青木まりこ現象とは、書店に足を運んだ際に突如こみあげる便意

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

青木まりこ現象とは、書店に足を運んだ際に突如こみあげる便意である。

この現象は、1985年に青木まり子という女性が雑誌に投書したことがきっかけで広く知られるようになった。青木さんは、書店に入るとなぜか便意をもよおすため、困っていると訴えていた。

この現象の原因については、いくつかの説がある。

  • 本のインクのにおいが原因であるという説。本のインクには、便意を促す働きがある化学物質が含まれているという。
  • 書店の閉塞感や混雑感が原因であるという説。書店は、狭い空間に多くの人が集まる場所であるため、ストレスや緊張から便意をもよおすという。
  • 書店の雰囲気やイメージが原因であるという説。書店は、知的好奇心や探究心をかき立てる場所であるため、排泄という行為によって、それらの欲求を解消しようとするのではないかという。

しかし、いずれの説も科学的に証明されているわけではなく、正確な原因は不明である。

青木まりこ現象は、日本だけでなく、海外でも報告されている。また、書店だけでなく、図書館や博物館など、多くの人が集まる場所で起こることもある。

この現象は、人によって程度の差はあるが、多くの人が経験することがある。もし、あなたが書店で便意をもよおしてしまったら、決して恥ずかしがらずに、トイレを利用するようにしよう。

参考URL:
青木まりこ現象 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5