貨幣錯覚とは、実質的な価値よりも、名目的な価値に影響される傾向のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

貨幣錯覚とは、実質的な価値よりも、名目的な価値に影響される傾向のことを指します。

貨幣の価値は、物価によって変化します。物価が上昇すると、同じ金額で買えるものは少なくなります。そのため、実質的な価値は下がります。しかし、貨幣錯覚があると、名目的な価値の上昇に惑わされて、実質的な価値の変化に気づかず、消費や投資などの行動をとってしまうことがあります。

貨幣錯覚は、以下の3つの要因によって生じると考えられています。

認知的制約

人間の認知能力には限界があり、複雑な情報を処理するのは困難です。そのため、貨幣の価値のような複雑な情報を処理する際には、単純なルールや直感に頼ってしまうことがあります。

心理的要因

人間は、得るものよりも失うものに敏感であるといわれています。そのため、物価が上昇して実質的な価値が下がると、失うものに注目してしまい、実質的な価値の変化に気づきにくいことがあります。

経済的要因

経済環境によっても、貨幣錯覚が生じる可能性があります。例えば、インフレ率が低い場合、物価の上昇にあまり注意を払わないため、貨幣錯覚が生じやすくなります。

貨幣錯覚は、個人の経済行動にも、経済政策にも影響を与える可能性があります。

個人の経済行動においては、貨幣錯覚があると、消費や投資などの行動が、実質的な価値ではなく、名目的な価値に基づいて行われてしまう可能性があります。そのため、個人の経済状況が、実態よりも良いように錯覚され、過剰な消費や投資が行われる可能性があります。

経済政策においては、貨幣錯覚があると、インフレ率や失業率などの経済指標が、実態よりも良いように錯覚される可能性があります。そのため、政府が適切な経済政策を実施することが難しくなる可能性があります。

貨幣錯覚を防ぐためには、以下の方法が考えられます。

貨幣の価値を理解する

貨幣の価値は、物価によって変化することを理解することが重要です。そのためには、物価の動向を常に把握し、実質的な価値の変化に気づく必要があります。

複雑な情報を処理する力を鍛える

貨幣の価値のような複雑な情報を処理する力を鍛えることも重要です。そのためには、日頃から、新聞やニュースなどの情報を積極的に収集し、分析する力を身につけることが大切です。

失うものではなく、得るものに注目する

物価が上昇して実質的な価値が下がっても、失うものではなく、得るものに注目するように心がけることも大切です。例えば、物価が上昇して給料も上昇すれば、実質的な所得は変わらないことを理解しておく必要があります。

参考URL:
お金の価値を錯覚する-貨幣錯覚- | 働き方改革研究所

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5