効果”のウソ・ホント!実はこんなところ恋愛テクニックが!?

ソーンダイクの問題箱実験とは、アメリカの心理学者エドワード・ソーンダイクが1898年に行った実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ソーンダイクの問題箱実験とは、アメリカの心理学者エドワード・ソーンダイクが1898年に行った実験です。この実験では、猫を問題箱と呼ばれる箱に入れ、餌を箱の外側に置き、猫が箱から脱出するまでの間、猫の行動を観察しました。

問題箱は、餌が置かれている場所につながる扉が付いています。この扉を開けるための方法は、箱によって異なります。例えば、扉の前に輪がぶら下がっていて、それを引っ張ることで扉が開くものや、扉の上にフックがあって、それを引っ張ることで扉が開くものなどがあります。

ソーンダイクの実験の結果、猫は最初は箱から脱出する方法がわからず、さまざまな行動を試行錯誤します。そのうち、偶然に正しい行動をとると、餌が得られ、猫は満足します。そして、この経験を積み重ねることで、猫は箱から脱出する方法を学習していきます。

ソーンダイクはこの実験から、学習は試行錯誤の結果であり、正しい行動をとると、その行動が強化されることで学習が促進されることを明らかにしました。この学習の原理は、後に「試行錯誤学習」または「道具的条件づけ」と呼ばれるようになりました。

ソーンダイクの問題箱実験は、学習心理学における重要な実験であり、その後の学習研究に大きな影響を与えました。

参考URL:
ソーンダイクの問題箱実験とは?猫を使った実験内容をわかりやすく解説 | やさびと心理学

聖金曜日の実験は、1962年の聖金曜日、すなわち4月20日にボストン大学のマーシュ礼拝堂で行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

聖金曜日の実験は、1962年の聖金曜日、すなわち4月20日にボストン大学のマーシュ礼拝堂で行われた実験です。ハーバード神学校の神学の大学院生であったウォルター・パンケが、ハーバード・シロシビン計画とティモシー・リアリーの監督のもとで実験を計画しました。

実験では、20人の被験者を2つのグループに分け、片方のグループにはシロシビンを含むカプセルを、もう一方のグループにはプラセボ(偽薬)を服用させました。シロシビンは、幻覚作用のある向精神薬です。

実験の結果、シロシビンを服用したグループの被験者は、プラセボを服用したグループの被験者よりも、宗教的体験や神とのつながりを感じたと報告しました。具体的には、以下のような体験を報告しました。

神の存在や愛を感じた
人生の意味や目的を理解した
他の人とのつながりを感じた
自然の美しさに感動した
この実験は、シロシビンが宗教的体験や神とのつながりを引き起こす可能性を示唆するものとして、注目を集めました。

なお、この実験は倫理的な問題も指摘されています。被験者は、シロシビンの副作用として、不安や幻覚などの症状を経験する可能性があることを知らされていました。しかし、実際には、被験者の中には、これらの症状を強く経験し、実験を中断した人もいました。

近年、シロシビンの精神療法への応用が注目されています。聖金曜日の実験は、シロシビンが精神療法において有効な薬物である可能性を示唆するものです。

参考URL:
マーシュ礼拝堂の実験 - Wikiwand

問題解決実験における幻覚剤とは、環境的な支援を受けた上で幻覚剤を使用することが、専門的な問題の解決における能力を向上させることができるかを評価するために実施される研究

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

問題解決実験における幻覚剤とは、環境的な支援を受けた上で幻覚剤を使用することが、専門的な問題の解決における能力を向上させることができるかを評価するために実施される研究です。

幻覚剤は、セロトニン2A受容体に作用する薬物であり、意識や知覚に変化をもたらすことで知られています。近年、幻覚剤が創造性や問題解決能力を向上させる可能性があることが、いくつかの研究で示唆されています。

問題解決実験における幻覚剤の研究では、被験者に幻覚剤を投与した後に、専門的な問題の解決課題に取り組んでもらいます。課題の難易度は、被験者の専門分野や能力に合わせて調整されます。

