「ていうか」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「ていうか」が口癖の人には、いくつかの心理的な特徴が考えられます。

自分の意見を主張したい

「ていうか」は、相手の発言を否定したり、軌道修正したりするニュアンスを持つ言葉です。そのため、この言葉を頻繁に使う人は、自分の意見を強く主張したいという気持ちが強いと考えられます。

自信がない

一方で、「ていうか」を使うことで、自分の意見に自信がない気持ちを隠している可能性もあります。相手の発言を否定することで、自分の意見の正しさを補強しようとしているのかもしれません。

話題を変えたい

会話の流れを変えたいときにも、「ていうか」が使われることがあります。相手の話に興味がないわけではなく、むしろ自分の話したい話題に早く移りたいという気持ちから、このような表現を使う場合があります。

考えがまとまっていない

自分の考えがまだまとまっていないときにも、「ていうか」を使うことがあります。言葉を探しながら話しているため、つなぎ言葉として「ていうか」が頻繁に出てしまうのです。

癖になっている

上記のような心理的な理由以外にも、単純に「ていうか」が癖になっているというケースもあります。特に、若い世代の間では、「ていうか」が一種の流行語のように使われていることもあります。

「ていうか」が与える印象

「ていうか」は、使い方によっては相手にネガティブな印象を与えてしまうことがあります。

  • 相手を否定しているように聞こえる
  • 話を聞いていないように聞こえる
  • 傲慢な印象を与える
  • 考えがまとまっていないように聞こえる

特に、目上の人やビジネスシーンでは、「ていうか」の使用は控えた方がよいでしょう。

「ていうか」を減らす方法

「ていうか」が口癖になっている人は、以下の方法で意識的に減らすようにしましょう。

  • 話す前に一度考える
  • 自分の意見を言い換えてみる
  • 別のつなぎ言葉を使う
  • 相手の話を最後まで聞く

「ていうか」を減らすことで、相手に与える印象が改善されます。また、自分の考えをより明確に伝えられるようになるでしょう。

参考URL:
「っていうか」って言うか? 嫌われる口癖10選! | ミライ科 - 進研ゼミ中学講座ブログ