オペラント条件づけ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

オペラント条件づけとは、報酬や罰によって行動の頻度を変化させる学習のことです。

オペラント条件づけでは、ある行動が報酬によって強化されると、その行動の頻度が増加します。一方、ある行動が罰によって抑制されると、その行動の頻度が減少します。

オペラント条件づけは、行動主義心理学の基本的な理論であり、動物や人間の学習や行動の理解に広く用いられています。

オペラント条件づけの特徴

オペラント条件づけの特徴は、次のとおりです。

行動が自発的に行われる
報酬や罰が行動の頻度に影響を与える
報酬や罰の与え方によって、行動の変化の仕方が異なる
オペラント条件づけの具体例

オペラント条件づけの具体例としては、次のようなものが挙げられます。

犬が飼い主に吠えて、飼い主が犬に餌を与える。犬は吠える行動を強化され、その頻度が増加する。
子供が勉強して、親から褒められる。子供は勉強する行動を強化され、その頻度が増加する。
生徒が授業中に騒いで、先生から注意される。生徒は騒ぐ行動を抑制され、その頻度が減少する。
オペラント条件づけの応用

オペラント条件づけは、教育、トレーニング、マーケティング、心理療法など、さまざまな分野で応用されています。

例えば、教育では、生徒の学習意欲を高めるために、成績や出席率などの良い結果を報酬として設定します。トレーニングでは、動物や機械に特定の行動を覚えさせるために、報酬や罰を組み合わせて使用します。マーケティングでは、消費者の購買行動を促進するために、割引やポイントなどの報酬を提供します。心理療法では、患者の行動を改善するために、報酬や罰を組み合わせて使用します。

オペラント条件づけは、人間や動物の行動を理解し、変容させるための強力なツールです。

https://psychologist.x0.com/terms/112.html