研究の結果、幻覚剤を投与した被験者は、課題をより創造的かつ効率的に解決できることが示されました。具体的には、以下の効果が報告されています。

  • 抑制と不安が少ないこと
  • 大きな文脈で問題を再構成する能力
  • 観念形成が円滑かつ柔軟に行えること
  • 視覚的なイメージと空想を想起する能力の増大
  • 集中力の向上
  • 外的過程と対象への共感性の向上
  • 他者への共感の高まり
  • 潜在意識化の情報を取り出しやすくなったこと
  • 異なる概念のつながり
  • 完成した解決策を思い浮かべることによる達成動機の高まり

これらの効果は、幻覚剤が脳の認知機能を変化させることで引き起こされると考えられています。例えば、幻覚剤は、創造性に関連する脳領域の活動を活性化することが示唆されています。

ただし、問題解決実験における幻覚剤の研究はまだ初期段階であり、さらなる研究が必要です。幻覚剤の安全性や副作用についても、慎重に検討する必要があります。

なお、幻覚剤は日本で未承認の薬物であり、医師の処方を受けずに使用することは違法です。

参考URL:
問題解決実験における幻覚剤 - Wikipedia

見えないゴリラの実験とは、1999年にアメリカの心理学者であるチャールズ・チャブリスとダニエル・シーゲルによって行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

見えないゴリラの実験とは、1999年にアメリカの心理学者であるチャールズ・チャブリスとダニエル・シーゲルによって行われた実験です。この実験では、被験者にバスケットボールのパスをする2チームの動きを見てもらい、白いシャツを着たチームのパスの数を数えるように指示しました。すると、その途中でゴリラの着ぐるみを着た人物がコートの中を歩いていても、42%の被験者が気付かないという結果が出ました。

この実験は、人間の認知において、注目している対象以外の情報は容易に見落とされてしまうことを示しています。この現象は、「非注意性盲目(Inattentional Blindness)」と呼ばれています。

非注意性盲目は、日常生活でも起こり得る現象です。例えば、歩きながら会話に夢中になっていると、目の前で車が通っていたことに気付かなかったり、仕事に集中していると、周囲の同僚の様子に気付かなかったりすることが考えられます。

非注意性盲目を防ぐためには、注意を集中する対象を変えたり、周囲の状況に注意を払ったりするように心がけることが大切です。

見えないゴリラの実験は、人間の認知の限界を示す興味深い実験です。この実験から、私たちは、自分が注意を払っている対象以外の情報は、容易に見落とされてしまう可能性があるということを認識しておく必要があります。

参考URL:
Webマーケティングでも注意すべきインビジブルゴリラ(見えないゴリラ)現象とは | 株式会社Sprocket

ラタネとダーリーの実験とは、1968年にアメリカの心理学者であるラタネとダーリーによって行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ラタネとダーリーの実験とは、1968年にアメリカの心理学者であるラタネとダーリーによって行われた実験です。この実験では、ニューヨーク大学の学生を被験者とし、ある緊急事態が発生したときに、傍観者が援助行動を起こすかどうかを調べました。

実験では、被験者は2人、3人、6人のグループに分けられ、それぞれ個室に通されて、マイクとインターフォンを使って順番に発言、討論をするという説明を受けました。その間に、一人の被験者が「苦しんでいる」という演技をします。

その結果、2人組のグループでは、100%の被験者が援助行動を起こしたのに対し、6人組のグループでは、62%の被験者が援助行動を起こさなかったことがわかりました。

この結果から、傍観者が多いほど、援助行動が起こりにくくなることが示されました。この現象は「傍観者効果」と呼ばれています。

傍観者効果が生じる原因としては、以下の3つが考えられます。

  • 責任の分散:傍観者が多いと、誰かが助けるだろうという心理が働き、個人の責任が分散されます。
  • 聴衆抑制:傍観者が多いと、自分の行動が他の人に見られているという意識が働き、行動を抑制する心理が働きます。
  • 多元的無知:傍観者が多いと、他の人が助けていないことから、事態が緊急ではないと誤解する心理が働きます。

傍観者効果は、社会心理学において重要な概念の一つです。この効果を理解することで、緊急事態において援助行動を促進するための方法を検討することができます。

なお、ラタネとダーリーの実験は、その後も様々な条件で行われ、傍観者効果が普遍的に存在することが示されています。また、この効果は、年齢や性別、文化によっても影響を受けることが明らかになっています。

参考URL:
傍観者効果 - Wikipedia