権威

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

権威とは?

権威(けんい)は、一般的には指導者や専門家、権力を持つ人物や団体などが持つ、他の人々に対して影響力や指導力を行使する力や地位を指します。

権威は、主に以下の要素から成り立っています:

影響力: 権威の持ち主は、他の人々に対して意思決定や行動に対する影響を及ぼす能力を持っています。彼らの意見や指示は尊重され、信頼されることが多いです。

知識や専門性: 権威の持ち主は、特定の分野や領域において高い知識や専門性を持っていることが一般的です。彼らの知識や経験は他の人々から尊敬され、信頼される要素となります。

地位や権限: 権威はしばしば特定の地位や権限に基づいて確立されます。政府の指導者、組織の上級管理職、学術的な専門家などが典型的な権威の持ち主です。

権威は社会的な組織や集団において重要な役割を果たします。人々は権威の持ち主の指示や意見に従い、彼らからの指導や知識を求めることがあります。ただし、権威が絶対的であるわけではなく、権威の正当性や信頼性には個別の判断が必要です。また、権威に対して盲目的な従順さや無批判な信頼は問題を引き起こすこともあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%A8%81

自己充足的予言

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

自己充足的予言とは?

自己充足的な予言とは、自身の行動や信念に基づいて起こる未来の出来事や結果を予測することです。これは、自己の意図や努力によって実現される可能性が高い予言を指します。

自己充足的な予言は、ポジティブな思考や自信を高めるために利用されることがあります。自分自身に対して「私は成功する」「私には素晴らしい能力がある」と信じることで、その信念に基づいた行動を起こし、結果的に成功を達成するというパターンが生まれます。

ただし、自己充足的な予言は現実の予測や結果とは異なる場合もあります。適切な情報や分析に基づいた客観的な予測とは異なり、主観的な信念や期待に基づいています。そのため、自己充足的な予言を行う際には、客観的な現実を適切に評価し、現実的な目標を立てることが重要です。

自己充足的な予言は、心理的な観点から自己啓発や目標達成に役立つことがありますが、現実の予測や結果を正確に予測するものではありません。

https://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%85%85%E8%B6%B3%E7%9A%84%E4%BA%88%E8%A8%80-73078

(心理学者の)パールズ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

フレデリック・パールズ(1893年7月8日 – 1970年3月14日)は、ドイツ生まれのユダヤ系アメリカ人の精神科医、精神分析医であり、ゲシュタルト療法の創始者です。

パールズは、1893年にドイツのベルリンで生まれました。1912年にベルリン大学医学部に入学し、1920年に医学博士号を取得しました。その後、精神分析の研究を始め、1926年に精神分析家として認定されました。

パールズは、精神分析の枠組みに限界を感じ、ゲシュタルト療法を創始しました。ゲシュタルト療法は、人間の経験を全体として捉え、その瞬間に起こっていることに注意を向けることによって、人間の成長と変化を促す心理療法です。

パールズは、ゲシュタルト療法の理論と実践を、著書や講演を通じて広く紹介しました。パールズの著書としては、「ゲシュタルト療法入門」(1951年)、「ゲシュタルト療法」(1969年)などがあります。

パールズは、ゲシュタルト療法の創始者として、心理学の発展に大きな影響を与えました。パールズの思想は、現代の心理療法の多くの分野に影響を与えており、現在も広く研究されています。

パールズは、以下のような考えを主張しました。

人間の経験は全体として捉えるべきである。
人間は、その瞬間に起こっていることに注意を向けることで、成長と変化を遂げる。
人間は、自由で責任ある存在である。
パールズの考えは、現代の心理学においても、多くの人々に影響を与えています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA

アドバイスシーキング

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アドバイスシーキングとは?

アドバイスシーキング(Advice Seeking)は、他人から助言や意見を求める行動やプロセスを指します。人々は、自分自身の問題や困難な状況に直面した際に、他人の知識や経験を頼りにすることで解決策を見つけようとする傾向があります。

アドバイスシーキングは、さまざまな形態や目的で行われます。以下にいくつかの例を挙げます。

情報収集:特定のトピックやテーマに関する情報を得るために、他人に質問したり助言を求めたりします。例えば、仕事や学問上の問題に関するアドバイスを求めたり、旅行計画や健康上の問題について情報を集めたりする場合です。

意思決定のサポート:重要な決定をする際に、他人の意見や視点を聞いて判断材料とすることがあります。これによって、より多角的な視点を得たり、自分自身の考えを補完したりすることができます。

