カール・ロジャーズ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

カール・ロジャーズ(Carl Ransom Rogers、1902年1月8日 - 1987年2月4日)は、アメリカ合衆国の臨床心理学者。来談者中心療法(Client-Centered Therapy)を創始した。

イリノイ州オークパーク生まれ。厳格なプロテスタントの家庭に育ち、ウィスコンシン大学で農学を学んだ後、牧師を目指してユニオン神学校大学院に進む。しかし、次第に宗教的な思想から考えを広げ、心理学へ造詣を深める。

1928年にウィスコンシン大学で心理学の博士号を取得し、同大学の臨床心理学部で教鞭をとる。1940年にニューヨーク州ロチェスター市の児童心理療養所「ロチェスター・カウンセリング・センター」の所長に就任し、来談者中心療法の開発に着手する。

1951年に「来談者中心療法」を発表し、心理療法の分野に大きな影響を与えた。1963年にアメリカ心理学会(APA)の会長に就任し、心理学の発展に貢献した。

ロジャーズの来談者中心療法は、クライエントの主体性を重視し、クライエント自身が自らの問題に気づき、解決していくことを促す療法である。ロジャーズは、クライエントが「無条件の肯定的関心(unconditional positive regard)」や「共感的理解(empathic understanding)」を受けることで、自己を肯定し、成長していくことができると主張した。

ロジャーズの思想は、心理療法のみならず、教育、福祉、経営、宗教など、さまざまな分野に影響を与えている。

ロジャーズの主な著書には、以下のようなものがある。

  • 『来談者中心療法』(1951年)
  • 『人間の成長』(1961年)
  • 『自由と成長』(1969年)
  • 『人格と社会』(1970年)

ロジャーズは、20世紀を代表する心理学者の一人であり、その思想は現代においてもなお、多くの人々に影響を与え続けている。

参考URL:
カール・ロジャーズ - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5