ラットパーク実験とは、1970年代後半にカナダのサイモンフレーザー大学で行われた、薬物依存の原因と治療法に関する実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ラットパーク実験とは、1970年代後半にカナダのサイモンフレーザー大学で行われた、薬物依存の原因と治療法に関する実験です。

実験では、ネズミを2つのグループに分けました。1つ目のグループは、狭くて孤独なケージに入れられた「植民地ネズミ」です。もう1つのグループは、広々としたケージに入れられ、他のネズミと交流できる「楽園ネズミ」です。

両方のグループのネズミに、モルヒネ水を飲ませることができる装置を与えました。すると、植民地ネズミはモルヒネ水を頻繁に飲み、次第に依存症になりました。一方、楽園ネズミはモルヒネ水をあまり飲まず、依存症になるリスクは低くなりました。

この結果は、薬物依存は、ネズミの環境や社会的な関係によっても影響を受けることを示しています。孤独やストレスなどのマイナスの環境は、薬物依存のリスクを高める可能性があります。

ラットパーク実験は、薬物依存の治療法にも示唆を与えています。植民地ネズミを楽園に移すと、モルヒネ水の摂取量が減り、依存症から回復する可能性が高くなりました。これは、薬物依存者の社会的な関係や環境を改善することで、依存症から回復を促すことができる可能性があることを示しています。

ラットパーク実験は、薬物依存の原因と治療法に関する重要な知見を与えた実験です。この実験の結果は、薬物依存の予防と治療に役立てられています。

参考URL:
ラットパーク - Wikipedia