単純接触の原理とは、ある刺激に繰り返し接すると、その刺激に対する好意度や印象が高まるという効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

単純接触の原理とは、ある刺激に繰り返し接すると、その刺激に対する好意度や印象が高まるという効果です。

1968年に、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文で提唱しました。

単純接触の原理は、以下の要因によって生じると考えられています。

  • 知覚的流暢性の誤帰属:繰り返し接する刺激は、知覚情報処理がスムーズに行われる。このスムーズさは、好感度や印象の高さに誤って帰属される。
  • 認知の歪み:人は、自分に馴染みのあるものや、自分に関係のあるものに対して好感を抱きやすい。
  • 記憶の歪み:人は、自分がよく知っている対象を、より好意的に記憶する傾向がある。

単純接触の原理は、日常生活のさまざまな場面で見られ、以下のような例が挙げられます。

  • よく会う人や、よく見る人に対して、好感を抱きやすい
  • よく使うものや、よく目にするものに対して、好感を抱きやすい
  • よく聴く音楽や、よく見る映画に対して、好感を抱きやすい

単純接触の原理は、マーケティングや広告においても、効果的に活用されています。

例えば、商品やサービスのロゴやキャッチコピーを繰り返し露出させることで、商品やサービスの認知度を高め、好感度を向上させることができます。

また、有名人やインフルエンサーを起用して、商品やサービスを宣伝することで、単純接触の原理を働かせ、商品やサービスの好感度を向上させることができます。

単純接触の原理は、人間の心理に根ざした強力な効果を持つため、マーケティングや広告においては、有効に活用できる心理効果と言えるでしょう。

参考URL:
繰り返し接しているうちにどんどん好きになるのはなぜ? | 日本心理学会

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5