スキナー箱の実験は、アメリカの心理学者、行動科学者であるバラス・スキナーによって開発された実験

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

スキナー箱の実験は、アメリカの心理学者、行動科学者であるバラス・スキナーによって開発された実験です。スキナー箱は、主にラットやハトのオペラント条件づけや行動研究に用いられます。

スキナー箱は、基本的に、小動物を閉じ込めて、その行動を観察するための装置です。箱の中には、レバーやボタンなどの操作装置があり、その操作によって、小動物に餌や水などの報酬を与えることができます。

スキナー箱の実験では、小動物がレバーやボタンを押すなどの行動を繰り返すことで、報酬を得ることを学習させます。この学習を「オペラント条件づけ」と呼びます。

スキナー箱の実験では、さまざまな条件を変えることで、小動物の行動をコントロールすることができます。例えば、報酬を出す頻度を変えることで、小動物の行動の頻度や持続性を変化させることができます。

スキナー箱の実験は、動物の行動研究だけでなく、人間の行動研究にも応用されています。例えば、教育や訓練、マーケティングなどの分野で、スキナー箱の実験に基づいた手法が用いられています。

スキナー箱の実験の代表的な例としては、以下のような実験が挙げられます。

  • レバーを押すと餌が出るスキナー箱に入れられたラットの場合、ラットは次第にレバーを押す行動を繰り返すようになります。これは、レバーを押す行動が報酬(餌)によって強化されるためです。

  • 特定の色のボタンを押すと餌が出るスキナー箱に入れられたハトの場合、ハットは次第にその色のボタンを押す行動を繰り返すようになります。これは、特定の色のボタンを押す行動が報酬(餌)によって強化されるためです。
    スキナー箱の実験は、行動学の発展に大きく貢献した実験です。この実験によって、行動の学習や変化に関する多くの知見が得られました。

参考URL:
スキナー箱の実験とは?実験方法・結果・強化学習のしくみを簡単に解説 | やさびと心理学

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5