感情的なサポート:他人からのアドバイスや助言を通じて、感情的な支援を受けることもあります。例えば、ストレスや困難な状況に直面しているときに、他人からの共感や助言を通じて心の安定や癒しを求める場合です。

アドバイスシーキングのメリットは、他人の知識や経験を通じて新たな視点や解決策を得ることができる点です。他人の意見や助言を求めることで、自分自身の視野が広がり、より良い判断や選択ができる可能性が高まります。

ただし、アドバイスシーキングにはいくつかの注意点もあります。例えば、情報源の信頼性やバイアスに注意しなければならないこと、自分自身の意見や価値観を見失わないようにすること、適切なタイミングや相手を選ぶことなどが挙げられます。

アドバイスシーキングは、個人の成長や問題解決のプロセスにおいて有益な手段となる場合があります。他人の意見や助言を受け入れる際には、自己の判断力を持ちながらも、柔軟な思考を持つことが重要です。以下は、アドバイスシーキングを効果的に活用するためのいくつかのアドバイスです。

目的を明確にする:何を達成したいのか、どのような情報や支援を求めているのかを明確にしましょう。具体的な目的を持つことで、他人に対して的確なアドバイスを求めることができます。

適切な相手を選ぶ:アドバイスを求める相手を選ぶ際には、その人の経験や専門知識、信頼性を考慮しましょう。また、信頼できる友人や家族だけでなく、専門家やコーチなどのプロフェッショナルな意見も求めることができます。

複数の意見を集める:複数の人から異なる意見や視点を集めることで、より幅広い視野を得ることができます。ただし、意見の多様性があるからと言って必ずしも全ての意見が正しいわけではありません。自分自身の判断力を駆使して、適切な情報を取捨選択しましょう。

主体的な判断を保つ:他人からのアドバイスを受け入れる際にも、自己の価値観や目標に基づいて主体的な判断を保つことが大切です。他人の意見を参考にしながらも、自分自身が納得し、胸の内に合致する選択をすることが重要です。

感謝とフィードバック:アドバイスを受けた後は、感謝の気持ちを忘れずに示しましょう。また、他人からの意見がどのように役立ったのか、結果や変化をフィードバックすることも良い習慣です。

アドバイスシーキングは、他人の知恵や経験を活用しながら、自己成長や問題解決に役立つ方法です。ただし、最終的な判断や選択は自分自身が行うことを忘れずに、自己の信じる道を歩んでください。

https://sales-closing.net/2020/03/16/advice-seeking/

埋没費用

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

埋没費用とは?

「埋没費用(Sunk Cost)」とは、経済学や経営学の用語で、過去に行われた投資や支出に関連する費用のことを指します。埋没費用は、現在の意思決定や判断には影響を与えず、回収することができない費用のことを指します。

埋没費用は、過去の投資や取引に費やされた金銭、時間、労力などのリソースを指します。これらの費用は既に支払われ、回収できないため、現在の意思決定には考慮されるべきではありません。なぜなら、過去の行動や選択に対して支払った費用は、現在や未来の意思決定の成果には直接的な影響を与えないからです。

例えば、ある会社が新しいプロジェクトに数百万円を投資し、そのプロジェクトが失敗に終わった場合、その投資された金額は埋没費用です。この場合、そのプロジェクトの失敗による損失は回収できないため、今後の意思決定においてその失敗を回避するためにプロジェクトを継続する必要はありません。埋没費用を考慮すると、将来的な収益やコストに焦点を当てた合理的な意思決定が行われます。

埋没費用の概念は、合理的な意思決定や投資評価の考え方において重要な役割を果たします。過去の行動や支出に執着せず、将来の見通しやリターンを考慮して意思決定を行うことが重要です。

https://advisors-freee.jp/article/category/cat-big-09/cat-small-26/14615/

バイオフィリア

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

バイオフィリアとは?

