学生症候群とは、納期のある作業を行う際に、余裕時間があればあるほど、実際に作業を開始する時期を遅らせてしまうという、多くの人間に見られる心理的行動特性のこと

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

学生症候群とは、納期のある作業を行う際に、余裕時間があればあるほど、実際に作業を開始する時期を遅らせてしまうという、多くの人間に見られる心理的行動特性のことです。

学生症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 完璧主義:完璧な仕事をしようとするあまり、作業を先延ばしにしてしまう
  • 不安:作業を開始すると、失敗するのではないかという不安を感じてしまう
  • モチベーションの低下:作業に興味や関心が持てず、先延ばしにしてしまう

学生症候群は、以下のような問題を引き起こす可能性があります。

  • 納期に間に合わなくなる
  • 作業の質が低下する
  • ストレスや不安を感じるようになる

学生症候群を克服するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 作業の優先順位を決め、無理のないスケジュールを立てる
  • 作業を小さな単位に分割して、段階的に進めていく
  • 作業に集中できる環境を整える

学生症候群は、誰にでも起こり得る問題です。一人で抱え込まずに、周囲の人に相談したり、専門家の助けを求めたりして、克服していきましょう。

学生症候群の具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 期限が迫ってから、慌てて作業を始める
  • 作業を開始しても、すぐに集中力が途切れてしまう
  • 作業の途中で、あれこれ考えてしまって、なかなか進まない
  • 作業を完了しても、納得できない

学生症候群は、一時的なもので、時間が経てば自然に治る場合もあります。しかし、症状が長引いたり、日常生活に支障をきたしたりする場合は、専門家の助けを求めるようにしましょう。

参考URL:
『学生症候群』って知ってますか? – 総合キャリア支援室ブログ