ジェンダーバイアスとは、男女に固定的な役割や性質を当てはめ、差別や偏見を生み出す心理傾向

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ジェンダーバイアスとは、男女に固定的な役割や性質を当てはめ、差別や偏見を生み出す心理傾向を指します。

ジェンダーバイアスは、さまざまな場面で影響を及ぼします。例えば、

  • 教育においては、男の子は理数系に向いている、女の子は文系に向いているといった固定観念が、進路選択や学習意欲に影響を与える
  • 職場においては、男性はリーダーシップがあり、女性は協調性があるといった固定観念が、昇進や給与に差を生む
  • 社会においては、女性は家事や育児を担うべきであるといった固定観念が、女性の社会進出や活躍を阻む

ジェンダーバイアスは、誰もが持っているものです。しかし、ジェンダーバイアスに気づき、意識的にコントロールすることで、その影響を軽減することができます。

ジェンダーバイアスに気づくためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 男女の役割や性質に関する固定観念を認識する
  • 多様な価値観や考え方を持つ人々と交流する
  • 自分の行動や言動を振り返る

ジェンダーバイアスを意識的にコントロールするためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 自分の固定観念を認めたうえで、客観的に判断する
  • 男女平等の意識を高める
  • 多様な価値観や考え方を持つ人々と協働する

ジェンダーバイアスに気づき、意識的にコントロールすることは、より公平で平等な社会を実現するために重要です。

ジェンダーバイアスの具体例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 色や形によるイメージ:男の子は青や星、女の子はピンクやハートといったイメージ
  • 言葉による固定観念:○○男子、○○女子といった表現
  • 性差がある=能力差があるとする決めつけ:男性は強く、女性は優しいといった意識や考え方
  • 学校や職場でのジェンダーバイアス:男性はリーダーシップがあり、女性は協調性があるといった固定観念が、昇進や給与に差を生む
  • 複数の性的アイデンティティーへの偏見や差別:LGBTQ+への偏見や差別

ジェンダーバイアスは、社会に根深く残る問題です。ジェンダーバイアスをなくすためには、個人の意識改革だけでなく、社会全体の取り組みも必要です。
参考URL:
ジェンダーバイアスとは|第二東京弁護士会