バイオフィリア(biophilia)は、生物学的な本能的な傾向や欲求に基づいて、人間が自然とのつながりを求める傾向や能力を指す概念です。言葉自体は、ギリシャ語の「bios(生命)」と「philia(愛)」から派生しています。

バイオフィリアの概念は、心理学者のエドワード・O・ウィルソンによって提唱されました。彼は、人間が進化の過程で長い間、自然環境に囲まれて生活してきたため、自然への愛着や関心が遺伝的に組み込まれていると主張しました。

バイオフィリアの考え方は、人間が自然に触れることや自然の環境に身を置くことが、心理的・身体的な健康に寄与するという観点からも重要視されています。自然の景色や緑の植物、動物との触れ合い、自然の音や香りによって、私たちはリラックスしたり、ストレスを軽減したりすることができるとされています。

バイオフィリアの考え方は、都市環境や建築設計にも応用されています。都市部の公園や緑地、建物内における植物の配置など、人々が自然とのつながりを感じられる環境づくりが試みられています。

バイオフィリアは、自然との関係を深めることで、私たちの幸福感や創造性、集中力、ストレス軽減などにプラスの影響を与える可能性があるとされています。

https://biophilia.co.jp/

脳地図

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

脳地図とは、脳の様々な解剖面に沿った断面画像を連続的に張り合わせて作った地図です。健康な脳や病気の脳、成熟した脳や発展途上の脳、動物の脳や人間の脳の地図があります。それぞれの脳の輪郭や体積は地図上の座標系にマッピングされます。脳地図は脳機能マッピングの画像データを、切れ目なく包括的に地図の形に再構成したものである。

脳地図は、脳の機能を理解するために重要なツールです。脳地図を用いることで、脳のどの部分がどのような機能を担っているのかを明らかにすることができます。例えば、ブロードマンの脳地図は、大脳皮質の神経細胞の密度や層構造の違いに基づいて、脳を52の領域に区分しています。この区分は、脳の機能と密接に関連していることが知られています。例えば、ブロードマン4野は一次運動野と呼ばれ、体の動きを制御する領域です。また、ブロードマン17野は一次視覚野と呼ばれ、視覚情報を処理する領域です。

脳地図は、脳科学の研究だけでなく、臨床医療においても重要な役割を果たしています。脳損傷や脳疾患の診断や治療に脳地図が活用されています。例えば、脳卒中患者の脳損傷部位を特定するために、脳地図を用いた画像検査が行われます。また、脳腫瘍や認知症などの脳疾患の治療法の開発にも、脳地図が活用されています。

近年、脳地図の作成技術は急速に進歩しています。高解像度の画像検査技術や、脳機能マッピング技術の開発により、より精度の高い脳地図が作成できるようになってきました。また、脳地図の活用範囲も広がりつつあります。例えば、脳地図を用いた人工知能の開発や、脳の創発的な活動の解明などが進められています。

脳地図は、脳科学の進歩に欠かせないツールです。今後も脳地図の研究開発が進むことで、脳の機能や病態の理解が深まり、脳疾患の治療や予防につながることが期待されています。

ブロードマンの脳地図とは?

ブロードマンの脳地図は、ドイツの神経解剖学者、ブロードマンによって作成された脳地図です。ブロードマンは、大脳皮質の神経細胞の密度や層構造の違いに基づいて、脳を52の領域に区分しました。この区分は、脳の機能と密接に関連していることが知られています。

ブロードマンの脳地図は、脳科学の研究において重要な役割を果たしてきました。脳の機能と脳の構造との関連を理解する上で、欠かせないツールとなっています。

脳のどこで考えているのか?

脳の思考の中心は、前頭葉です。前頭葉は、思考、判断、意思決定、計画、実行などの機能を担っています。また、感情や行動のコントロールも行っています。

前頭葉は、大脳の一番前にある部分です。前頭葉の前半部は、思考や判断などの高次の認知機能を担っています。また、前頭葉の後半部は、感情や行動のコントロールを担っています。

脳の思考は、前頭葉の様々な部位が協調して働くことで実現されています。

https://pathologycenter.jp/als/neuroanatomy/neuroanatomy6.html

アクティブレスト

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アクティブレストとは?

「アクティブレスト」という用語は、一般的には運動と休息を組み合わせるアプローチを指します。これは、身体的または知的な活動を行った後に十分な休息を取ることで、回復やリフレッシュを促進し、パフォーマンスや健康を向上させるという考え方です。

アクティブレストは、休息の時間を無駄にせず、有効に活用することを目指します。具体的には、運動やフィジカルアクティビティを行った後に、身体をリラックスさせたりストレッチを行ったりすることで、筋肉の回復や血液循環の促進を図ることがあります。また、知的な活動や集中作業の後には、マインドフルネスや瞑想、リラックス法などの方法を用いて心を落ち着かせることが含まれる場合もあります。

アクティブレストは、身体と心のバランスを取りながら、持続的なパフォーマンスや健康を維持するための戦略として注目されています。運動や活動を通じて身体的なストレスを与えた後に、適切な休息を取ることで回復力を高め、疲労や過労を軽減する効果が期待されます。

