実験」タグアーカイブ

3人のキリスト実験は、1959年から1961年にかけて、ミシガン州イプシランティの州立病院で、精神科医のミルトン・ロッキーチが行った心理学的実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

3人のキリスト実験は、1959年から1961年にかけて、ミシガン州イプシランティの州立病院で、精神科医のミルトン・ロッキーチが行った心理学的実験です。ロッキーチは、自分がイエス・キリストだと信じている3人の妄想型統合失調症患者を、同室で生活させ、互いの主張をぶつけ合わせることで、彼らの精神状態を改善しようとしました。

3人の患者は、以下のとおりです。

  • ジョセフ・マーティン:30歳の男性。キリストが復活して、再び地上に降臨したと信じています。

  • クライド・ベイリー:23歳の男性。自分がイエスの弟子であり、救世主の役割を果たすために遣わされたと信じています。

  • リオン・ルイス:21歳の男性。自分がイエスの生まれ変わりであり、世界を救うために再び現れたと信じています。

ロッキーチは、3人の患者を同室にすることで、彼らが互いの主張に矛盾や不整合があることに気づき、自分の信念を疑い始めるだろうと考えました。また、彼らが互いに助け合うことで、精神状態が改善されるのではないかとも考えました。

実験は2年間にわたって行われましたが、3人の患者の信念は変化しませんでした。むしろ、彼らは互いに対立し、仲違いを深めるようになりました。ロッキーチは実験を中止し、3人の患者は別の病院に移送されました。

この実験は、精神疾患の治療法として、対立や仲違いを促す方法が有効であるという考えを支持するものとはなりませんでした。しかし、妄想型統合失調症患者の信念の強さを示すものとして、注目を集めています。

参考URL:
イプシランティの3人のキリスト - Wikipedia

アルバート坊やの実験は、1920年にジョン・B・ワトソンとロバート・R・ワイアットによって行われた心理学実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アルバート坊やの実験は、1920年にジョン・B・ワトソンとロバート・R・ワイアットによって行われた心理学実験です。この実験では、生後11ヶ月の乳児であるアルバート坊やを対象に、古典的条件づけを用いて恐怖反応を学習させるという実験が行われました。

実験では、アルバート坊やに白いラットを提示しました。すると、アルバート坊やはラットを興味深そうに見つめ、何も恐怖反応を示さませんでした。次に、ラットを提示する際に、大きな音を同時に鳴らしました。すると、アルバート坊やは大きな音に驚いて泣き出しました。

この実験を5回繰り返した結果、アルバート坊やはラットを見ただけで泣き出すようになりました。つまり、ラットという中性刺激が、大きな音という無条件刺激と対提示されることで、恐怖反応を引き起こす条件刺激へと変化したのです。

この実験は、古典的条件づけによって恐怖反応を学習させることができることを証明した画期的な実験でした。しかし、この実験は倫理的に問題があるとも指摘されています。アルバート坊やは、無条件刺激である大きな音によって強い恐怖反応を学習させられたため、その後もラットや毛皮などの似たようなものを恐怖するようになったと考えられます。

アルバート坊やの実験は、心理学における古典的条件づけの研究に大きな影響を与えました。しかし、この実験の倫理的な問題は、現在でも議論の対象となっています。

参考URL:
発達心理学でもっとも有名な実験:アルバート坊や| 同志社大学 赤ちゃん学研究センター

スキナー箱の実験は、アメリカの心理学者、行動科学者であるバラス・スキナーによって開発された実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スキナー箱の実験は、アメリカの心理学者、行動科学者であるバラス・スキナーによって開発された実験です。スキナー箱は、主にラットやハトのオペラント条件づけや行動研究に用いられます。

スキナー箱は、基本的に、小動物を閉じ込めて、その行動を観察するための装置です。箱の中には、レバーやボタンなどの操作装置があり、その操作によって、小動物に餌や水などの報酬を与えることができます。

スキナー箱の実験では、小動物がレバーやボタンを押すなどの行動を繰り返すことで、報酬を得ることを学習させます。この学習を「オペラント条件づけ」と呼びます。

スキナー箱の実験では、さまざまな条件を変えることで、小動物の行動をコントロールすることができます。例えば、報酬を出す頻度を変えることで、小動物の行動の頻度や持続性を変化させることができます。

