オルポート

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

オルポートとは、アメリカの心理学者で、人格心理学の発展に大きく貢献した人物です。1897年にインディアナ州で生まれ、ハーバード大学で心理学を学びました。卒業後はヨーロッパに留学し、ドイツの心理学者であるヴント、クレッチマー、ユングなどの研究に触れ、人格の統一性や独自性、能動性などを重視した人格理論を構築しました。

オルポートは、人格を「個人を構成する多様な側面の統合された全体」と定義しました。また、人格は「個人の固有の行動様式」であり、その人らしさの源泉であると主張しました。さらに、オルポートは、人格は生まれつきのものではなく、環境との相互作用によって形成されるものであるとしました。

オルポートの人格理論は、従来の心理学が重視していた意識よりも無意識を重視し、また、個人よりも集団を重視する傾向があったことに対抗し、個人の独自性と能動性を強調した点で画期的なものでした。オルポートの理論は、その後の人格心理学の発展に大きな影響を与えました。

オルポートの主な著書には、以下のようなものがあります。

『人格の形成』(1950年)
『個人とその宗教』(1950年)
『人格の心理学』(1937年)
オルポートは、1967年に亡くなりましたが、その人格理論は現在でも人格心理学の基礎として学ばれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88