アクティブレストの具体的な方法やアプローチは個人によって異なります。適切な活動と休息のバランスを見つけるためには、自身の体や心の状態を観察し、それに応じて調整することが重要です。また、専門家の助言やガイダンスを受けることも有益です。

https://www.adecco.co.jp/useful/work_35

(心理学における)エス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

「エス」という用語は、心理学においてフロイトの精神分析理論から生まれた概念です。Sigmund Freud(ジークムント・フロイト)は、人間の心の中に無意識の領域が存在し、そこには本人が意識していない心の要素が影響を及ぼすという考えを提唱しました。その無意識の領域に存在する心の力を「エス(Es)」と呼びました。

エスは、本能的な欲求や衝動、快楽原理に基づく欲望などを象徴する概念です。エスは無意識の中で働き、個体の欲求や衝動を即座に満たそうとします。快楽を求め、不快な状態を避けることを目指します。エスは直接的で即時的な満足を追求する一方、現実的な考慮や制約を無視することがあります。

一方で、フロイトの理論においてエスは、「エゴ(自我)」と「スーパーエゴ(超自我)」という他の心の要素と対立・調整する関係にあります。エゴは現実の制約と調和しながら、エスの要求を満たそうとします。スーパーエゴは道徳的価値観や規範を内面化し、エゴとエスのバランスを取るよう働きかけます。

要するに、エスは人間の無意識の中に存在する、本能的な欲望や衝動を表す概念であり、フロイトの精神分析理論の中で重要な役割を果たしています。

https://information-station.xyz/10435.html

ハンブルブラッキング

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ハンブルブラッキングとは?

「ハンブルブラッキング」(Humblebragging)とは、社交的な状況で自慢や誇示をする一方で、謙虚さや謙遜を装う行動や言動のことを指します。つまり、自分自身や自分の成果を示すことで自慢したい気持ちを持っているが、それを謙虚に見せかけるために一定の努力をするという行為です。

ハンブルブラッキングの例としては、「あの試験、まったく勉強しなかったのに偶然満点取れちゃって」というような発言があります。この場合、実際には自慢したい気持ちがあるが、それを謙虚に見せかけるために「勉強しなかった」という要素を追加しています。

ハンブルブラッキングは、社交的な場で自己評価や社会的な評価を高めるために利用される戦略の一つです。しかし、多くの場合、他人に対して虚偽や不正直さを感じさせる可能性があり、相手から好意的な反応を得ることが難しくなる場合もあります。

また、ハンブルブラッキングは自己顕示欲や自尊心の表出の一形態であり、本当の謙虚さや謙遜とは異なるものです。謙虚さや謙遜は他人を尊重し、自身を過度に強調しない態度や言動を指します。

ハンブルブラッキングは社会的なコミュニケーションにおいて批判を浴びることもあるため、相手の反応や文脈を考慮しながら使用する必要があります。真の謙虚さや自己評価のバランスを保つことが重要です。

https://sawaofficialblog.conohawing.com/%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%87%AA%E6%85%A2%E3%80%8C%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%8D/

7秒の法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

7秒の法則とは?

「7秒の法則」とは、コミュニケーションにおいて相手の印象を決定づける重要な瞬間が最初の7秒にあるという考え方です。最初の7秒間に相手に与える第一印象は、その後の関係や意見形成に大きな影響を与えるとされています。

この法則は、人々が他者に対して判断を下す際に、最初の数秒間の印象を重視する傾向があることを指しています。例えば、初対面の人との出会いやプレゼンテーションの開始など、最初の短い時間内で相手に与える印象が重要になります。

最初の7秒の間には、相手に対して以下のような要素が影響を与える可能性があります:

外見: 見た目や服装、身だしなみなどが、相手に与える印象に影響を与えます。第一印象は視覚的な要素によって形成されることが多いため、外見の印象は重要です。
声のトーンや話し方: どのように話すか、声のトーンやリズムなども、相手に与える印象に影響を与えます。自信や誠実さ、興味や関心を示すことが重要です。
ボディランゲージ: 姿勢、手の動き、表情などの身体の動きも、相手に与える印象に影響を与えます。自信やオープンな態度を示すことが重要です。
この法則は、ビジネスや社交の場での第一印象に特に関連しています。相手の関心を引きつけることや、信頼を構築することは、良好な人間関係や成功するビジネスの基盤となります。そのため、最初の7秒を意識して、相手に与える印象を良くする努力をすることが重要です。

https://saleszine.jp/article/detail/2900

ボウルビィ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ボウルビィは、イギリスの精神科医、精神分析家、児童精神医学者です。1907年2月26日にロンドンで生まれ、1990年9月2日にスカイ島で亡くなりました。

