片面提示の法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

片面提示の法則とは?

片面提示の法則(One-Sided Presentation)は、情報や論点を伝える際に、一方の側面や視点のみを提示することを指します。つまり、ある問題や主張について、一つの側面や一方の視点のみを強調し、他の側面や反対の視点を無視する傾向があるという法則です。

片面提示の法則は、情報伝達や説得のプロセスにおいて重要な要素です。情報の選択や表現の仕方によって、受け手の意見や判断に影響を与えることができます。特定の視点や情報のみを提示することで、受け手の思考や意見形成を誘導したり、特定の結論に導いたりすることができます。

片面提示の法則は、説得の技術やマーケティング、政治的なメッセージの伝達などさまざまな場面で利用されることがあります。例えば、製品の広告では、その製品の利点や良い側面のみを強調することで消費者の関心を引き、購買意欲を高めることが狙われます。

ただし、片面提示の法則は情報の偏りや誤解を招く可能性があります。一方の側面や視点のみを提示することで、全体像や複雑さを欠落させ、受け手の理解を歪めることがあります。そのため、公正さや客観性を求める場面では、情報の多角的な提示や相反する視点の考慮が重要です。

https://claimnavi.com/column/1757/

リスク・マネジメント

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

リスク・マネジメントとは?

リスク・マネジメントは、組織や個人が直面する様々なリスクに対して、効果的な対策を講じることで、リスクによる損失や被害を最小限に抑えることを目的とした管理手法です。

具体的には、リスクを特定し、評価し、優先順位付けを行い、適切な対策を講じることで、リスクに対する脅威を最小限に抑え、機会を最大限に生かすことができます。また、リスク・マネジメントは、事前に予防的な措置を講じることによって、リスクに対する損失や被害を回避することもできます。

リスク・マネジメントは、企業経営や金融分野などのビジネス領域だけでなく、医療や食品安全、天災やテロなどの社会的・公共分野においても重要な役割を果たしています。

https://www.persol-group.co.jp/service/business/article/397/

HARMの法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

HARMの法則とは、メンタリストDaiGoが提唱した、人の悩みを4つのカテゴリーに分類する法則です。4つのカテゴリーとは、Health(健康)、Ambition(野望)、Relation(人間関係)、Money(お金)です。これらの4つのカテゴリーは、人の悩みの9割を占めると言われています。

HARMの法則は、人の悩みを理解し、解決するためのヒントを与えてくれます。例えば、健康に悩んでいる人は、食事や運動を改善することで、健康を改善することができます。野望に悩んでいる人は、目標を立て、それを達成することで、野望を達成することができます。人間関係に悩んでいる人は、コミュニケーションを改善することで、人間関係を改善することができます。お金に悩んでいる人は、節約や投資をすることで、お金の問題を解決することができます。

HARMの法則は、人の悩みを解決するための万能薬ではありませんが、悩みを理解し、解決するためのヒントを与えてくれる貴重な法則です。

https://himawari-bouquet.com/harm/

ES

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ESとは?

「ES」という用語は、複数の意味を持つことがあります。以下にいくつかの代表的な意味を示します:

環境配慮(Environmental Sustainability):ESは、持続可能な環境への配慮や環境保護の取り組みを指す言葉です。持続可能な開発やビジネス活動において、環境への負荷を最小化し、自然資源の保護や再生可能エネルギーの利用など、環境にやさしい選択を促進することを目指します。

エンターテインメントシステム(Entertainment System):ESは、娯楽やエンターテインメントのためのシステムや装置を指す場合もあります。例えば、ビデオゲームや音響機器などのエンターテインメントシステムは、ESと略されることがあります。

社内休暇(Employee Sabbatical):ESは、一定の期間にわたって従業員が仕事を休んでリフレッシュや学びの機会を得るための制度を指すこともあります。ESは、労働者の働き方改革やワーク・ライフ・バランスの取り組みの一環として導入されることがあります。

エネルギーシステム(Energy System):ESは、エネルギーの生産、供給、利用のシステムを指す場合もあります。エネルギーの持続可能性や効率性を向上させるために、ESという言葉が使用されることがあります。

ただし、用語の意味は文脈によって異なる場合がありますので、具体的な文脈や用途によってどのような意味で使用されているのかを確認することが重要です。

https://job.mynavi.jp/conts/2024/shukatsu_word/yogo_05_02.html

心理リアクタンス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

心理リアクタンスとは?

