ロフタスの虚偽記憶実験とは、認知心理学者のエリザベス・ロフタスが行った、記憶が後から操作される可能性を示す実験

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ロフタスの虚偽記憶実験とは、認知心理学者のエリザベス・ロフタスが行った、記憶が後から操作される可能性を示す実験です。

この実験では、被験者に、幼い頃に迷子になったという虚偽の記憶を植え込むことを試みました。具体的には、被験者に、家族の証言による実際の過去の記録3つに「ショッピングモールで迷子になった」という嘘の記録1つを混ぜて見せ、その後、被験者にそれらの記録を思い出してもらいました。

その結果、被験者の4分の1が、嘘の記録である「ショッピングモールで迷子になった」という記憶を実際に体験したことがあると答えました。さらに、被験者たちは、その記憶について、場所、時間、状況などの詳細まで、具体的に語ることができました。

この実験は、記憶が後から操作される可能性を示す重要な研究として、広く知られています。この研究によって、記憶は必ずしも正確なものではなく、後から与えられた情報によって変容する可能性があることが明らかになりました。

ロフタスの虚偽記憶実験は、司法の場でも大きな影響を与えました。この実験によって、目撃証言の信頼性が揺らいだため、裁判では、目撃証言だけでなく、他の証拠も慎重に検討されるようになりました。

また、ロフタスの研究は、セラピーやカウンセリングの分野にも影響を与えました。この研究によって、抑圧された記憶の概念に疑問が投げかけられたため、セラピーやカウンセリングにおいては、記憶の操作に注意を払うようになってきています。

ロフタスの虚偽記憶実験は、記憶の不確実性について、私たちに重要な警鐘を鳴らした研究と言えるでしょう。

参考URL:
ロフタスの虚偽記憶とは-実験から記憶を考察│けうブログ

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5