フェスティンガーの実験とは、アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーが提唱した認知的不協和理論を検証するために行われた実験

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

フェスティンガーの実験とは、アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーが提唱した認知的不協和理論を検証するために行われた実験です。

この実験では、被験者に単調な作業をさせ、報酬を支払いました。報酬が少ないグループと多いグループに分け、その後、同じ作業の楽しさを伝えるように指示しました。

その結果、報酬が少ないグループの被験者は、報酬が多いグループの被験者よりも、作業の楽しさを伝える度合いが強かったことがわかりました。

この結果から、フェスティンガーは、認知的不協和の状態になると、人はそれを解消するために、矛盾する認知の一方を変えようとすると考えました。

つまり、報酬が少ないグループの被験者は、単調な作業という認知と、その作業を楽しいと伝えるという認知の間に不協和を感じていました。それを解消するために、作業の楽しさを過大評価することによって、不協和を低減しようとしたと考えられます。

この実験は、認知的不協和理論の最も有名な実験であり、社会心理学において重要な位置を占めています。

フェスティンガーの実験は、日常生活にも当てはめることができます。

例えば、高い値段で商品を購入した人は、その商品の価値を過大評価する傾向があります。これは、高額の支払いをしたという認知と、その商品の価値という認知の間に不協和が生じるためです。

また、政治的な立場や宗教的な信仰など、自分の価値観と矛盾する行動をとったときにも、認知的不協和が生じます。例えば、喫煙を嫌う人でも、ストレス解消のためにタバコを吸ってしまうことがあります。これは、喫煙という行動と、タバコを嫌うという認知の間に不協和が生じるためです。

このように、認知的不協和は、私たちの日常生活においても重要な役割を果たしています。

参考URL:
認知的不協和(理論)とは?【わかりやすく】具体例、解消法 - カオナビ人事用語集

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5