ラバーダッキング

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ラバーダッキングとは?

ラバーダッキング(Rubber Ducking)は、プログラミングや問題解決のコンテキストで使われる用語です。これは、自分の問題やエラーを他の人に説明することで、解決策を見つけるための手法です。

ラバーダッキングの名前は、実際のゴム製のアヒルのおもちゃ(ラバーダック)を使って問題を説明する方法に由来しています。プログラマーや技術者は、問題に直面した際に、一人で黙々と作業する代わりに、ラバーダックに向かって問題を詳細に説明することがあります。問題を説明する過程で、自分の考えやコードの欠陥に気付くことがあります。このように、ラバーダッキングは自己問いかけや自己解決の手段として機能します。

ラバーダッキングのアイデアは、相手がラバーダックである必要はなく、実際の人間に問題を説明することでも同じ効果が得られることにあります。他の人に問題を説明することで、問題の本質や解決策についてより深く考えることができます。また、相手には知識がなくても良いため、自分の考えをシンプルに整理し、見落としていた部分を発見することができます。

ラバーダッキングは、個人の問題解決スキルやプログラミングの効率を向上させる手法として有用です。問題に直面した際には、自分自身や他の人に問題を説明することで、より洞察を得ることができるかもしれません。

https://chikusa-zaitaku.jp/news/p163339/