敵意帰属バイアスとは、他人の行動を敵意的な意図を持って行われたものと誤って解釈する傾向

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

敵意帰属バイアスとは、他人の行動を敵意的な意図を持って行われたものと誤って解釈する傾向を指します。

具体的には、他人の行動をネガティブな意図を持って行われたものと受け止め、その結果、他人に対して不信感や敵意を抱くことが特徴になります。

例えば、他の人が自分に不機嫌な顔をしただけで、その人が自分を嫌っていると思い込むことがあります。他人の行動を自分に対する攻撃や侮辱の意図を読み取りやすいです。

敵意帰属バイアスは、以下の要因によって生じると考えられています。

  • 自己保存本能:人は、自分を守るために、他人の行動を敵意的な意図として解釈する傾向があります。
  • 認知バイアス:人は、自分の考えや価値観に沿った情報を認識し、それ以外の情報は認識しづらい傾向があります。そのため、他人の行動を自分にとって都合の悪い方向に解釈してしまうのです。
  • 過去の経験:過去に他人に敵意的な扱いを受けた経験があると、他人の行動を敵意的な意図として解釈しやすくなります。

敵意帰属バイアスは、さまざまな場面で影響を及ぼします。例えば、

  • 人間関係においては、誤解やトラブルの原因となる
  • 仕事においては、チームワークやコミュニケーションの妨げとなる
  • 社会においては、差別や偏見の原因となる

敵意帰属バイアスを軽減するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 他人の行動の背景や意図を理解しようとする
  • 自分の偏見や思い込みを認識する
  • 多様な価値観や考え方を持つ人々と交流する

敵意帰属バイアスに気づき、意識的にコントロールすることで、より健全な人間関係や社会を築くことができます。

敵意帰属バイアスの具体例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 他人が自分に不機嫌な顔をしたときに、自分を嫌っていると思い込む
  • 他人が自分を無視したときに、自分を軽蔑していると思い込む
  • 他人が自分に対して批判的な意見を述べたときに、自分を攻撃しようとしていると思い込む

敵意帰属バイアスは、誰もが持っているものです。しかし、敵意帰属バイアスに気づき、意識的にコントロールすることで、その影響を軽減することができます。

参考URL:
今宿病院