心理リアクタンス(Psychological Reactance)は、心理学における概念であり、人々が他者からの制約や制限を受けると、自己の自由や選択の感覚が脅かされることに対して生じる心理的な反応を指します。

心理リアクタンスは、個人が自己決定権を持ち、自由に選択を行うことを重視するという心理的ニーズに基づいています。他者や社会からの制約や制限が課されると、個人はその制約に対して反発し、自己の選択肢を取り戻そうとする傾向があります。

心理リアクタンスは、例えば広告や政府の規制、社会的な圧力など、さまざまな状況で現れることがあります。具体的な例としては、禁止された行動や意見に対してより強く執着したり、禁煙キャンペーンに反応してたばこを吸いたくなったりすることが挙げられます。

心理リアクタンスは、人々が自己決定や自由を重視する心理的なニーズを持っていることを示しています。そのため、制約や制限を課す際には、人々の反発を避けるために注意が必要です。

https://www.kigyou-keiei.jp/column/2021/08/05_149459.html

SDS法

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

SDS法とは?

SDS法(Self-Determination Theory, 自己決定理論)は、心理学者のエドワード・ディシーとリチャード・ライアンによって提唱された、自己決定と動機づけに関する理論です。SDS法は、人々が自己の目標やニーズを満たすために内発的に行動し、自己決定を果たすことが重要であると主張します。

SDS法は、人間の動機づけを3つの基本的な要素に分けて理解します:

自己決定のニーズ: SDS法は、人間が自己決定を果たすために3つの根本的なニーズを持っていると考えます。それらは自己決定のニーズと呼ばれ、以下のように分類されます:

自己決定のニーズ1:自己効力感や達成感を得るために自己の能力を活かすことへのニーズ。
自己決定のニーズ2:他人との関係やつながりを持つことへのニーズ。
自己決定のニーズ3:自己の成長や発展、個別性の実現へのニーズ。
内発的な動機づけ: SDS法は、人間の動機づけが内発的であることが重要であると主張します。内発的な動機づけは、自己の興味・好奇心、成長・発展、満足感などから生まれる自発的な行動に基づいています。

外的な制約と制約された動機づけ: SDS法は、外的な要因や制約によって動機づけが制約される場合、人々の内発的な動機づけや自己決定が妨げられると述べています。外的な要因によって行動が制約されると、人々は動機づけを失い、満足感や幸福感が減少する可能性があります。

SDS法は、教育、職場、スポーツ、健康などの様々な領域で応用され、人々の自己決定と動機づけの促進を目指しています。理論に基づいた介入やアプローチを通じて、人々がより意欲的で満足度の高い生活や経験を得ることができるよう支援することが目指されています。SDS法は、個人の自己決定の重要性を強調し、内発的な動機づけを奨励することで、人々の幸福感や満足度を高める可能性があります。

SDS法の実践には、以下のようなアプローチや戦略が含まれます:

サポートの提供: 自己決定のニーズを満たすために、個人が自己の目標を設定し、意思決定を行うことをサポートする環境や人々の存在が重要です。他者からのサポートやフィードバックを受けることで、自己効力感や関係性のニーズが満たされ、内発的な動機づけが促進されます。

選択の提供: 個人が自己の選択を行い、自己の興味や関心に基づいた活動や目標を追求できるような環境を提供することが重要です。選択の自由が与えられることで、内発的な動機づけが育まれ、より意欲的な行動が促されます。

目標の設定とフィードバック: 個人が自己の目標を設定し、進捗や成果に対するフィードバックを受けることで、自己効力感や成長のニーズが満たされます。具体的な目標の設定と適切なフィードバックの提供は、内発的な動機づけを高めるための重要な要素となります。

SDS法は、個人の内発的な動機づけと自己決定を重視することで、より意味のある生活や充実感を追求することを支援します。この理論は、教育、職場環境、健康づくりなど、さまざまな領域で応用され、個人の心理的な幸福感や自己成長を促進するための指針となっています。

https://www.seraku.co.jp/tectec-note/recruit/sds_jobhunting/

セイの法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

セイの法則とは?

