クライマックス法とは、スピーチや記事などにおいて、伝えたい要点、つまり結論を最後に持ってくる伝え方

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

クライマックス法とは、スピーチや記事などにおいて、伝えたい要点、つまり結論を最後に持ってくる伝え方です。

クライマックス法の効果は、主に以下の3つが挙げられます。

聞き手の興味を引く

クライマックス法では、結論を最後に持ってくることで、聞き手の興味を最後まで引きつけることができます。最初に結論を述べてしまうと、聞き手が興味を失って、途中で話を聞かなくなってしまう可能性があります。

説得力を高める

クライマックス法では、結論を最後に持ってくることで、聞き手に結論を印象づけることができます。最初に結論を述べてしまうと、聞き手が結論に納得するかどうかを判断してしまい、説得力が弱まってしまう可能性があります。

余韻を残す

クライマックス法では、結論を最後に持ってくることで、聞き手に余韻を残すことができます。最初に結論を述べてしまうと、話が終わってしまうという感覚を与えてしまい、聞き手に余韻が残りません。

クライマックス法は、スピーチや記事だけでなく、ビジネスにおける商談やプレゼンテーション、普段の会話においても活用することができます。

ただし、クライマックス法は必ずしも万能ではありません。例えば、聞き手がすでに結論を知っている場合や、結論を先に述べたほうが理解しやすい場合などには、クライマックス法は適していません。

また、クライマックス法を使う際には、結論を最後に持ってくることで、聞き手が結論を予想しないように、最初に結論を予想できないような話を展開することが重要です。

参考URL:
クライマックス法とは|スピーチなどで伝えたい要点や結論を最後に持ってくる話法

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5