スキナー箱の実験は、動物の行動研究だけでなく、人間の行動研究にも応用されています。例えば、教育や訓練、マーケティングなどの分野で、スキナー箱の実験に基づいた手法が用いられています。

スキナー箱の実験の代表的な例としては、以下のような実験が挙げられます。

  • レバーを押すと餌が出るスキナー箱に入れられたラットの場合、ラットは次第にレバーを押す行動を繰り返すようになります。これは、レバーを押す行動が報酬(餌)によって強化されるためです。

  • 特定の色のボタンを押すと餌が出るスキナー箱に入れられたハトの場合、ハットは次第にその色のボタンを押す行動を繰り返すようになります。これは、特定の色のボタンを押す行動が報酬(餌)によって強化されるためです。
    スキナー箱の実験は、行動学の発展に大きく貢献した実験です。この実験によって、行動の学習や変化に関する多くの知見が得られました。

参考URL:
スキナー箱の実験とは?実験方法・結果・強化学習のしくみを簡単に解説 | やさびと心理学

ボボ人形実験は、アメリカの心理学者アルバート・バンデューラによって1961年から1963年にかけて行われた一連の実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ボボ人形実験は、アメリカの心理学者アルバート・バンデューラによって1961年から1963年にかけて行われた一連の実験です。この実験では、子供たちが大人のモデルの攻撃的な行動を観察した結果、自分自身も攻撃的になる可能性があることを示しました。

実験では、子供たちを3つのグループに分けました。

  • 攻撃的モデルグループ:大人がボボ人形に怒鳴ったり、叩いたり、蹴ったり、投げつけたりしながら、攻撃的な言葉を発する様子を見せる。

  • 非攻撃的モデルグループ:大人がボボ人形と友好的に遊ぶ様子を見せる。

  • コントロールグループ:大人の行動を見せない。

その後、各グループの子供たちを別々の部屋に連れて行き、ボボ人形を自由に遊ばせました。

その結果、攻撃的モデルグループの子供たちは、ボボ人形を叩いたり、蹴ったり、投げつけたりすることが最も多く、非攻撃的モデルグループの子供たちは、ボボ人形に攻撃的な行動をとることが最も少なかったことがわかりました。コントロールグループの子供たちは、中間の結果を示しました。

この実験は、子供たちが周囲の環境から学び、模倣する能力があることを示しています。また、暴力的な行動は、子供たちの模倣によって学習される可能性があることも示しています。

この実験は、教育、親子関係、メディアの監視など、さまざまな分野で影響を与えました。この実験の結果に基づいて、暴力的なコンテンツに子供が触れるのを防ぐために、親や教育者がより注意を払うように促されました。

参考URL:
ボボ人形実験とは?バンデューラが行った実験内容・結果を簡単に解説 | やさびと心理学

アッシュの同調実験とは、1951年にアメリカの社会心理学者ソロモン・アッシュが行った、人間の同調行動を検証した実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

アッシュの同調実験とは、1951年にアメリカの社会心理学者ソロモン・アッシュが行った、人間の同調行動を検証した実験です。

実験では、真の被験者(被験者本人)のほかに、サクラ役の被験者を複数人用意しました。そして、真の被験者を前に、サクラ役の被験者たちが、明らかに間違った線の長さを指差すように指示しました。

その結果、真の被験者の37%が、サクラ役の被験者と同じように、明らかに間違った線の長さを指差すという結果が出ました。

この結果は、人間は、集団の圧力に屈して、自分の意見を曲げることがあることを示しています。

アッシュの同調実験は、社会心理学において最も有名な実験の一つであり、その後も多くの研究が行われています。

アッシュの同調実験の結果から、同調行動は、以下の要因によって影響を受けると考えられています。

  • 集団の人数:人数が多いほど、同調行動は起こりやすくなります。
  • 集団の一致:集団の意見が一致しているほど、同調行動は起こりやすくなります。
  • 個人の性格:自己主張の強い人は、同調行動を起こしにくい傾向があります。