セイの法則(Weber’s law)は、心理物理学の法則の一つであり、刺激の強度と感覚の知覚の関係を説明する法則です。この法則は、ドイツの心理物理学者であるエルンスト・ハインリッヒ・ウェーバー(Ernst Heinrich Weber)によって提唱されました。

セイの法則によれば、感覚の知覚は、刺激の強度の変化に対して一定の比率で変化するとされています。具体的には、感覚の知覚の差(ΔS)は、元の刺激の強度(S)に比例するという関係が成り立ちます。数式で表すと以下のようになります:

ΔS / S = k

ここで、ΔSは感覚の知覚の差、Sは刺激の強度、kは定数(ウェーバー定数)です。ウェーバー定数は、個々の感覚領域や刺激の種類によって異なります。

セイの法則は、感覚の知覚が刺激の絶対的な強度ではなく、変化の割合に基づいて行われることを示しています。例えば、音の音量の知覚は、音の強度の増加量に対して一定の比率で変化するとされています。つまり、元の音量が小さい場合には、大きな音量の変化が必要ですが、元の音量が大きい場合には、より小さな音量の変化でも同じように知覚されるということです。

セイの法則は、感覚の知覚に関する基本的な原理の一つであり、視覚、聴覚、触覚など、さまざまな感覚領域において観察されます。この法則は、心理物理学や知覚心理学の研究において重要な基礎となっています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

社会的促進

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

社会的促進とは?

「社会的促進(Social Facilitation)」とは、社会心理学の概念の一つで、他の人々の存在が個人のパフォーマンスに影響を与える現象を指します。具体的には、他の人々が観察者や共同作業者として存在することで、個人の行動やパフォーマンスが向上する場合と、逆に悪化する場合があります。

社会的促進の効果は、特に以下のような状況で現れることが多いです:

単純な課題や熟練度の高いタスク:個人が得意なタスクや熟練度の高い作業では、他の人々の存在が刺激となり、パフォーマンスが向上します。これは、他の人々の成功や能力に刺激を受けることで、個人の自己評価や自己効力感が高まるためです。

複雑な課題や熟練度の低いタスク:一方、複雑な課題や熟練度の低いタスクでは、他の人々の存在が逆にパフォーマンスを下げることがあります。これは、他の人々の観察や評価のプレッシャーが生じ、緊張や不安が高まるためです。

社会的促進の効果は、個人の行動やパフォーマンスに加えて、個人の行動が他の人々の行動にも影響を与える場合もあります。例えば、他の人々が頑張っている姿を見ることで、自分も同じように頑張ろうという励みになるなど、相互に影響しあうことがあります。

ただし、社会的促進の効果は個人や状況によって異なるため、一概には言えません。一部の人々は他者の存在によって逆にパフォーマンスが低下する場合もあります。また、課題の種類や他の人々との関係性なども影響を与える要因となります。

https://psychoterm.jp/basic/society/social-facilitation

交流分析

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

交流分析とは、1950年代後半に、精神科医エリック・バーンによって提唱された心理学理論です。

交流分析は、私たちの心を3つの「自我状態」(親、大人、子ども)に分けて理解し、人間関係の改善や自己実現を図る心理療法です。

交流分析の特徴は、以下のとおりです。

心の構造や機能を記号や図式を使って分かりやすく説明する
対人関係上の問題を解決する手法として活用できる
幅広い分野で応用できる
交流分析の7つの要素は、以下のとおりです。