ボウルビィは、精神分析学に動物行動学(エソロジー)的視点を取り入れ、愛着理論をはじめとする早期母子関係理論を提唱しました。

ボウルビィの愛着理論は、乳幼児が母親や養育者に対して形成する愛着関係が、その後の人間関係や精神的健康に大きな影響を与えるというものです。ボウルビィは、乳幼児は生来的に愛着行動をもっており、この行動は、母親や養育者との愛着関係を形成するためのものです。愛着関係が十分に形成されていない場合、乳幼児は不安や孤独感を感じ、分離不安や攻撃性などの行動問題を示すことがあります。

ボウルビィの愛着理論は、心理学や精神医学の分野で大きな影響を与え、現在でも多くの研究が行われています。また、ボウルビィの愛着理論は、子育てや養育の実践にも応用されており、乳幼児の愛着関係を育むためのヒントを与えています。

ボウルビィの主要な著書には、以下のようなものがあります。

『愛着理論の形成』(1969年)
『愛着と喪失』(1969年)
『愛着と精神健康』(1973年)
『子どもの愛着と情緒生活』(1988年)
ボウルビィの愛着理論は、乳幼児の愛着関係の重要性を広く認識させるとともに、子育てや養育の実践に大きな影響を与えた、非常に重要な理論です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%A3

シアーズ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

シアーズは、アメリカ合衆国イリノイ州に本社がある百貨店です。かつてシアーズ・ローバックによって展開され、カタログによる通信販売で知られました。また衣料など日用生活品以外に工具、カー用品などDIY用品のプライベートブランドを持つ。

シアーズは1893年に、リチャード・ウォーレン・シアーズ、アルヴァー・カーティス・ローバック、ジュリアス・ローゼンウォルドによって創業されました。当時、アメリカではカタログによる通信販売が普及しつつあり、シアーズはカタログによる家具の販売を開始しました。カタログは郵送で無料で配布され、全国の顧客から注文が殺到しました。

シアーズはカタログによる通信販売で急成長し、1920年代には全米最大の百貨店になりました。シアーズは、カタログだけでなく、実店舗も全国に展開しました。実店舗は、郊外のショッピングモールに多く出店し、自動車でアクセスしやすい立地にこだわりました。

シアーズは、1980年代初頭まで全米最大の小売業者でした。しかし、1990年代以降は、オンラインショッピングの普及や、郊外ショッピングモールの衰退などにより業績が低迷しました。2018年には、百貨店事業を閉鎖し、ホームセンター事業に注力しています。

シアーズの特徴は、以下のとおりです。

カタログによる通信販売で急成長した
実店舗は、郊外のショッピングモールに多く出店
衣料、家具、家電、DIY用品など、幅広い商品を販売
プライベートブランドを多数展開
シアーズは、アメリカの百貨店業界をリードしてきた企業です。しかし、オンラインショッピングの普及や、郊外ショッピングモールの衰退などにより、業績が低迷しました。今後は、ホームセンター事業に注力し、再建を目指しています。

https://www.sears.jp/

宿命的自殺

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

宿命的自殺とは、社会の規制が非常に強く、個人の欲求が過度に抑圧されている状態で起こる自殺です。

19世紀のフランスの社会学者、エミール・デュルケームは、自殺を社会学的観点から分析し、4つの自殺類型を提唱しました。そのうちの1つが宿命的自殺です。

デュルケームによると、宿命的自殺は、社会の規制が非常に強く、個人の欲求や行動が過度に抑圧されている状態において起こります。そのような社会では、個人は自分の意思や行動を自由に選択することができません。そのため、自由や選択の機会を奪われたと感じ、自殺を選択するのです。

宿命的自殺の例としては、以下のようなものが挙げられます。

戦争や革命の際に、社会の規範により、自殺が義務付けられる場合
戦争捕虜や奴隷など、自由を奪われた人々が自殺する場合
封建社会や家父長制社会において、女性や若者の自由が抑圧され、自殺に追い込まれる場合
宿命的自殺は、現代社会においても、いじめや差別、貧困などの問題によって、依然として起こり得ると考えられています。

宿命的自殺のリスクを減らすためには、社会の規制を過度に強めすぎないことが重要です。また、個人の自由や選択の機会を尊重し、自殺に追い込むような状況をなくすことも必要です。

https://mentalhealthbiz.net/suicide-durkheim/

ウェーバーの法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ウェーバーの法則とは?

