内観

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

内観とは、自分の内面を観察することです。

具体的には、自分の思考、感情、行動、価値観などを、客観的に見つめ直すことを指します。内観を行うことで、自分の考えや行動のパターンを理解したり、自己成長につなげたりする効果が期待できます。

内観には、以下の2つの意味があります。

仏教用語としての内観
仏教では、内観とは「内なる仏性や仏身を観じること」という意味で用いられます。内観によって、自分の内面にある仏性や仏身を悟り、解脱を目指すことができます。

心理学用語としての内観
心理学では、内観とは「自分の意識やその状態をみずから観察すること」という意味で用いられます。内観によって、自分の思考や感情、行動などのパターンを理解し、自己成長につなげることができます。

内観を行うには、以下の方法があります。

瞑想
瞑想は、自分の内面に集中して、思考や感情を観察する方法です。

日記を書く
日記を書くことで、自分の考えや行動を振り返り、客観的に見つめ直すことができます。

カウンセリング
カウンセラーの助けを借りて、自分の内面を探求することができます。

内観は、誰でも行うことができる方法です。日常生活の中で、少しずつ内観の時間をとるようにするとよいでしょう。

内観を行うことで、以下のメリットが期待できます。

自分の考えや行動のパターンを理解できる
自己成長につなげることができる
ストレスや不安を解消できる
心の平安を得ることができる
内観は、自分自身をより深く理解し、より良い人生を送るための方法です。ぜひ、内観を習慣づけて、自分自身と向き合う時間を大切にしてみてください。

https://kotobank.jp/word/%E5%86%85%E8%A6%B3-107284

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5