ストローク
時間の構造化
心理ゲーム
自我状態
対話分析
人生態度
人生脚本
交流分析は、心理療法としてだけでなく、教育、ビジネス、医療、介護、子育てなど、幅広い分野で活用されています。

具体的な応用例としては、以下のようなものが挙げられます。

カウンセリング
教育
ビジネス
医療
介護
子育て
交流分析は、私たちの心と人間関係を理解するための有効なツールです。

https://schoo.jp/biz/column/1104

ストレス・コーピング

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ストレス・コーピングとは、ストレスの原因(ストレッサー)に対して、個人が意図的に行う対処行動のことです。

ストレスは、仕事や人間関係、健康など、さまざまな要因によって引き起こされます。ストレスが過度になると、心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、ストレス・コーピングを身につけて、ストレスを適切に処理することが重要です。

ストレス・コーピングには、大きく分けて2つのタイプがあります。

問題焦点型コーピング
問題焦点型コーピングは、ストレスの原因となる問題に直接対処する方法です。たとえば、仕事の納期が迫っている場合、時間を調整して納期を守れるようにする、上司や同僚に協力を依頼する、といった方法があります。

情動焦点型コーピング
情動焦点型コーピングは、ストレスによる感情的な反応をコントロールする方法です。たとえば、ストレスを感じたときに深呼吸や瞑想を行う、友人や家族と話をして気持ちを吐き出す、といった方法があります。

ストレス・コーピングの方法は、人によって異なります。自分に合ったストレス・コーピングの方法を見つけて、実践することが大切です。

ストレス・コーピングの具体例としては、以下のような方法が挙げられます。

問題焦点型コーピング
問題解決スキルを身につける
タイムマネジメントを学ぶ
目標を設定する
リソースを活用する
困難に直面する勇気を持つ
情動焦点型コーピング
深呼吸をする
瞑想をする
運動をする
音楽を聴く
趣味を楽しむ
友人や家族と話をする
セラピーを受ける
ストレス・コーピングを身につけることで、ストレスの原因を特定し、適切に対処できるようになり、心身の健康を維持することができます。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-068.html

プロテウス効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

プロテウス効果とは?

プロテウス効果(Proteus effect)は、仮想空間やオンライン環境において、自身の外見やアバターの特徴が行動やパフォーマンスに影響を与える現象を指します。

この効果は、仮想現実やオンラインゲームなどのデジタル空間で特に観察されます。人々が自身のアバターやキャラクターとして仮想空間内で存在するとき、そのアバターの特徴や外見が自身の行動や態度に影響を与えることがあります。

例えば、研究によれば、美しい外見のアバターを操作すると、現実世界でも自信を持って行動する傾向があるとされています。また、身長の高いアバターを操作すると、自己評価が高まり、積極的な行動を取ることも示されています。

プロテウス効果は、アバターが我々の自己イメージやアイデンティティの一部として機能することに関連しています。仮想空間では、人々は自身の外見や特徴を自由に選択することができ、その結果、自己認識や行動が変化することがあります。

この効果は、仮想空間内での社会的相互作用やコミュニケーションにも影響を与える可能性があります。他の人々との関係やパフォーマンスは、自身のアバターやキャラクターの特徴によっても左右されることがあります。

プロテウス効果は、デジタル空間における心理的・行動的な影響を理解する上で重要な概念であり、仮想現実技術やオンラインコミュニティの設計や利用に関する研究にも活用されています。

https://www.miraimanagement.co.jp/mmedia/personneltraining-keyword/%E3%80%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%A6%E3%82%B9%E5%8A%B9%E6%9E%9C%EF%BC%88%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%94%A8%E8%AA%9E%EF%BC%89%E3%80%91

(心理学における)クライエント

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

心理学におけるクライエントとは、心理療法やカウンセリングを受ける人のことを指します。クライエントは、心理的な問題や困難を抱えており、その解決や改善を目的として、心理療法士やカウンセラーに助けを求める人です。

クライエントは、心理療法やカウンセリングを通して、自分の問題や困難を理解し、解決するための方法を学びます。また、心理療法士やカウンセラーとの関係を通して、自己肯定感や自己効力感を高め、より健全な生活を送れるようになることを期待しています。