アッシュの同調実験は、私たちの社会生活において、さまざまな影響を及ぼしています。

たとえば、集団の中では、自分の意見を主張せずに、多数派の意見に合わせてしまうことがあります。また、社会的圧力によって、人権侵害や差別などの行為に加担してしまうこともあるのです。

アッシュの同調実験を知ることで、私たちは、自分の意見を曲げずに、しっかりと自分の信念を貫くことができるようになります。

参考URL:
アッシュの同調実験 - STUDY HACKER(スタディーハッカー)|社会人の勉強法&英語学習

サードウェイブ実験は、1967年にアメリカ合衆国カリフォルニア州の高校で行われた社会学実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

サードウェイブ実験は、1967年にアメリカ合衆国カリフォルニア州の高校で行われた社会学実験です。 高校の歴史教師であるロン・ジョーンズ氏が、第二次世界大戦中にドイツ人がナチス政権の政策をどのように受け入れることができたのかを説明するために実施しました。

実験は、ジョーンズ氏がクラスの生徒に「サードウェイブ」という擬似組織を創設することから始まりました。ジョーンズ氏は、この組織は民主主義の欠点を克服し、より良い社会を築くために作られたものだと生徒たちに説明しました。

ジョーンズ氏は、クラスの生徒に規律、団結、行動、誇りを重んじる価値観を教えました。生徒たちは、サードウェイブの象徴である右腕を突き上げる敬礼をしたり、黒いシャツを着たりするようになりました。

実験は、わずか6日間で終了しました。しかし、その間、サードウェイブは生徒たちの間で急速に広まり、強い影響力を持つようになりました。一部の生徒は、サードウェイブの目的を疑問視したり、脱退したりしましたが、多くの生徒は、サードウェイブの理念に心酔していました。

実験終了後、ジョーンズ氏は、サードウェイブがわずか6日間でこれほどまでに影響力を持つようになったことに驚き、恐怖を感じました。彼は、この実験が、権威主義的な集団がどのようにして人々の心を掌握することができるかを示すものであると結論づけました。

サードウェイブ実験は、権威主義的な集団がどのようにして人々の心を掌握することができるかを示す重要な実験です。この実験は、民主主義の価値観を守るために、人々が権威主義的な集団に警戒しなければならないことを示しています。

参考URL:
サードウェイブ実験 - Wikipedia

ブアメードの水滴実験は、1883年にオランダで行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ブアメードの水滴実験は、1883年にオランダで行われた実験です。

国事犯のブアメードを被験者として、彼の血液を抜き取って、どのくらい血液を失うと死ぬかを調べるというものでした。

しかし、実際にはブアメードの血液は1滴も抜き取られず、ただ水滴の音を流して、彼に血液を失っていると思い込ませました。

そして、ブアメードに「血液の3分の1を失うと死ぬ」と暗示を繰り返しました。

その結果、実験開始から約10時間後、ブアメードは死亡しました。

この実験は、思い込みによって人の健康や命に影響を与える可能性を示した、有名な実験です。

この実験は、プラシーボ効果と呼ばれる現象によって引き起こされたと考えられています。

プラシーボ効果とは、有効な薬や治療ではないにも関わらず、患者に効果があると信じ込ませることで、実際に効果が現れる現象です。

ブアメードの場合も、彼は血液を失っていると思い込んだことで、体にストレスがかかり、ショック死に至ったと考えられます。

この実験は、医療においても重要な意味を持っています。

医師は、患者に効果があると信じ込ませることで、治療の効果を高めることができる可能性があるからです。

また、逆に、患者に不安や恐怖を与えてしまうと、思わぬ結果を招く可能性もあります。

医師は、患者の心理状態を十分に理解した上で、治療を行う必要があるのです。

参考URL:
ブアメードの血・ノーシーボ効果 | embryo

ミルグラム実験とは、権威者の命令に従う人間の心理を調べるために行われた実験で、権威者の命令に従って被験者がどの程度まで生徒役に電気ショックを与えるのかを測定するというもの

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ミルグラム実験とは、権威者の命令に従う人間の心理を調べるために行われた実験で、権威者の命令に従って被験者がどの程度まで生徒役に電気ショックを与えるのかを測定するというもの。

