最後通牒ゲーム

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

最後通牒ゲームとは?

最後通牒ゲーム(Ultimatum Game)は、ゲーム理論の一種であり、経済学や社会心理学などの分野で研究されています。このゲームは、相互作用する二人のプレイヤーによって行われます。

最後通牒ゲームでは、以下の手順で進行します:

資源の分配:一定の資源(通常はお金)をプレイヤー1とプレイヤー2の間で分配する必要があります。資源の量や単位は事前に設定されます。

提案と受諾:プレイヤー1は資源の分配案を考え、プレイヤー2に提案します。提案は、例えばプレイヤー1が資源の一部または全体を保持し、残りをプレイヤー2に与えるという形式で行われます。

受諾または拒否:プレイヤー2はプレイヤー1の提案を受け入れるか拒否するかを選択します。もしプレイヤー2が受諾する場合、資源は提案どおりに分配されます。しかし、プレイヤー2が提案を拒否する場合、資源はどちらのプレイヤーにも与えられず、ゲームは終了します。

最後通牒ゲームは、受諾者(プレイヤー2)が提案を受け入れるかどうかを選択するという点が興味深いです。通常、経済学的な予測では、合理的なプレイヤーは自分の利益を最大化するために提案を受け入れると予測されます。しかし、実際の実験では、受諾者が不公平な提案に対して拒否することが多いという結果が得られています。

これは、人々が公平性や道義性に重きを置き、相手への配慮や報復を考慮して行動する傾向があることを示しています。また、文化的な要因やゲームの文脈によっても結果が変化する場合があります。

最後通牒ゲームは、社会的な協力や公平性の研究において重要な役割を果たしており、経済学や社会心理学の研究者によって広く使用されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E5%BE%8C%E9%80%9A%E7%89%92%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5