クライエントは、年齢や性別、職業など、さまざまな背景を持った人がいます。また、抱えている問題や困難も、人によってさまざまです。しかし、クライエントは、誰もが自分の問題や困難を解決し、より良い人生を送りたいという願いを持っています。

心理療法やカウンセリングは、クライエントが自分の問題や困難を解決し、より良い人生を送るために役立つ重要な手段です。

https://psychologist.x0.com/terms/231.html

感情バイアス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

感情バイアスとは?

感情バイアスとは、個人の感情や情緒がその人の思考や判断に影響を与えることを指します。感情バイアスは、客観的な情報や証拠に基づく理性的な判断から逸脱し、個人の感情や主観的な経験に基づいて行動する傾向を指す言葉です。

感情バイアスは、人間の認知の特性の一つであり、感情や経験は私たちが情報を処理する際に重要な役割を果たします。しかし、感情バイアスが過度に強い場合、正確な判断や客観的な分析が妨げられることがあります。感情バイアスによって、情報の選択的な受容や解釈、そして行動への反映に偏りが生じることがあります。

感情バイアスの例としては、個人が特定の信念や意見に固執し、それに反する情報を無視する傾向が挙げられます。また、個人の好みや嫌悪感に基づいて他人を評価する、情緒的な事柄に感情的に反応する、あるいは情報を過度に個人化するなども感情バイアスの例です。

感情バイアスは、人間の思考や判断に普遍的な影響を与えるものであり、認識されることがあります。しかし、重要な意思決定を行う際には、感情バイアスを認識し、それを適切にコントロールすることが求められます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E6%83%85%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9

オミッション・バイアス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

オミッション・バイアスとは?

オミッション・バイアス(Omission bias)は、倫理的な判断や意思決定において、行動よりも何かを怠ることにバイアスがかかる傾向を指します。つまり、人々は積極的な行動を起こすことよりも何かを選ばないことを好む傾向があるという考え方です。

このバイアスは、道徳的なジレンマや責任のある決定を迫られた場合に特に顕著に現れます。例えば、医療従事者が治療方法を選択する際、何かを実行することによるリスクを避けるために、治療を控えることを選ぶ傾向がある場合があります。同様に、個人が他人を助けるかどうかを決める場合にも、助けることによるリスクを回避するために助けることを選ばないことがあります。

オミッション・バイアスの背後には、人々の心理的な要素や社会的な圧力が関与している可能性があります。例えば、行動することによる負の結果は自己責任となり得る一方、何もしなかったことによる負の結果は責任が薄れると考えられるため、行動することに対する抵抗が生じる場合があります。

オミッション・バイアスは個人の倫理的な判断や意思決定に影響を与える可能性がありますが、それが必ずしも最適な結果をもたらすわけではありません。特に、緊急時や重要な決定においては、適切な行動を選ぶことが重要です。

https://sinriteki.com/entry/18.html

好意の返報性

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

好意の返報性とは?

好意の返報性(Reciprocity of Favor)は、人々が他者から受けた好意や恩恵に対して、同様の好意や恩恵を返す傾向を指します。つまり、他者からの親切や援助に対して、私たちは感謝の気持ちを持ち、相手に対して何らかの形でお返しをする傾向があるということです。

好意の返報性は、社会的な相互作用や人間関係の基礎となる重要な要素です。この原則により、人々はお互いに協力し合い、社会的な結びつきや信頼関係を築くことができます。

この原則は、さまざまな文化や社会で見られる普遍的な行動パターンとされています。例えば、他人から贈り物を受けた場合、我々は礼を言ったり、将来的に贈り物を返したりすることが一般的です。また、他人が私たちに親切に接してくれた場合、私たちはお礼を言ったり、同様に親切に接することで返答します。