1961年から1963年にかけて、アメリカの社会心理学者スタンレー・ミルグラムによって行われました。

ミルグラム実験の内容

ミルグラム実験は、ニューヨークとニューヨーク近郊の大学や職場から募集した白人男性の被験者80名を対象に行われました。被験者は、実験と称して「体罰と学習効果の測定」に参加させられました。

実験では、被験者は「教師役」となり、隣室にいる「生徒役」に質問をします。生徒役の回答が間違っていた場合、被験者は実験者の指示に従い、電気ショックを与えるよう指示されます。電気ショックの強さは、15ボルトから300ボルトまで15段階に設定されており、最も強い電気ショックを与えると「XXX」と表示され、致命傷となることが示されていました。

実験の結果、被験者の90%が、最高電圧の300ボルトを与える指示に従いました。また、被験者は、電気ショックを与えることに徐々に抵抗感を示すものの、実験者の指示に従い続ける傾向が見られました。

参考URL:
ミルグラムの電気ショック実験 | 日本心理学会

ミルグラム実験の教訓

ミルグラム実験から得られる教訓は、以下の3つです。

人間は権威者の命令に従う傾向が強い

ミルグラム実験では、教師役は生徒役に電気ショックを与えるという非倫理的な行為を行うことを求められていました。しかし、教師役は権威者である実験者の命令に従い、生徒役に電気ショックを与え続けました。このことから、人間は権威者の命令に従う傾向が強く、非倫理的な行為であっても、権威者の命令があれば従ってしまう可能性があることが示されています。

状況によって人は変わる

ミルグラム実験では、教師役は実験室という特殊な状況下で実験に参加していました。この状況下では、教師役は実験者という権威者の存在に圧倒され、本来の自分とは異なる行動を取ってしまったと考えられます。つまり、人は状況によって変わる可能性があり、本来の自分の価値観や信念を押し切って、非倫理的な行為に走ってしまう可能性があるということです。

人は誰でも加害者になる可能性がある

ミルグラム実験の結果は、誰もが加害者になる可能性があることを示しています。教師役は、普通の市民であり、非倫理的な行為を意図して実験に参加したわけではありません。しかし、権威者の命令に従うという状況下で、非倫理的な行為に手を染めてしまいました。このことから、人は誰でも加害者になる可能性があるということを認識しておくことが重要です。

参考URL:
権威者の指示なら、「9割」の人々が電気ショックのボタンを押し続ける:現代版「ミルグラムの実験」で明らかに | WIRED.jp

ミルグラム実験のきっかけになったアイヒマンとは?

ミルグラム実験のきっかけになったアイヒマンとは、ナチスドイツのユダヤ人虐殺の責任者であるアドルフ・アイヒマンです。アイヒマンは、1934年にナチス党に入党し、1941年にはユダヤ人移送計画の責任者として、東欧地域数百万人のユダヤ人を絶滅収容所へ送り込む役割を担いました。

1961年、アイヒマンはイスラエルで裁判にかけられ、死刑判決を受けました。裁判において、アイヒマンは「命令に従っただけだ」と主張しました。この主張は、当時大きな議論を呼びました。

社会心理学者のスタンレー・ミルグラムは、アイヒマンの主張を検証するために、1961年から1964年にかけて、権威者の指示に従って他者に危害を加える人々の割合を調べる実験を行いました。この実験は、後に「ミルグラム実験」と呼ばれるようになりました。

参考URL:
指示されると責任を感じない | Nature ダイジェスト | Nature Portfolio

ミルグラム実験の同義語、類義語、関連語、反対語

  • ミルグラム効果
  • ミルグラムの服従実験
  • アイヒマン実験
  • アイヒマン効果
  • アイヒマンテスト
  • エージェント状態

スタンフォード監獄実験とは、一般人を看守役と囚人役に分け、刑務所に似せた施設で生活させ、その役割に合わせて行動してしまうことを証明しようとした実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スタンフォード監獄実験とは、一般人を看守役と囚人役に分け、刑務所に似せた施設で生活させ、その役割に合わせて行動してしまうことを証明しようとした実験です。

