コンプレックス商法とは、消費者の劣等感や不満を刺激し、その感情につけ込んで商品やサービスを販売する商法のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

コンプレックス商法とは、消費者の劣等感や不満を刺激し、その感情につけ込んで商品やサービスを販売する商法のことです。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 容姿に関するコンプレックス:美容整形、ダイエットサプリ、化粧品
  • 学力に関するコンプレックス:通信教育、資格講座、模試
  • 収入に関するコンプレックス:投資、副業、セミナー
  • コミュニケーションに関するコンプレックス:マナー講座、恋愛セミナー、自己啓発セミナー

これらの商法は、消費者の劣等感や不満を巧みに利用することで、高い効果を上げています。例えば、

  • 「あなたの容姿はこれで満足ですか?」
  • 「あなたはもっと稼げませんか?」
  • 「あなたはもっとモテたいと思いませんか?」

といった、消費者の不安や悩みを煽るような言葉が使われます。また、

  • 「この商品を使えば、あなたも理想の自分になれます」
  • 「この講座を受講すれば、あなたも成功できます」
  • 「このセミナーに参加すれば、あなたも幸せになれます」

といった、消費者の願望を叶えるような言葉も使われます。

このような言葉に触れると、消費者は自分の劣等感や不満を解消するために、その商品やサービスを購入したくなるのです。

コンプレックス商法は、消費者の弱みにつけ込む商法であるため、注意が必要です。商品やサービスの購入を検討する際には、冷静に判断するようにしましょう。

以下に、コンプレックス商法の被害を防ぐためのポイントを挙げます。

  • 自分のコンプレックスを自覚する
  • 商品やサービスの内容をよく調べる
  • 口コミや評判を参考にする
  • 無理な勧誘には断る

自分のコンプレックスを自覚することで、そのコンプレックスを煽るような商法に惑わされにくくなります。また、商品やサービスの内容をよく調べることで、その効果や安全性を確認することができます。さらに、口コミや評判を参考にすることで、実際に購入した人の感想を知ることができます。最後に、無理な勧誘には断ることで、トラブルを避けることができます。

参考URL:
二次元コンプレックス - Wikipedia