好意の返報性は、社会的な関係の維持や円滑なコミュニケーションに役立ちます。相手が私たちに好意を示すことで、私たちは自尊心や幸福感を高めることができます。そして、その感謝の気持ちや返報の行為によって、相手との絆を深め、信頼関係を築くことができるのです。

ただし、好意の返報性は一方的な期待や条件付けに陥ることもあります。一部の人々は、自身が与えた好意に対して同等以上の返答を期待し、それが得られない場合に不満を抱くことがあります。そのため、相手の意図や状況を理解し、無理に返報を求めるのではなく、自然な形でお互いに助け合うことが大切です。

好意の返報性は、社会的な相互作用や人間関係において一般的に見られる心理的な原則です。お互いに善意や思いやりを持ち、他者への好意に感謝し、返答することで、より良い社会的なつながりを築くことができます。

https://product-senses.mazrica.com/senseslab/knowledge/reciprocity_of_liking

ゲシュタルト心理学

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ゲシュタルト心理学とは、ドイツの心理学者であるマックス・ヴェルトハイマー、ヴォルフガング・ケーラー、クルト・コフカらが提唱した心理学の学派です。

ゲシュタルト心理学は、人間の精神を、部分や要素の集合ではなく、全体性や構造に重点を置いて捉えます。この全体性を持ったまとまりのある構造をドイツ語でゲシュタルト(Gestalt :形態)と呼びます。

ゲシュタルト心理学の最も基本的な考え方は、知覚は単に対象となる物事に由来する個別的な感覚刺激によって形成されるのではなく、それら個別的な刺激には還元出来ない全体的な枠組みによって大きく規定される、というものです。ここで、全体的な枠組みにあたるものはゲシュタルト(形態)と呼ばれる。

例えば、私たちは、黒と白の点の集まりを、「犬」や「猫」といった全体的な形として認識します。これは、個々の点ではなく、その全体的な形が、私たちの知覚に与える影響が大きいためです。

ゲシュタルト心理学は、知覚だけでなく、認知、学習、記憶、問題解決など、人間の精神活動全般に適用できると考えられています。

ゲシュタルト心理学の特徴は、以下のとおりです。

全体性や構造を重視する
要素主義や構成主義を批判する
知覚の即時性やまとまりを強調する
知覚の組織化の原則を明らかにする
ゲシュタルト心理学の目的は、人間の精神を、全体性や構造という視点から理解することです。この理解は、人間の知覚や行動をよりよく理解し、改善することにつながると考えられているのです。

ゲシュタルト心理学は、心理学だけでなく、教育学、工学、芸術など、さまざまな分野に影響を与えています。

https://www.recruit-ms.co.jp/glossary/dtl/0000000104/

(心理学者の)ベック

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アーロン・テムキン・ベックは、アメリカの精神科医、心理学者であり、認知療法の創始者として知られています。

1921年にニューヨーク州ニューヨーク市で生まれ、イェール大学で学び、ペンシルベニア大学医学部を卒業しました。その後、ペンシルベニア大学で精神科医として臨床と研究に従事し、1954年にベック研究所を設立しました。

ベックは、うつ病の認知療法の開発に大きく貢献しました。彼は、うつ病患者は、自分の考え方が歪んでおり、それが気分の落ち込みや行動の変化を引き起こしていると主張しました。そして、認知療法によって、患者の歪んだ考え方を修正することで、うつ病を改善することができると考えました。

ベックは、認知療法をうつ病以外の精神疾患にも応用し、その有効性を証明しました。また、認知療法の理論を体系化し、多くの著書を出版しました。

ベックは、2021年11月1日に亡くなりましたが、彼の功績は認知療法の分野に大きな影響を与え、世界中の多くの人々の精神的な健康に貢献しています。

主な業績は、以下のとおりです。

うつ病の認知療法の開発
認知療法の体系化
認知療法の有効性の証明
主な著書は、以下のとおりです。

「抑うつの認知理論」(1976年)
「認知療法」(1979年)
「認知療法の技法」(1985年)
「認知療法の応用」(1996年)
ベックは、認知療法の分野において、最も影響力のある人物の一人と言えるでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF