ローゼンハン実験とは、1973年にスタンフォード大学の心理学者デイビッド・ローゼンハンによって行われた、精神障害の診断の有効性についての実験

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ローゼンハン実験とは、1973年にスタンフォード大学の心理学者デイビッド・ローゼンハンによって行われた、精神障害の診断の有効性についての実験です。

ローゼンハンは、精神障害の診断は、医師の判断に依存する部分が多く、客観的な基準が不足しているのではないかと考えていました。そこで、彼はボランティアで募った健常者8名(ローゼンハンも含む)を、精神病院に送り込み、医師が見分けることができるのかを観察する実験を行いました。

実験参加者たちは、入院前に精神科医から統合失調症の症状についてレクチャーを受け、入院後は、氏名と職業を偽る以外は、精神科医からの質問に全て正直に答えるように指示されました。

実験の結果、入院した8名全員が、精神科医から統合失調症と診断され、入院を継続することになりました。また、医師の診断は、入院前に受けたレクチャーの内容に影響されることはなく、入院後に患者の症状が変化しても、診断が修正されることはありませんでした。

この結果は、精神障害の診断が、医師の判断に依存する部分が多く、客観的な基準が不足していることを示唆するものとして、大きな反響を呼びました。

ローゼンハン実験は、精神障害の診断の在り方を大きく問い直すきっかけとなりました。その後、精神障害の診断基準の改善や、精神科医のトレーニングの強化などが行われてきました。

しかし、ローゼンハン実験が示した精神障害の診断の難しさと、その社会的影響は、現在でもなお重要な課題となっています。

参考URL:
ローゼンハン実験 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5