セルフマニピュレーション

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

セルフマニピュレーションとは?

セルフマニピュレーション(Self-manipulation)は、自己を操作し、自己の感情や行動を制御することを指します。この概念は、心理学や心理療法の領域でよく使われます。

セルフマニピュレーションには以下のような要素が含まれます:

自己認識: 自分自身の感情や思考、行動を客観的に認識することです。自己認識を高めることで、自分自身の内面的な状態や反応をより正確に理解し、適切に対処することができます。

自己規制: 自己規制は、自分自身の欲求や衝動を制御し、適切な行動を選択する能力です。自己規制を行うことで、短期的な欲求に流されず、長期的な目標や価値観に基づいた行動を取ることができます。

自己励起: 自己励起は、自己の意欲やエネルギーを高めることです。自己励起の方法には、目標設定、ポジティブな思考や自己啓発、モチベーションの維持などがあります。自己励起を行うことで、自己の意欲を高め、行動を促進させることができます。

自己指導: 自己指導は、自分自身に対して指示やガイダンスを与えることです。自己指導を行うことで、自分自身を効果的に導き、望む方向に向かって行動することができます。これには、自己目標の設定、計画の立案、自己評価やフィードバックの活用などが含まれます。
セルフマニピュレーションは、自己の感情や行動をコントロールし、自己成長やパフォーマンスの向上を促進するための重要なスキルです。これにより、自己の認識や意識を高め、より有益な行動や選択を行うことができます。

セルフマニピュレーションは、自己啓発や心理療法のプロセスの一部としても活用されます。心理療法においては、クライエントが自己の思考や感情を見つめ直し、健康的な変容や成長を促すためにセルフマニピュレーションの技法が用いられることがあります。

重要なのは、セルフマニピュレーションは自己の健全な発展や幸福に向けたプロセスであり、自己を否定したり無理なプレッシャーをかけるものではないということです。個々の人にとって適切なセルフマニピュレーションの方法は異なるため、自己理解とバランスを大切にしながら取り組むことが重要です。

https://nabekoro.com/201802/5858.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5