記憶の7つのエラー

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

記憶の7つのエラーとは、アメリカの心理学者ダニエル・シャクターによって提唱された、記憶の歪みや誤りを説明する7つの概念です。

物忘れ
記憶が消えてしまうこと。日常的な物忘れから、認知症による記憶障害まで、さまざまな原因があります。

不注意
注意を払わないために、記憶が正確に記録されない、または記録されないこと。

妨害
記憶を妨げる要因が存在することで、記憶が正確に思い出せなくなること。

混乱
似たような記憶が混同されることで、記憶が正確に思い出せなくなること。

暗示
後から得た情報によって、記憶が歪められること。

書き換え
記憶を何度も思い出すことで、記憶が歪められること。

つきまとい
嫌な記憶が忘れられずに、繰り返し思い出されること。

これらのエラーは、記憶が複雑で多様なプロセスによって形成されるため、起こりやすいと考えられています。また、記憶は時間の経過とともに変化するため、記憶の正確性には常に注意が必要です。

記憶の7つのエラーは、記憶の理解と記憶の誤りを防ぐためのヒントを与えてくれます。

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%81%E3%80%8C%E3%81%82%E3%82%8C%E3%80%8D%E3%81%8C%E6%80%9D%E3%81%84%E5%87%BA%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%E2%80%95%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%81%A8%E8%84%B3%E3%81%AE7%E3%81%A4%E3%81%AE%E8%AC%8E-%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BBL-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/453216415X

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5