1971年に心理学者フィリップ・ジンバルドーの指導の下、アメリカのスタンフォード大学で行われました。

スタンフォード監獄実験の概要

スタンフォード監獄実験の概要をまとめると、以下のようになります。

  • 1971年8月14日から20日まで、アメリカ・スタンフォード大学心理学部で行われた。
  • 新聞広告などで集めた心身ともに健康な21人の被験者を、看守役11人と囚人役10人に分け、刑務所に似せた施設で生活させた。
  • 看守役には囚人役を厳しく管理するよう指示し、囚人役には看守役の命令に従うよう指示した。
  • 実験開始からわずか2日後には、看守役が囚人役に暴力を振るうなどの問題が発生し始め、6日目には、囚人役の一人が精神的苦痛を訴えて実験から脱退。7日目には、実験責任者であるフィリップ・ジンバルドー博士も実験の危険性を認識し、実験を中止した。

参考URL:
スタンフォード監獄実験 - Wikipedia

スタンフォード監獄実験の結果

実験の結果について、説明します。

看守役の行動

看守役は、囚人役を厳しく管理し、時に暴力を振るうようになりました。具体的には、以下の行動が観察されました。

  • 囚人役に過酷な労働を強制する。
  • 囚人役のプライバシーを侵害する。
  • 囚人役を侮辱や威嚇する。
  • 囚人役に暴力を振るう。

看守役は、囚人役を「犯罪者」と見なすようになり、彼らを懲らしめることが自分の役割だと信じるようになりました。そのため、囚人役に対して厳しく接するようになり、時に暴力を振るうことも厭わなかったようです。

囚人役の行動

囚人役は、看守役の命令に従い、服従するようになりました。具体的には、以下の行動が観察されました。

  • 看守役の命令に逆らわない。
  • 看守役の命令に従って、自分の尊厳を傷つけるような行為を行う。
  • 抑うつや不安などの精神的苦痛を訴える。

囚人役は、看守役に対して恐怖や不安を感じるようになり、彼らの命令に従うことが自分の身を守る唯一の方法だと信じるようになりました。そのため、看守役の命令に従い、時には自分の尊厳を傷つけるような行為も行うようになったようです。

参考URL:
スタンフォード監獄実験とは?実験内容・結果・その後をわかりやすく解説 | やさびと心理学

スタンフォード監獄実験から得られた教訓

この実験から得られた教訓は、以下の2つです。

  • 人は権威者に対して服従する傾向がある。
  • 役割によって人間の行動は大きく変わる。

権威への服従

この実験は、ミルグラム実験と同様に、人は権威者に対して服従する傾向があることを示唆しています。看守役の被験者は、実験の監督者であるフィリップ・ジンバルドー教授から権威を与えられており、その権威に応えるために、過激な行為に走ってしまったと考えられます。

役割の重要性

この実験は、役割によって人間の行動は大きく変わることを示唆しています。受刑者役の被験者は、監獄という役割に応じて、抑圧された状態に陥ってしまいました。また、看守役の被験者は、看守という役割に応じて、残虐な行為を行うようになりました。

これらの教訓は、私たちの日常生活にも当てはまります。例えば、職場や学校では、私たちはそれぞれ役割を担っています。その役割に応じて、私たちの行動は大きく変わる可能性があります。

また、この実験は、権威主義的な社会や組織において、どのような問題が生じる可能性があるかを示すものとして、重要な意味を持っています。

参考URL:
「スタンフォード監獄実験」というヤバすぎる心理学実験とは?

スタンフォード監獄実験に対する批判

スタンフォード監獄実験には、以下のような批判もされています。

実験の妥当性

この実験は、被験者がごく普通の大学生であったことから、実験結果を一般社会に当てはめることができるのか、という批判があります。また、実験の環境があまりにも不自然であったため、被験者の行動が実験の状況に影響されたのではないか、という批判もあります。

実験者の影響

実験者のジンバルドーは、看守たちに厳しい態度をとるよう指示していました。そのため、看守たちのサディスティックな行動は、実験者の意図的な影響によるものではないか、という批判があります。