ウェーバーの法則(Weber’s Law)は、心理物理学の法則の一つであり、感覚刺激の差異を定量化するための法則です。この法則は、ドイツの心理学者エルンスト・ヴェーバー(Ernst Weber)によって提案されました。

ウェーバーの法則は、刺激の差異を知覚するために必要な最小限の差異(差別閾値)が、刺激の強度に比例することを指摘しています。具体的には、同じ感覚領域において、刺激の差異を知覚するためには、元の刺激の強度に比例した相対的な差異が必要とされます。

たとえば、音の強度に関するウェーバーの法則を考えてみましょう。ウェーバーの法則によれば、音の強度が低い場合には、少ない差異でも知覚的に識別できますが、音の強度が高くなるにつれて、差異が大きくなる必要があります。つまり、音の強度が小さい場合、音の強度の1%の差異でも識別できる可能性がありますが、音の強度が大きくなると、差異がより大きくなる必要があるということです。

ウェーバーの法則は、視覚、聴覚、触覚など、さまざまな感覚領域において適用されます。この法則は感覚の限界や知覚の限定条件を理解するために重要であり、心理物理学や知覚心理学の研究で広く利用されています。

https://club.informatix.co.jp/?p=7106

同化効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

同化効果とは?

同化効果(Assimilation Effect)は、認知心理学において用いられる概念で、情報の受容や判断において既存の認知スキーマやカテゴリーに合わせる傾向があることを指します。具体的には、新しい情報が既存の認知スキーマに合致する場合、その情報を受容しやすくなるという効果です。

同化効果は、個人の認知的なフィルターやスキーマの働きによって生じます。認知スキーマは、人々が持つ知識や経験に基づいて形成された認知的な枠組みであり、情報の処理や解釈に影響を与えます。新しい情報が既存のスキーマに合致する場合、その情報は受容されやすくなり、既存のスキーマに組み込まれることがあります。

同化効果は、情報の評価や判断においても現れます。既存のスキーマや先入観に基づいて情報を評価するため、スキーマに合致する情報はより好意的に評価され、相対的に新しい情報や異なる情報は無視されたり、歪められたりする傾向があります。

この効果は、情報の受容や認知の効率化を促す一方で、情報のバイアスや誤解を引き起こす可能性もあるため、注意が必要です。同化効果によって情報が既存のスキーマに組み込まれすぎると、新しい情報や異なる視点が無視され、誤った理解や判断が生じることがあります。

研究や教育の場では、同化効果を意識して情報の選択や伝達方法を工夫することで、より効果的な学習や理解を促すことができる場合もあります。

http://kwww3.koshigaya.bunkyo.ac.jp/wiki/index.php/%E5%90%8C%E5%8C%96%E5%8A%B9%E6%9E%9C

フィニアス・ゲージ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

フィニアス・ゲージは、1848年に鉄道工事中に頭部に鉄の棒を突き刺されたことで知られる男性です。彼は奇跡的に生存しましたが、事故によって性格や行動が根本的に変化してしまいました。

ゲージは、当時25歳の鉄道建築技術者の現場監督でした。1848年9月13日、バーモント州の鉄道建設現場で、彼は火薬を岩に詰めて爆破する作業を行っていました。しかし、火薬が爆発しなかったため、ゲージは鉄の棒で火薬を突き固めました。そのとき、爆発が起き、鉄の棒がゲージの頭を貫通しました。

鉄の棒はゲージの頭を額から後頭部に抜け、口から出ました。ゲージは顔面を大きく損傷しましたが、すぐに意識を取り戻し、歩いて病院に運ばれました。

ゲージは、奇跡的に命を取り留めましたが、事故によって性格や行動が根本的に変化してしまいました。以前は温厚で礼儀正しい人物だったゲージは、事故後、短気で無礼になり、人の話を聞かなくなったといいます。また、計画性や判断力が低下し、自制心も失われてしまったそうです。

ゲージは、事故から12年後の1860年、36歳で亡くなりました。彼の死後、彼の脳は研究用に寄贈され、現在もハーバード大学のウェルズ記念館に保存されています。

ゲージの事故は、脳と行動の関係を研究する上で非常に重要な意味を持っています。彼のケースは、脳の損傷が性格や行動にどのような影響を与えるのかを示す、貴重なデータとなりました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B8