需要バイアス

被験者は、実験の目的を知らされていました。そのため、被験者が実験者を満足させようと、望ましい行動をとったのではないか、という批判があります。

これらの批判は、スタンフォード監獄実験の結果をそのまま受け入れることはできないことを示しています。

参考URL:
スタンフォード監獄実験にもちあがった“ねつ造疑惑” 「人間はたやすく邪悪な存在に変わる」説は本当か? | 文春オンライン

スタンフォード監獄実験の同義語、類義語、関連語、反対語

  • 権力への服従
  • 非個人化
  • ルシファー効果
  • ミルグラム実験
  • アイヒマン実験

シェリフの同調性実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

シェリフの同調性実験とは、アメリカの社会心理学者ムザフェル・シェリフによって1935年に行われた、同調行動の心理学的研究です。

この実験では、参加者を3人ずつのグループに分け、暗い部屋の中で光点の自動運動を観察してもらいました。参加者には、自分の判断を他の参加者と共有するように指示されました。

実験の結果、最初はバラバラだった参加者の判断は、実験を繰り返すうちに一致していきました。さらに、参加者たちは自分の判断が間違っていることに気づいても、多数意見に合わせる傾向が見られました。

シェリフはこの実験から、人間は集団の中では、少数意見よりも多数意見に同調する傾向があることを明らかにしました。

シェリフの同調性実験は、社会心理学における同調行動の研究に大きな影響を与えました。また、政治や社会問題における同調行動の理解にも役立っています。

シェリフの同調性実験の特徴は、以下のとおりです。

実験参加者は、暗い部屋の中で光点の自動運動を観察するという、客観的な判断が難しい状況に置かれた。
実験参加者は、自分の判断を他の参加者と共有するように指示された。
実験を繰り返すうちに、参加者の判断は一致していき、少数意見よりも多数意見に合わせる傾向が見られた。
シェリフの同調性実験は、同調行動の心理学的研究において、重要な実験のひとつです。

https://www.mansion.mlcgi.com/soukai_5.htm

スタンフォード実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スタンフォード実験とは、1971年にアメリカ合衆国のスタンフォード大学で行われた、心理学の実験です。心理学者のフィリップ・ジンバルドーが行ったもので、一般人を看守役と囚人役に分け、刑務所に似せた施設で生活させたところ、被験者はそれぞれ与えられた役割に合わせて自主的に行動しはじめたが、次第にエスカレートし、暴力が行われるようになったため、中止されました。

実験は、スタンフォード大学の地下実験室を改造した模型の刑務所で行われました。看守役と囚人役は、ランダムに選ばれた24人の健康な男子大学生です。看守役は、囚人役に厳しい規律を課し、暴言や暴力をふるうようになりました。一方、囚人役は、無気力・抑うつ的な状態に陥り、脱走を試みる者も出ました。

実験は当初、2週間続く予定でしたが、被験者たちの精神状態が悪化したため、6日で中止されました。

スタンフォード実験からわかることは、人間は、与えられた役割に合わせて行動する傾向があること、そして権力を持った人間は、暴力的になりやすい傾向があることです。この実験は、社会心理学において重要な実験の一つとして知られています。

スタンフォード実験には、いくつかの批判もあります。一つは、実験の条件があまりにも厳しすぎたため、被験者の行動が自然なものではなかったのではないかという批判です。また、実験が中止されたのは、実験者が被験者の精神状態を十分に考慮していなかったのではないかという批判もあります。

しかし、スタンフォード実験は、人間の行動が環境によってどのように影響を受けるかを示す重要な実験であることに変わりありません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E7%9B%A3%E7%8D%84%E5%AE%9F%E9%A8%93

缶コーラ消滅実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

缶コーラ消滅実験とは、ダン・アリエリーが2008年に発表したイグ・ノーベル賞を受賞した心理学実験です。

実験は、2つのグループに分けられた被験者に、缶コーラを2ドルで販売するという設定で行われます。

1つのグループは、研究室で実験を行い、研究室内に現金が用意されています。もう1つのグループは、大学の学生寮で実験を行い、学生寮内に現金が用意されていません。

結果として、学生寮内で実験を行ったグループでは、研究室で実験を行ったグループに比べて、缶コーラを盗む割合が2倍近く高くなりました。

この結果から、現金の存在が人々の行動に影響を与えることが示唆されました。現金が存在する環境では、人々はより正直に行動しますが、現金が存在しない環境では、人々はより不正に行動しやすくなるのです。

この実験は、犯罪抑止やコンプライアンス向上などの分野で応用が期待されています。

https://memosinri.com/entry/2206.html